トップ «前の日記(2008-02-03) 最新 次の日記(2008-02-05)» 編集
ブログランキング・にほんブログ村へ
RSS

燃えろ!!Amazon

Amazon.co.jp に、おすすめされた商品を記録しておくページ。
アニメ鑑賞日記、気になることなども萌えと燃えを中心に記録…かも。

個人的なDVDのおすすめ
『TVアニメ「ジュエルペット てぃんくる☆」ファンディスクBD [Blu-ray]』

個人的なミュージックのおすすめ
『夢路らびりんす [初回限定盤CD+DVD] TVアニメ「うらら迷路帖」OPテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition』

個人的なソフトウェアのおすすめ
『ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)』

個人的なゲームのおすすめ
『PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)』

個人的な本のおすすめ
『モンスター娘のいる日常 第12巻 OAD付き特装版 (リュウコミックスプレミアム)』

個人的なおもちゃ&ホビーのおすすめ
『アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 ローズフルール 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア』

個人的なエレクトロニクスのおすすめ
『WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]』

気になる言葉
Google
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|



2008-02-04 寒いのう

[アニメ]Mnemosyune -ムネモシュネの娘たち- #01



普段は猫探しなどを行う、麻生祇コンサルティングなる探偵事務所。
所長である麻生祇燐@能登麻美子と、助手のミミ@釘宮理恵。ふたりはナチュラルな百合百合ですかね?
放送開始4分で燐は殺され、その後も合計3回殺されちゃいましたよ。
どうやら燐もミミも死ぬ事が出来ないようなのだが。。。
エロエロなのは大歓迎だけど、グロもたっぷりなのは勘弁して欲しいなぁ。
それにしても、コレがAT-X開局10周年記念作品でホントに良いんですか?(笑)

©XEBEC・GENCO/ユグドラシル管理委員会

[アニメ]みなみけ~おかわり~ #05


空腹の夏奈は忘れ去られた食料を探すべく、戸棚の引き出しを漁る。
すると何やら小箱を発見。ところがそれは固く閉められていてビクともしない。
そこで千秋に協力要請するのだが、当然のようにバカ野郎の相手はしてくれない。
だが、中身は千秋の入浴写真ではないかと脅し、協力を取り付ける。
こうして一般家庭では存在が珍しい、バールのようなモノを取り出して悪戦苦闘。
その結果、ついに小箱を開ける事に成功した。
中から出てきたのは、春香のモノと思われるガラスで出来たウサギのネックレス。
だが、取りだした拍子に夏奈が踏んで、耳を折ってしまった。
怒られるよりも、春香が悲しむのではないかと夏奈は千秋に連帯責任を強調。
とりあえず接着剤での修理を試みるが、作業を夏奈に任せたのが大間違いだ。
修理されるどころか、次々とダメージを受けてボロボロになりましたとさ。


こうなると同じモノを探す他無い。夏奈は皆さんに電話でガラスのウサギ探しを依頼。
藤岡とケイコには、とりあえず「可愛いウサギ」と指示。
だが、その後の内田には「ニンジン好きのアイツ」。
マコちゃんには「ニンジンのアレ」、冬馬に至っては走れと意味不明な指示を続ける。
その間も千秋は修理を試みるが、ダメージが大きすぎて手の施しようがない。
その頃、春香はマキの付き合いで、親戚の娘の誕生日プレゼント選びの最中。
すると雑貨屋の前で、なぜかウサギを探しているらしい藤岡と遭遇する。
ここで春香はガラスのウサギの存在を思い出し、それをプレゼントにしてはどうかと考える。



今回もストーカー紛いで春香の側に身を潜めていた保坂。
春香はウサギがお気に入りと思い込み、長期のハンティングを覚悟。
またしても脱ぎ始めた保坂は、ハンティングの前に警察のお世話になったようだ。
待てども待てども良い連絡が来ない。夏奈は改めて皆さんに電話を掛ける。
すると電波の状態が悪かった藤岡はウサギを鰻と誤解して探し始める。
ケイコは可愛いウサギを発見したようだが、それは着ぐるみだったり。
内田はゲーセンのキャッチャーでのゲットに挑戦中。
マコちゃんは、なぜか当たり付きアイスに連続当選する異常事態に。
そして冬馬は、ただひたすらに走り続けていた。。。
そんな中、ついに春香が帰宅。しかもガラスのウサギを取りに戻ったという最悪な状況だ。


皆さんがガラスのウサギを持ってくると信じ、時間稼ぎを始めた夏奈と千秋。
すると内田が来訪。夏奈に勢い良くドアを開けられて顔を強打しちゃう。
それでも内田は笑顔のまま、2000円を注ぎ込んだらしい景品を進呈する。
期待して包みを開けた夏奈だが、中から出てきたのは馬のぬいぐるみ。
笑顔の内田の頭の上にぬいぐるみを置き、ドアは閉められた。酷いや。
それにしても相変わらず内田は可愛すぎ。この笑顔にはホント、癒されますよ。


その後も時間稼ぎを続けるが、皆さんはアテになりそうもない。
そこで最終手段として夏奈が自ら、街にガラスのウサギ探しに出る事にした。
だが、いくら探しても全く見付からない。寒空の下、夏奈は途方に暮れますよ。
留守役の千秋は修行と称して戸棚の前に居座り、春香を妨害し続ける。
だが、ここでケイコからの電話アリ。ウサギというワードを耳にした春香は詳細を尋ねる。
こうして全てはバレバレ。春香の怒りによって、みなみけはモノクロの世界に変貌する。。。


