トップ «前の日記(2007-10-12) 最新 次の日記(2007-10-14)» 編集
ブログランキング・にほんブログ村へ
RSS

燃えろ!!Amazon

Amazon.co.jp に、おすすめされた商品を記録しておくページ。
アニメ鑑賞日記、気になることなども萌えと燃えを中心に記録…かも。

個人的なDVDのおすすめ
『TVアニメ「ジュエルペット てぃんくる☆」ファンディスクBD [Blu-ray]』

個人的なミュージックのおすすめ
『夢路らびりんす [初回限定盤CD+DVD] TVアニメ「うらら迷路帖」OPテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition』

個人的なソフトウェアのおすすめ
『ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)』

個人的なゲームのおすすめ
『PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)』

個人的な本のおすすめ
『モンスター娘のいる日常 第12巻 OAD付き特装版 (リュウコミックスプレミアム)』

個人的なおもちゃ&ホビーのおすすめ
『アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 ローズフルール 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア』

個人的なエレクトロニクスのおすすめ
『WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]』

気になる言葉
Google
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|



2007-10-13 さてさてチュバは

[アニメ]チビナックス2.0 #01


まさか続きがあったとは。相変わらず本人達が声を当ててるわけでもないので微妙。
シゲの扱いが悪いのには何か深い理由があるんだろか?

©CREATIVE OFFICE CUE/DENTSU HOKKAIDO INC.

[アニメ]灼眼のシャナII #02


恋愛バトル2回戦開始。吉田さんは手作り弁当を悠二に進呈、一歩リードする。
ぐぬぬモードの平井さんも負けじと、ママンに料理指導を依頼。
平井さんに頼って貰えず、追い出されるヴィルヘルミナの受けたショックは大きい。
ポニーテールでエプロン着用の平井さん。イイ感じですなぁ。
その頃、平井さんの代わりに悠二の訓練をするヴィルヘルミナ。
平井さんの件もあり、ヴィルヘルミナは訓練の域を出て暴走気味ですよ。
それでも悠二は、いつのまにやら手に入れた強大な力で弾き飛ばす。
全てはヘカテーと合体したおかげ。その際に得た強大な力を、零時迷子が復活させ続けているらしい。
これが制御できれば、かなりの戦力になるようなのだが。。。先は長そう。


大事に鞄を抱き締め、真っ赤になって照れ照れの平井さん。
その頃、ヴィルヘルミナは無謀にも料理に挑戦。
レンジでチンか、湯を注ぐしかできないのに。。。これも平井さんへの愛?
そしてキャベツが用意されているのは、TBS系アニメとしてはお約束か。


今日も吉田さんは悠二に弁当を進呈するのだが、平井さんも負けてはいませんよ。
予想外の弁当に悠二は大喜びして開けてみると。。。中にはメロンパンがいっぱい。
さすが炎髪灼眼の討ち手。凄まじい火力のおかげで弁当作りは大失敗に終わったようだ。(笑)


吉田さんのクラブハウスサンドはともかく、平井さんのメロンパン7個(?)は多すぎ。
それでも悠二は2人を気遣って両方共を完食。その結果、激しい腹痛で寝込むハメになる。
全ては吉田さんが弁当を作ったからだと、敵意剥き出しの平井さん。
これに対しては吉田さんも負けていない。ホントに熱い恋愛バトルですなぁ。


この後、前回倒したかと思われた徒・メアの本体が登場。またしても夢の世界へ。
でも今度は悠二だけではなく、平井さんも吉田さんもが共有する夢の世界。
一般人の吉田さんは、メアの能力で眠りに就かされて目を覚ます事が出来ない。
そしてメアは悠二の体内に潜み、為す術がない状況かと思われた。
ところがメアが零時迷子に手を伸ばすと自滅。
さらに目を覚まさないはずの吉田さんは、アッサリと悠二に反応して目を覚ましちゃう。
何だか良く解らないまま戦闘終了。2回に渡ってトホホって感じですなぁ。
今回の件で平井さんは少々妥協したようで、弁当の量に気を付けるよう注意。
すると吉田さんも笑顔で、弁当の量を半分にすると告げる。
とりあえず恋愛バトルは一段落、まずは悠二の身の安全を第一にしたようですな。
ところが、そんな所に転校生登場。どう見てもヘカテーなんですが。。。もうドキドキだよ。

