トップ «前の日記(2006-10-27) 最新 次の日記(2006-10-29)» 編集
ブログランキング・にほんブログ村へ
RSS

燃えろ!!Amazon

Amazon.co.jp に、おすすめされた商品を記録しておくページ。
アニメ鑑賞日記、気になることなども萌えと燃えを中心に記録…かも。

個人的なDVDのおすすめ
『TVアニメ「ジュエルペット てぃんくる☆」ファンディスクBD [Blu-ray]』

個人的なミュージックのおすすめ
『夢路らびりんす [初回限定盤CD+DVD] TVアニメ「うらら迷路帖」OPテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition』

個人的なソフトウェアのおすすめ
『ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)』

個人的なゲームのおすすめ
『PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)』

個人的な本のおすすめ
『モンスター娘のいる日常 第12巻 OAD付き特装版 (リュウコミックスプレミアム)』

個人的なおもちゃ&ホビーのおすすめ
『アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 ローズフルール 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア』

個人的なエレクトロニクスのおすすめ
『WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]』

気になる言葉
Google
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|



2006-10-28 疲れ

[アニメ]ケロロ軍曹 #133


ハロウィンが近付く中、ペコポン社会に潜んでいる宇宙人が狩られる騒ぎが起きていた。
その現場を目撃してしまった冬樹。でも、それは夢だった様子。
軍曹にモンスター大百科を貸してくれと頼まれ、懐かしさから思わずページを捲ってみる。
冬樹がオカルト好きになったのは、この本の影響が大きいらしい。
ここで目に止まったのが蛇女ゴーゴン。夢で見た宇宙人狩りの姿と似ていると感じる。
夢で見た現場の近くを通りがかると、現実でも標識柱が曲がっていたり。
さらに謎の女の子と遭遇。しかし、次の瞬間には姿を消しているという妙な体験をする。


ハロウィンパーティ。こんなにも大々的に開催する場所はあるんですかね?
年寄りにしてみれば、ここ十数年で広がったイメージがあるんだけど。(笑)
ゴスロリ夏美が犯罪的に可愛すぎる。いろいろ我慢できませんな。こりゃ。
だが、問題なのは小雪だ。あまりに普段着過ぎる。もう少し考えてくれよう。
ケロロ小隊は怪物くんファミリーのコスプレ。いちいち語尾に「でガンス」を付けるギロロが最高だ。
でも、これは故意ではなくクルルに仕込まれた装置による影響。
設定を変えられて語尾は「にょ」に変更。にょを連呼するギロロ可愛すぎだよ。
そんな中、またしても仲間外れにされたドロロが襲撃を受ける。
アサシンの能力をフルに使用しても解析不能。攻撃も通用せずに、捕らわれの身に。
そして、その魔の手はケロロ小隊にも襲い掛かり、皆さん揃って捕らわれてしまう。


いきなり姿を現したアリサ@矢島晶子は間に割って入り、冬樹を緊縛してお持ち帰りする。
これには桃華は激怒。スーパーアームを着用してアリサの後を追う。
同様にドロロの身を案じて追って来た小雪も登場。アリサと対峙する。
しかし、桃華の攻撃も小雪の攻撃も全く効果無し。完全に見切られている。


するとアリサの目が赤く光り、直視した桃華と小雪は石化してしまう。
こうしてアリサは再び冬樹をお持ち帰りするべく、この場を後にする。
遅れて到着した夏美とモアたんは、この異様な光景を目の当たりにして愕然とする。
それにしても、夏美とモアたんのスカート短いなぁ。
夏美の絶対領域が拝めるなんて、思わなかったよ。生きてて良かった(大袈裟


クルルの救援要請を受けたサブローと、菓子の食い過ぎで寝過ごしていたタママが合流。
皆さんはアリサの後を追うべく、謎の洋館へと向かう。
その頃、洋館ではアリサが冬樹に愛の告白。こりゃどんな展開なんだ?
でも好きの意味が違うらしく、闇に潜む存在を引き寄せる体質の冬樹が好きなのらしい。
確かに宇宙人やら、海底人やらを引き寄せていますなぁ。
それにアリサ自身も、冬樹に引き寄せられたに違いありませんな。
アリサは闇の世界「ダーク・ゾーン」から来た、ダークハンター。
アリサにとって闇に潜む存在は、生きていく上の糧。狩った宇宙人を吸収してしまう。
冬樹と共にいれば、苦労なく食料調達が可能という事らしい。
そんな所で皆さんが到着。助けを喜ぶ軍曹と、助けに来たモアたんとの2人の世界が描かれる。
これに嫉妬したタママは、タママインパクトを発射。
だが、それをもアリサは吸収。そしてタママも捕らわれの身になってしまった。
ここでモアたんが黙示録撃。それを察知したネヴラ@大塚芳忠が、咄嗟にモアたんを押さえる。
ネヴラは、アリサのネコミミ(?)の中に潜んでいる、目玉のような存在。
モアたんの正体を知らなければ、黙示録撃が危険とは思わないよなぁ。何者なんだ?