収穫無しで帰宅した夏奈が目の当たりにしたのは、玄関に正座をさせられた千秋の姿。
そしてその奥では、春香が黒く冷たく怒りを顕わにしていた。
そんな状況に脅える夏奈の前に皆さんが駆け付け、それぞれの収穫を持ち寄る。
内田は更に大きな馬のぬいぐるみ、ケイコは着ぐるみを着込んでの登場。
マコちゃんはアイスの当たり棒を持参。これとニンジンが何の関係があるのかサッパリ解らんや。
そして藤岡は見事に天然物の鰻を釣って来ましたよ。コレは凄いなぁ。(笑)
ガラスのウサギを壊した事よりも、誤魔化そうとした事に春香は激怒。
こうして夏奈は2話連続で、春香に恐怖するハメになりましたとさ。
今回のお話は前回と違って面白かった。でもオチは笑えるようなのが良かったなぁ。
激怒を2話連続でオチに使われちゃうと、春香が怒ってばかりの恐い娘に思えちゃうよ。
でもまぁ、今回の場合は明らかに夏奈と千秋が悪いんですけどね。

©桜場コハル・講談社/みなみけ おかわり製作委員会

[アニメ]ケータイ少女


平凡な高校生・相田尋@石田彰のケータイから飛び出した精霊・リン@寺田はるひ。
リンが恋愛を応援するアニメ。。。と思いきや、本編では全く出番なし。
本編では、尋の回りに居る女の子達による、恋愛未満の日常が淡々と描かれる。



美島いちる@小清水亜美。陸上部に所属する尋の幼馴染み。
あまりに近くに居すぎたおかげで、なかなか恋愛関係には進展できない。
それでも何だかんだで、相思相愛だったようで。。。



巴沙代@高橋美佳子。初対面の人には名前すら教えない、冷たく暗めな女の子。
階段で突き飛ばされた沙代を助けた尋と小鷹啓介@鈴木千尋にも素っ気ない態度。
だが、傷付いた小鳥には優しかったり、ピアノの弾きつつ歌ったりと意外な一面も。
そんな沙代が気になって語る尋に、いちるは一抹の不安を覚えますよ。可愛いなぁ、もう。(笑)



後刀美弥@植田佳奈。明るく元気で可愛い女の子。
そんな美弥を放っておくわけもなく、ナンパ男が接近。
だが、ルアーフィッシングの知識を捲し立てて、ナンパ男を撃退しちゃう。
別に釣りバカというわけでもなく、ナンパ男を軽くあしらって楽しんでいるようだ。



藤宮桃香@名塚佳織。毎朝毎朝、近所の悪ガキにスカートを捲られる女の子。
それでも違う道を通らないのは、大好きな先輩・尋に逢いたいがため。
おかげで尋は毎朝、魅惑の「くまぱん」を見る事になりますよ。



山田綾乃@佐藤利奈。後輩への指導に熱心な凛々しい弓道少女。
ただ、物事に熱中すると時間を忘れちゃう悪いクセがあるようだ。
待ち合わせの時間になっても現れない綾乃を呼びに来た尋。
返事を待たずに部室にはいると、綾乃はお着替えでしたよ。ラッキースケベめ。
そんな尋に綾乃は平手打ち。これってご褒美だよねぇ。(笑)
皆さん揃っての帰り道、相変わらず仲良しな尋といちるには複雑そうな表情を見せたり。
綾乃は尋が好きなのだが、いちるも好き。そんな2人の間には割り込めないようだ。
全5話のお話で、最後の最後にチョッピリせつない感じになりましたな。
最近、この手のアニメは何故かドロドロになる事が多い。
綾乃だけは心配になったけど、そんな展開にならなくてホッとしたよ。
視聴者としては、癒しを求めていると思うんだけどなぁ。。。それって私だけ?

©G-mode/KSAP

[アニメ]もえがく★5 #04


もえは今回も変身済で登場するが、妙に明るく振る舞う。
本当は変身シーンを描いて貰いたいけど、大人の事情が存在。涙が出ちゃう。
ここでルルーは、偉い人に頼んであげようかと尋ねる。
思わぬ展開にビックリのもえだが、何に変身させられるか解らないそうな。
クマのぬいぐるみに変えられてしまった噂もあるらしい。
ああ。。。素直に言う事聞かないと、そんな酷い目に遭うのね。(笑)
今回は売れ残りのクソゲーを、限定版と騙されて売り付けられるオタクの話。


クソゲーの例。コレは酷い、酷すぎる。
今回もカオリの仕業で、もえとのゲーム対決が繰り広げられる。
蔵で臼。こりゃまた露骨な。。。


カオリは定番の573コマンドを入力し、フル装備にしようと企む。
だが意外や意外。不器用だったようでコマンド入力に失敗してしまう。
こうして対戦開始前にゲームオーバー。もえは相変わらず運が良いですな。
今回もめがみさまは衣装チェンジ。ネコミミモードで~す。
抱き合わせで買わされたゲームも、今ならば高値で。。。売れるはずないって。(笑)

©もえがく★5



合計 Count 本日 Count 昨日 Count