©高橋弥七郎・いとうのうぢ・メディアワークス/『灼眼のシャナII』製作委員会・MBS

[アニメ]こどものじかん #01


りんかわいいよりん。
何かと騒ぎを巻き起こしたアニメがチュバで無事に放送。
いきなり、お着替えシーンが描かれて九重りん@喜多村英梨もご覧の通り。
とりあえずホッとしたんですけどね。。。


幸運なのだか不幸なのだかイマイチ不明な新担任教師・青木大介@間島淳司。
りんを深く静かに愛する鏡黒@真堂圭。りんのライバルとなる教師・宝院京子@田中涼子。
原作通りの流れで、魅惑の指チュパも健在。イイヨイイヨイイヨ~。


ところが。。。露骨な修正の連続に萎えちゃうわけですよ。
映像だけでなく音声、字までもですか。おかげで端から見てると人畜無害。
ここまで徹底的に修正されているのに、放送を見送る玉と三重は謎ですなぁ。
これならばAT-Xでも年齢制限なんか掛けないで平気だと思うんだけどね。
でも、おかげで原作を知らない人には、何が何やら解らないアニメと化してそうだけど(苦笑



前担任のイジメが原因で不登校になっていた宇佐美々@門脇舞以も復活。
何だかんだで、大介は良い先生なんだろうなぁ。
そんな感じで始まった待望のロリアニメだけど、何かとイライラしちゃう。
ぱんつや裸も徹底的に修正されているかと思うと、そうでない場合もあったり。
故意に見せると修正対象で、偶然見えてしまったモノは対象外と理解して良いのかな?
良く解らん状況だけど、これは素直にDVDを待った方が良さそうな気もしますな。。。
『こどものじかん 1科目』(Amazon)

©私屋カヲル/こどものじかん製作委員会

[アニメ]しゅごキャラ! #02


公衆の面前で王子への愛の告白、そして玉砕。あむは落ち込む。
あむが落ち込むとランも落ち込んじゃう。たまごに籠もる様子が可愛いのう。
それでもクラスの皆さんには、クール&スパイシーキャラとは違う印象を与えたようで。
おかげで、ホントの自分をチョッピリ理解して貰えましたよ。
うろちょろするランに、あむは大慌て。でもしゅごキャラは一般人には見えないようだ。


謎の新キャラ・山吹沙綾@川庄美雪が華麗に登場。
魅惑の高飛車系お嬢様、しかも妙にテンションの高い楽しい娘ですよ。
某・画伯にも劣らない超絶級の画力を誇るあむは、何やら能力発動。
×の髪飾りがスペードに変化して、見事なまでの絵を完成させる。
いつのまにやら青いたまごからは、ミキ@加藤奈々絵が生まれていた。
しゅごキャラは性格を変化させるだけではなく、ランは運動を、ミキは芸術を得意としてスキルアップ出来るらしい。
そんな突然現れた、しゅごキャラに困惑、躊躇するあむ。
それでも自分が存在を信じないと、しゅごキャラは消えてしまうと聞くと受け容れる。


ガーディアンのお茶会に招待されたあむ。そこには、しゅごキャラがズラリ。
キャラ持ちが代々、メンバーを受け継いでいるのがガーディアンらしい。
キセキ。唯世・キングスチェアのしゅごキャラ。
てまり。なでしこ・クイーンズチェアのしゅごキャラ。
ぺぺ。やや・エースチェアのしゅごキャラ。
ダイチ。空海・ジャックスチェアのしゅごキャラ。


当然ながら、キャラ持ちであるあむもガーディアン入りを要請される。
でも、ロイヤルケープが恥ずかしいという理由で、あむは断固拒否。
それでも王子にお願いされちゃうとドキドキ。戦略的撤退を開始する。
その後、謎の人影@間島淳司が、将来に悲嘆する鈴木君@南央美を利用。
子供は誰でも心の中に「こころのたまご」を持っているが、キャラ持ちになるのは稀。
そのたまごが心にトラブルを持つと、×たまなるモノに変化。暴れちゃうようだ。