この隙に逃げだそうとした冬樹に、私が嫌いか?と尋ねるアリサ。
今の冬樹にしてみればアリサは恐怖の存在。返事も出来ずに逃げるのは当然だ。
蛇女ゴーゴンの話を思い出した冬樹は、夏美とサブローと作戦会議。
夏美を囮にして誘い出して、サブローのペンで鏡を作り出す。
そしてアリサが目を光らせた所で鏡を向けて、見事にアリサの石化に成功する。
アリサの石化と共に、囚われの皆さんは解放され、石化していた桃華と小雪も元通り。
後はアリサの処遇なのだが、冬樹はこのままそっとしてあげたいと告げる。
すると、いつのまにやらアリサは姿を消し、長かったハロウィンの夜は更けて行く。
結局、アリサの正体や目的は不明。ただ、別の意味で冬樹を好きになっちゃったのは間違いなさそうだ。
キンモクセイの香りがする少女。なんかトイレのイメージで嫌なんだよなぁ。(笑)

©吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS

[アニメ]おとぎ銃士赤ずきん #17


草太とりんごのクラスメイト、夏美@井口裕香と千絵@儀武ゆう子が水着姿を披露。
プールで2人の関係を気にするのは良いが、あんたらはどうなのよ?(笑)
季節は夏。りんごの水着姿も見たいけど。。。こりゃ無理そうかな?


お掃除イベント発生で、髪を結わいたりんごが可愛すぎる。
そして、お掃除の後はお風呂。テレ東ファンダヴェーレの制約で入浴シーンは無し。
それでも、湯上がりの魅惑的な鎖骨に大興奮なのですよ。(笑)
横に白雪も並んだけど、こちらは草太には丸見え状態。わざとか?
地上波を録画しなくてガッカリだったので、BSで補完。リピート放送があると気が楽やね。

©コナミデジタルエンタテインメント/赤ずきん製作委員会・テレビ東京

[アニメ]ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #31


カロリとタウリは待ち合わせをして食事に行くらしい。
皆さんにデートと指摘されると、カロリは真っ赤に沸騰して全力で否定。
初々しいカップルは、見ていて微笑ましいですなぁ。
すかさず妄想の世界へと突入しちゃうレイン。相変わらずの常時発情っぷりだ。
するとシフォンが、ハッピーパークの話題を振る。
ハッピーパークの泉の「ハートの砂」には、恋愛成就の効果があると言われているらしい。
ここでアルテッサは噂の砂を取り出すのだが、皆さんに冷やかされちゃう。
そういえば、アウラーとの仲は進展してるんだろか?
将来の義理の姉との関係は、非常に親密なんだけどね。


恋バナで盛り上がる皆さんを横目に、はしたないと呆れるシャシャとカーラ。
そんな2人が羨ましがっていると見抜いて、指摘しちゃうエリザベータ。
その鋭い指摘を受けて、2人はもうドキドキ。図星ですしね。
早速、ふたご姫はハッピーパークに出発。まずは泉に願い事を書いた紙を溶かす。
水溶性のスパイメモとはいえ、環境に優しくない行為ですな。
ファインは相変わらず食い気優先。レインの5%くらいでいいから色気を。。。
レインは当然ながらブライトとの、あんなことやこんなことをお願い。
きっと、今頃ブライトは悪寒に襲われているに違いない。(笑)
そんな事をしていると、エリザベータが大量の金貨を泉に入れ始める。
どうやら泉に金貨を投げ入れて賽銭にするのが、セレブ星の慣わしのようだ。
このエリザベータの行為は、シャシャとカーラのためのモノ。
なんだかんだで、エリザベータは優しい娘なんだよね。


エドちんの報告によって、ハートの砂に目を付けたビビン。
種を仕込んで、あとはハッピーを願う皆さんが砂を持ち帰るのを待つだけ。
そんな事とは知らずにレインは砂を持ち帰り、さらにファインもカロリのために持ち帰る。
すると、なんということでしょう。ハッピーの効果が速攻で現れるのであった。
ブライトにママンにプレゼントを贈るので、買い物に付き合ってと頼まれる。
するとレインは脳内でデートに誘われたと変換。興奮を隠せませんよ。


