トップ «前の日記(2008-01-30) 最新 次の日記(2008-02-01)» 編集
ブログランキング・にほんブログ村へ
RSS

燃えろ!!Amazon

Amazon.co.jp に、おすすめされた商品を記録しておくページ。
アニメ鑑賞日記、気になることなども萌えと燃えを中心に記録…かも。

個人的なDVDのおすすめ
『TVアニメ「ジュエルペット てぃんくる☆」ファンディスクBD [Blu-ray]』

個人的なミュージックのおすすめ
『夢路らびりんす [初回限定盤CD+DVD] TVアニメ「うらら迷路帖」OPテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition』

個人的なソフトウェアのおすすめ
『ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)』

個人的なゲームのおすすめ
『PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)』

個人的な本のおすすめ
『モンスター娘のいる日常 第12巻 OAD付き特装版 (リュウコミックスプレミアム)』

個人的なおもちゃ&ホビーのおすすめ
『アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 ローズフルール 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア』

個人的なエレクトロニクスのおすすめ
『WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]』

気になる言葉
Google
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|



2008-01-31 中国産を避けるのは不可能に近いしのう。。。

[アニメ]いちご100% ジャンプフェスタ版





恋が始まる!? 撮影合宿 ~ゆれるココロが東へ西へ~
やっぱりテレビ版より絵が丁寧。肌色天国も映えますな。
だけどそれなのに、テレビ放映後に作られたOVAは。。。
今観てみると、どうしても唯がみなみけの弟さんにしか見えなくて困る。
中の人も同じだし、名字までもが南を冠してますしね。(笑)

©河下水希・集英社/いちご100%製作委員会

[アニメ]狼と香辛料 #04


酔って紅くなるホロ。可愛すぎ。


独りで昔の事を思い出しては笑い始め、そのうち眠っちゃう。
ホロの思い出の中に今も生き続ける男の存在に、ロレンスはちょっぴり嫉妬でしょうか?


ミローネ商会の支店長・マールハイト@大塚芳忠。
ロレンスの仮説を受け、ミローネ商会はゼーレンの素性を調査。
その結果、背後にはメディオ商会が付いていると判明。さらに恐らくは貴族も。
商人達にトレニー銀貨値上がりの欺瞞情報を流して買い集めさせる。
そこで銀の含有量が少なくなっているとの情報を流せば、価値は一気に低下。
すると商人達は損害を最小限にするべく、買い集めていたトレニー銀貨を一気に売り出す。
メディオ商会はそれを回収するというカラクリのようだ。
しかし、背後の貴族は市場に流れたトレニー銀貨を集めて何をしたいんだ?
ミローネ商会としてはロレンスの仮説が正しいと判断。儲け話に乗る約束をする。
これが成功すればロレンスは大金を手に入れ、念願の自分の店を持つ事が出来る。
皮算用で大喜び。だが、ホロは逆に寂しさを覚えるのであった。


ロレンスが店を持てば一ヶ所に留まり、一緒の旅は終わりとなる。
長い間、孤独が続いていたホロにとってロレンスは既に特別な存在なのですな。
いつも明るく振る舞っていても、孤独という恐怖に脅え続ける日々。
落ち込んで耳をシュンとさせるホロが可愛いの何のって。男ならば抱き締めたくなりますな。


ロレンスに慰められ、ちょっぴり元気になったホロ。良い雰囲気だ。
夜も更けて就寝の時間になるのだが、何とロレンスに同衾のお誘いをしますよ。
ロレンスも健全な男。据え膳食わねば武士の恥なわけですな。
そんな感じで、ついに2人は結ばれ。。。なかった。
部屋の外を取り囲む男達の気配を敏感に感じ取ったホロ。
それは商売の邪魔をされたくないメディオ商会が放った刺客であった。


どうにか2人は窓から逃れる事に成功するが、追っ手が迫って数もどんどん増える危機的状況。
しかも逃げ込む先はミローネ商会だと読まれていて、逃げ切る事は困難極まりない。
ここでホロは自らが宿る麦の一部をロレンスに託す。後々、これが大きな鍵となりそうですな。
ミローネ商会の近くまで辿り着いたが、すっかり囲まれて打つ手無し。
そこでロレンスは二手に分かれる事を提案するが、ホロは自分が囮になると言い出す。
自分は狼なので易々とは捕まらない。そう聞いてもロレンスは心配で心配で堪らない。
結局、ホロの機転によってロレンスはミローネ商会へと逃げ込む事が出来た。
ロレンスはホロ救出を懇願するのだが、思い掛けない冷たい反応をされてしまう。
情報によって、既にトレニー銀貨収集に入ったミローネ商会。
最早、ロレンスやホロがどうなろうと商売には何も影響しない。
ミローネ商会としてはホロ救出というリスクを背負うよりも、利益を優先と言う事らしい。
冷静さを失うロレンス。だが、マールハイトはメディオ商会の狙いが解らないと告げる。
情報が既に渡ったのであれば、今更ロレンスやホロを狙う必要はない。
それでも2人を狙うのには他に何か理由が存在しているのではないか。その言葉にロレンスはハッとなる。