魅惑の変身シーン。DVDでは透過光がなくなったり。。。はしませんか、そうですか。


あむは、×たまを元のたまごに戻す能力を持っているらしい。
コレは他のガーディアンにはない能力。特別な存在である証か。
そんな感じで怒濤の1日が終了。相変わらず意地っ張りなあむだけど、少しづつ変化していますなぁ。
今回もコロコロ表情を変えるあむが可愛い。そして、ぱんつ丸見えのランに激しく萌え。
加藤奈々絵ボイスのミキも良い感じだし、お話も悪くない。
このまま安定して続いて欲しい。くれぐれも作画崩壊だけは勘弁してクダサイね。

©PEACH-PIT・講談社/エンブリオ捜索隊・テレビ東京

[アニメ]ケロロ軍曹 #182



埋蔵金ネタ。秋奈ばあちゃんから冬樹宛に届けられた謎の地図。
コレは埋蔵金の在処を示した地図だと、軍曹は勝手に盛り上がる。
でも実際は、冬樹が大切なモノを埋めたタイムカプセルの在処を示すモノだった。
ガッカリした軍曹が地面に座ると、いきなり転落。そこで気を失う。
ここから先は2人の武士が金子を運ぶ任務の様子が描かれるのだが。。。全ては夢。
冬樹に起こされた軍曹。そこには夢の中に登場した木彫りの武者頑駄無があった。
そんな、夢なのか過去の武士の記憶とリンクしたのか微妙なお話。




後半はコピーロボットネタ。京アニ京都から戻ったタママが日向家を尋ねると様子がおかしい。
そこにはタママの姿が。明らかにツリ目、足もツリ上がっているニセモノだ。
それでも他の皆さんには見分けがつかないらしく、どちらがホンモノか勝負で決める事に。
司会進行役のモアたんがとにかく魅惑的。可愛すぎだ。
勝負はコピーの圧勝。愕然としたタママなのだが、実はホンモノかと思われたタママこそがコピー。
その事実を知ってさらに愕然とするのだが、同情されると激しく嫉妬。暴走気味となる。
嫉妬玉で薙ぎ払うと。。。実はタママを含めて皆さん全部がコピー。
やっぱり自分はホンモノだったと、タママはホッとする。
コピーの反乱で、ホンモノのケロロ小隊や日向家の皆さんは閉じこめられていたらしい。
知らない間に、周囲も自分自身すらも入れ替わっていると。。。怖いよなぁ。
後半のお話は予想外すぎる二重三重のオチが良かったよ。それにモアたんもね。(笑)

©吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS

[アニメ]電脳コイル #20


意外にもメガシやからの脱出は簡単に成功。ところが黒い影は外にもわらわら。
絶体絶命の状況に駆け付けたのは、メガばあとオバちゃん。間一髪でしたな。
メガばあの許可により、サッチーは家の中に入って古い空間を修復。
残り僅かのコイルタグを使用して、ヤサコの体のズレも修復された。


これで一件落着と思いきや、別の場所でも同様の状況が発生中。
オバちゃんの嫌な予感は的中。ハラケンがカンナのメガネを所持してると知って愕然とする。
ハラケンに何かが起きていると知るヤサコだが、オバちゃんは何も告げずに立ち去る。
そのオバちゃんはサッチーを不法改造。処分を承知で全てを解決するべく出撃する。
そこに血相を変えて走ってきたヤサコ登場。オバちゃんはヤサコのハラケンへの想いを知ってバイクに乗せる。
そして語られた全ての真相。4年前の事件の発端は、オバちゃんが興味本位で発動させた暗号式であった。
ある条件が揃うと電脳体が分離する。これこそがタイトルにある「電脳コイル」という現象。
多くの被害者を出し、メガばあが倒れる原因にもなった。
それ故に、オバちゃんはイサコの行為を是が非でも止めたかったわけですな。
自分の犯した間違いを、再びイサコに犯させないために。