初めてのデートを前にオロオロするレイン。ここでシフォンはデートマニュアルを進呈する。
6歳児のくせに用意周到ですなぁ。男女の秘め事に関する知識もバッチリなんだろか?
こうして期待と妄想が入り交じって、レインの眠れないデート前夜は更けて行くのであった。


待ち合わせ場所やら行き先やらを念入りに調査したレイン。
緊張でカチンコチンの所に、ブライトが来ちゃったからもう大変だ。
待ち合わせは別の場所。レインはブライトから逃げるように走り去るのであった。
そりゃ同じ寮なんだから、鉢合わせしちゃうのはしょうがないよな。
そんな挙動不審なレインを平静に受け止めるブライト。意外と大物かもしれない。
デート前から、この状況で皆さんは不安でいっぱい。
そこにカロリとアスリ登場。2人きりでのデートかと思いきや、ファインを誘う。
ここでファインは遠慮するべくなのだろうが、スタミナ料理と聞いて我慢できるはずもない。



レインとブライトのデートは見事に空転の連続。だが、災い転じて福になっちゃうから不思議。
全てはレインの「剛」の妄想を、ブライトの「柔」で受け流しているからなんだろうな。
この不思議な状況に、偵察係のエドちんは不満でいっぱいだ。
そして2人がハッピーパークを訪れると、カップル達が大ゲンカ中。
カロリとアスリも例外でなく、ファインがオロオロしている状況ですよ。
カロリの様子がおかしい。レインも同じ様子だったとプーモはファインに告げる。
人の振り観て、初めてレインは自分の奇行に気付いたようだ。(笑)
ファインは強制ダンスで仲直りを図るのだが、一瞬は仲直りするが再びケンカに。
ここで初めてハートの砂が黒くなっている事に気付き、ビビンが姿を現す。
ここから先は、いつも通りのファラリラタイムとなる。
ケンカの後の仲直りは2人の絆を固くする。カロリとアスリの仲は一層深まった感じですよ。


すると空には一番星が。レインとブライトのデートも最高潮になりますよ。
自然と肩を抱かれちゃって、レインはもうドキドキの濡れ濡れだ。
ここで初めて今日の目的がデートではなく、買い物であると知るレイン。
結局、ママンへのプレゼントは一番星の写真に決定。
一番星をバックに、レインの肩を抱き締めるブライトの写真。
この写真を贈られたママンは、どんな反応をするのだろうか?
デートではなかったけど、幸せいっぱいの1日を過ごせたレインは大満足。
他のカップル達がケンカしても、自分達がケンカをしなかったのは愛の力と妄想する。
そんなレインに対して、2人はカップルではないからだと冷たく呟くプーモ。
だが、そんな言葉は耳には届かず、レインの眠れない夜が更けて行く。。。
今回もレインがメインとなるお話。今シリーズは非常に優遇されていますな。
それに引き替え、最近メチャクチャ影が薄い感じがするファイン。
前回が一応、ファインがメインだったのかもしれないが中途半端だったしなぁ。
影が薄いと言えば、ここしばらく出番が多かったミルロは再び出番なし。
まとめ収録分は出番があるけど、その他は出番なしって事なのか?(´Д`;)

©BIRTHDAY・NAS・TV TOKYO

本日のツッコミ(全8件) [ツッコミを入れる]
ゴージャス仮面 (2006-10-28 00:20)

アリサ:矢島晶子。ネヴラ:大塚芳忠。またしてもガンダム関係。是非ともアリサにはクルルとピースクラフト兄妹のネタをしてほしいものだ。<br>因みに原作でのケロロのコスは怪物くんでした。

あいら (2006-10-28 01:24)

やはり怪物くんは出せなかったのかな?

ふ~ (2006-10-28 06:45)

ネコ「間違いニャイ、エルデの鍵の足跡」<br><br>うわぁ・・・、ストーカー能力があがっていますね(笑)

あいら (2006-10-28 13:54)

ファンダヴェーレには存在しない靴ですし。。。<br>変に匂いとかでストーキングされるよりはマシな気も。(笑)

ふ~ (2006-10-28 15:35)

「愛と勇気を護るレイン!」「夢と希望を護るファイン!」が前の戻ったのに何故かまた戻っていましたね(ああ、ややこしい) なんんででしょうかね?(笑)

あいら (2006-10-28 16:41)

前回がたまたま。。。なのかもしれない。単なる制作側の都合だったりしそうだけど。(笑)

れつ (2006-10-29 15:57)

なるほどなるほど、エドちんはノリツッコミだったんですね。 今まで一人ぼっちだったので気づきませんでした。w(「チームお笑い」候補がまた増えましたね)

あいら (2006-10-29 17:04)

やっぱりエドちん幸せそうだよね。(笑)



合計 Count 本日 Count 昨日 Count