そこに投げ文が届き、中には脅迫状と共に千切られた狼の毛が入れられていた。
全ての狙いは豊穣を司る神・ホロ。その事実に気付いたロレンスはマールハイトに真実を告げる。
その頃、抵抗を続けていたホロの前に何者かが姿を見せますよ。
その人物に驚きを隠せないのだが。。。やはり、この人物はクロエなんですかね?
ホロの言い伝えを知り、身体的特徴をも知っているだろうクロエ。
最近、ロレンスの側に居るらしい女の子がホロであると気付いても、そう不思議ではないし。
だが、こんな緊迫した状況なのに、次回のサブタイトルには痴話喧嘩なんて文字が。
どこをどうやったらこんな状況から、痴話喧嘩になるのやら。全く先が読めないよ。(笑)

©支倉凍砂・メディアワークス/「狼と香辛料」製作委員会

[アニメ]DRAGONAUT -THE RESONANCE- #17


愛に飢え、愛を認めずに居たアーシム・ジャマール@宮野真守。
最後の最後に、ガーネットの愛を素直に受け容れられたのは救いですかね。
相変わらず宮野真守の演じる変態は絶品だった。途中退場は寂しいなぁ。
マキナは愛するアキラと共に、燃えさかる火星の谷底で氷漬け。
2人は永遠に一緒の時間を過ごす事になったようだ。
次回からは何やら心機一転、新展開だそうで。いわゆるやり直しですか?(笑)
ホモ男が生きてた位だし、奇跡の百合パワーでアキラとマキナの復活も期待したい。

©ドラゴノーツプロジェクト

[アニメ]ポケットモンスター ダイヤモンド&パール #65


トバリシティを目指して旅を続けるサトシ達は、途中で砂地を発見。
そこでポケモン達を遊ばしていると、砂の中からカバルドンが出現した。
偶然にも真上にいたパチリスは興味津々。覗き始める。
すると再び砂に潜ろうとしたカバルドンの口の中に落ちてしまった。
サトシ達はパチリスを救出しようとするのだが、驚いたカバルドンは逃げ回る。
すると、いつぞやのヒポポタスと再会。カバルドンと共に移動をしていたようだ。
こうしてヒポポタスと共にカバルドンを追うサトシ達。
サトシはいつもピカチュウを乗せたり、今回はヒポポタスを乗せたり。
ピカチュウは6kgだから良いとしても、ヒポポタスは49.5kgもありまっせ?
さすがはスーパーサトシさん。相変わらず首の強さは半端ないですな。(笑)
そんな事をしている間に、またしてもロケット団が現れてしまう。
ところが今回はムサシ、コジロー以外にもホンモノ(笑)のロケット団が現れたから大変だ。
ヤマト@勝生真沙子、コサンジコサブロウ@子安武人。まさかダイパで出番があるとは。


相変わらず名前を間違え続けられるナンバ博士@永井一郎も健在。
2人はサカキ直々に、ロケット団初となるシンオウ地方出征を命じられたそうな。
完全にサカキの記憶から消し去られてしまったムサシとコジロー。可哀想に。
それにしても、ロケット団とサカキが未だ健在だったのが意外だった。
てっきり、ムサシとコジローが思い込みで活動してるだけだと思ったのに。(笑)
ここからはムサシとヤマト、女同士の激しいバトルが繰り広げられる。
だが、本部作成の屈強なメカと、その日暮らしの中で作ったメカの力の差は歴然だ。


爆発の衝撃でカバルドンが吹き飛ばされ、そのおかげでパチリスは無事に体内から脱出。
ロケット団双方のメカが壊れ、今度はポケモンバトルとなるのだがヒポポタスにより眠らされてしまう。
こうしてロケット団はいつも通りに退場。ヤマトとコサブロウの出番は今回限りなのかな?
ロケット団がシンオウ地方にも手を伸ばしてきたのは事実だし、油断は禁物か。

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©pokemon



合計 Count 本日 Count 昨日 Count