路地裏の古い空間。ヤサコはオバちゃんの命令を無視して空間の奥へと走ってしまう。
別の方向から追い掛けたオバちゃんは、電脳体が分裂したハラケンを発見する。
するとイサコと遭遇。オバちゃんは怒りに震えるのだが、イサコには敵対する気はないようで。
ハラケンを連れ戻すべく、黒い影・ヌルに自ら触れて電脳体を分離する作戦を考えた。
ところが、ヤサコもイサコと全く同じ作戦を既に実行に移していましたよ。


道端には電脳体が分離したヤサコの体が。
イサコは最後のキラバグを使用して、強制転移の暗号式をヤサコへと送る。
但し、暗号式は1つだけ。ハラケンに使用したら、ヤサコは早急に自力で脱出せねばならない。
こんな状況の中、古い空間を強制フォーマットするべく空間管理室の2.0が迫り来る。
このままでは、あっちに行ってしまったヤサコとハラケンまでもが削除されてしまう。
オバちゃんとイサコは連携して必死で2.0に対抗、足止めをする。


カンナと逢えたハラケンだが、カンナが何を伝えたいのか解らない。
そこに遅れて来たヤサコは、なぜかカンナが伝えようとする言葉を読み取る。
ハラケンへの謝罪、そして愛の告白。代弁しなければならないヤサコは辛いですなぁ。
カンナはハラケンを呪縛から解放し、ヤサコに全てを託して消えていく。
そしてヤサコはハラケンを元の空間へと戻すべく、暗号式を使用する。
伝えたい事が伝えられない悲しさ、辛さを思い知ったヤサコ。
ここで別れ際に、勇気を振り絞ってハラケンに愛の告白を果たす。
でもコレではまるで死亡フラグ。ヤサコやめてヤサコ。。。


この状況からするとハラケンは修復できるが、ヤサコはあっちからの脱出に失敗。
そんな最悪な展開を想像していたのだが、ギリギリながらも脱出に成功。
ヤサコもハラケンも分離は修復され、とりあえず一件落着となった模様。
だが、2.0との攻防戦でイサコはダメージを負ってしまったようで。こちらの方が気になりますな。
そして猫目と謎の相手の会話に出てきた「コイルスノード」とか「世界が崩壊」とか物騒なワード。
ますます謎が深まるばかり。夕食時の小さなお友達は付いて来れてますかー?(笑)

©磯光雄/徳間書店・電脳コイル製作委員会

本日のツッコミ(全27件) [ツッコミを入れる]
ふ~ (2007-10-13 04:34)

押し込められていても欠片も凹んだ後が存在しないあのメロンパンは何製ですか?(笑)

ピッコロ (2007-10-13 06:59)

こどものじかんは「大人とロリのエロ」自体がまずいのでは?最近事件が多いから(苦笑)

ゴージャス仮面 (2007-10-13 11:18)

こどものじかん。<br>UHF放送だけど二局しかやらないわ(ネットで観ることはできるけど)、変に修正入ってるわと今ひとつ楽しみがないように思えるんですよね。完全版になるであろうDVDに期待しよう(TV放送版も観るけど)

T.tokita (2007-10-13 13:20)

「夏美です・冬樹です」「俺は556・ラビーです」「クルル曹長だぜぇ・ギロロ伍長だ」「夏美です・プルルです」「ギロロ伍長だ・夏美です」<br>「桃華です・裏桃華だぜ」「桃華です・ポールでございます」「ケロロです・ギロロです・ゼロロです」<br>「真!?ケロロ軍曹」の次回予告でこーゆー掛け合いをしてる時に誰かが<br>「ミナミハルオでございます」と言ってもいいはずなのに、なぜ誰もこれを言おうとしないのでしょうか?<br>アニメスタッフや出演者の皆さんにはこのボケ方の意味が分からないのでしょうか?

キユ様 (2007-10-13 19:23)

今回のドロロと小雪は、普段とは違う忍服姿で登場しましたが、情景と見事にマッチしていました。<br>ところで後から登場した忍者達は、「忍野村」の皆さんなのでしょうか?

あいら (2007-10-13 23:50)

あの柔軟性ではカリモフとは思えない。(笑) <br>こどものじかんは。。。企画が通った自体が奇跡なんだろうなぁ。 <br>最初からDVD先行体験放送扱いだったら、話題にはならなかったかな?<br>て言うか、現在のアニメほとんど全てがそんな扱いなんでしょうけど。 <br>予告は単にサザエさんモードなんじゃないでしょか? <br>わざわざいつもと違う忍者装束の小雪。でも露出度が減っていてちょっと。。。

ゴージャス仮面 (2007-10-13 23:55)

侍の宝であり、形見となった木彫りの武者頑駄無。<br>時を越えた切ないドラマでしたね。

any0ne (2007-10-14 03:02)

さすがNHKです。電脳コイルでテラホークスのロボット戦の再現が見られるとは!<br>そしてしゅごキャラは今回も奇跡の作画。はやくガーディアン女子のキャラなりが見たいです。

白い変人 (2007-10-14 15:04)

作画レベルを高く保っていても作画崩壊の心配か・・・<br>もはやサテライトの信用は地に落ちたな(笑)。<br>それにしても、しゅごキャラ!は作画関係なしに普通に面白いので驚きです。自分脚本の島田満さん好きかもしれない。

くぼた (2007-10-14 15:13)

じゅごの変身シーンですが、さすがにDVDでの透過光ナシは<br>現実的ではないでしょうに・・・

K (2007-10-14 17:35)

それになによりテレ東だし。

キユ様 (2007-10-14 18:36)

タママVSタママ、話の流れは良かったが、最後がチョ~ビミョ~。(・o・)

しょう (2007-10-14 19:53)

タママが持っているアレにらき☆すたが。らき☆すたでもケロロのストラップが無かったっけ?教えて下さい。

あいら (2007-10-14 23:11)

大昔のテレビ版サミーはLDで透過光消したんだよねぇ。。。テレ東ですが。 <br>ケロロは、次回こそがテコ入れであると信じたい。(笑) <br>ストラップは、つかさがいきなり落としてましたなぁ。

ゴージャス仮面 (2007-10-15 01:22)

「本当は自分がコピー?」、「実は皆コピーだった」<br>タママ対決はホラーネタも入ってましたね。

キユ様 (2007-10-15 17:32)

「テコ入れ」とは、その名の通り「テコを入れる」事。スタートダッシュに失敗したり、傾いてしまった番組にテコを入れて立て直す事である。<br>しかし、「テコ入れ」で失敗したり、それが原因で口論になったりと、「テコ入れ」で成功する確率は限りなくゼロに近いのである。

あいら (2007-10-15 20:53)

やはり、ケロロ小隊の危機管理能力には問題が。。。 <br>個人的には夏美が登場してくれさえすれば、幸せではありますが。(笑)

ゴージャス仮面 (2007-10-15 21:02)

しゅごキャラの変身システム。なんか電王みたいですね。<br>メイン人格は本人のままですが。

あいら (2007-10-15 22:11)

とりあえず3バージョン見てみたいですな。

ゴージャス仮面 (2007-10-16 00:37)

木彫りの武者頑駄無。モデルは麻亜屈でしょうね。

K (2007-10-16 09:04)

そんでもって、全種類融合バージョンなんかもあったりして。<br>さらに真の最強形態も。

キユ様 (2007-10-16 14:49)

ところで、素材は当時高価だった桐(きり)でしょうか?

あいら (2007-10-17 00:05)

mk2ですな、漢字覚えてませんが。いままでSDガンダム系は、ネタにされてなかった気が。 <br>白いイメージで、ビッグワンとかでしょうか?(エー <br>箱に入ってたとはいえ、地中で腐らなかった。素材が確かに気になりますなぁ。

ゴージャス仮面 (2007-10-17 20:51)

間島淳司と南央美。神無月を思い出すなぁ。<br><br>それにしても、しゅごキャラに二ノ宮、こじか、スカイガールズと今秋は間島氏の出演作は多いなぁ。

あいら (2007-10-17 22:57)

しゅごキャラは長く続きそうなので安泰?

ゴージャス仮面 (2007-10-17 23:18)

こころのたまごと聞いて、こころはタマゴを思い出した。

あいら (2007-10-17 23:36)

奇遇ですね;D



合計 Count 本日 Count 昨日 Count