トップ «前の日記(2010-01-30) 最新 次の日記(2010-02-01)» 編集
ブログランキング・にほんブログ村へ
RSS

燃えろ!!Amazon

Amazon.co.jp に、おすすめされた商品を記録しておくページ。
アニメ鑑賞日記、気になることなども萌えと燃えを中心に記録…かも。

個人的なDVDのおすすめ
『TVアニメ「ジュエルペット てぃんくる☆」ファンディスクBD [Blu-ray]』

個人的なミュージックのおすすめ
『夢路らびりんす [初回限定盤CD+DVD] TVアニメ「うらら迷路帖」OPテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition』

個人的なソフトウェアのおすすめ
『ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)』

個人的なゲームのおすすめ
『PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)』

個人的な本のおすすめ
『モンスター娘のいる日常 第12巻 OAD付き特装版 (リュウコミックスプレミアム)』

個人的なおもちゃ&ホビーのおすすめ
『アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 ローズフルール 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア』

個人的なエレクトロニクスのおすすめ
『WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]』

気になる言葉
Google
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|



2010-01-31 1月も終わりか

[アニメ]テガミバチ #17


館長から配達の依頼を受けたけど、その宛先はダゴワーズ断崖セイウチ崖の先と曖昧。
しかも小包にしては、妙に高い切手料金が支払われていた。
更にはベテランの案内係がオリンピア川に掛かる橋で待っているらしい。
ラグは橋に向かったけど、案内係のダーウィンらしき人物が見当たらない。
そんな中でニッチは、橋で倒れていたタヌキみたいな犬に興味を示す。
ツンツンと突き、死に掛けであっても食べる気マンマンだ。
でも、その犬こそが案内係のダーウィン@大黒和広だった。
先導して案内するダーウィンは、まるでラグのディンゴのよう。
激しく嫉妬するニッチが可愛すぎなんだけど、食べるのはやめなさいって。(笑)


館長の嘗ての同僚であるテガミバチのエレナ・ブラン@小林ゆう。
そのディンゴが、ダーウィンだった。
とある配達の際、エレナは先の戦闘で負傷したダーウィンを気遣い。
配達先は地元なので、ダーウィンには療養するようにと言い聞かせた。
そして配達から戻ったら、オリンピア川で水浴びして遊ぼうと約束して。
だが。。。エレナは鎧虫に襲われて帰らぬ人となってしまった。
それでもエレナの帰りをダーウィンは橋でずっと待ち続けていたのですな。
人間の年齢ではとうに100歳以上。死の瞬間が間違いなく近付いている。
そんなダーウィンのため、館長は小包配達と偽ってラグに依頼したようだ。
途中で疲労困憊、限界を迎えそうになったダーウィン。
でもラグが配達してすぐに戻ると告げると、エレナを思い出して必死に立ち上がる。
そして鎧虫が出現すると、自分が守れなかったエレナの代わりにラグを必死に守る。


心弾で鎧虫を仕留めた際に、ダーウィンが付けていたタグの記憶が映し出される。
こうしてラグは、ダーウィンが配達先であるエレナのディンゴである事実を知る。
そして到着した先にあったのは。。。エレナが眠る墓。
長い年月を超え、再会を果たせたダーウィンはエレナのディンゴとして旅立った。


館長が配達を依頼した小包の中身は、セルカの飾り職人が作った女帝のペンダントが2つ。
嘗て館長がお守りにしていたのが気に入り、エレナもダーウィンとお揃いで買うつもりだった。
だが、はしゃいだ際に川へと落としてしまう。
いつか買って返すと約束したけど、自分達の分も買う事が出来ぬまま帰らぬ人に。
館長はそんな2人のために、ペンダントを贈ったのですな。
ラグは帰り道に立ち寄った教会で、エレナの遺品であるテガミを預かる。
宛先は館長で、その中身は。。。約束していたペンダントだった。
図らずも、同じタイミングでペンダントを手にする事となった3人。
でも、もう3人が再会を果たす事は出来ないんだよねぇ。
良くあると言ったらそれまでだけど。。。ラグが泣くと観てるこっちも思わず涙が。
やっぱり、みゆきちの泣き演技は破壊力絶大すぎますわ。ホントに。

©浅田弘幸/集英社・テガミバチ製作委員会・テレビ東京

[アニメ]ひだまりスケッチ×☆☆☆ BS-TBS版 #01


地上波版では未完成だったOP/EDが、1話からしっかりと完成版に。
乃莉となずなを敢えて出さないのは演出かと思ってたんですけどね。(笑)

©蒼樹うめ・芳文社/ひだまり荘管理組合

[]アニメ星人 新春スペシャル企画


今回の「アニメ星人」は「男性声優ときめきレシピ」なるスペシャル。
置鮎龍太郎、三浦祥朗、緑川光、野島健児がキャラを演じつつ料理する企画。
置鮎のコック帽には14、緑川のコック帽には11とあったけど。。。スラムダンクか。細かいなぁ。(笑)

©NEXT All rights reserved.

[アニメ]夢色パティシエール #17


ケーキグランプリ2回戦を前にして、妙に張り切るいちご。
ところが、スイーツ王子がいれば頑張らなくても大丈夫なんて言われちゃう。
いちごと違って、学業優秀なクラスメイト・早見エリカ@内田彩。
1年の時はCグループだった早見は、期末試験失敗でFグループに転落。
Fグループ連中は全くやる気ゼロで、早見は思いっきり足を引っ張られるハメに。
それなのに、いちごは大した腕でもないのにAグループでスイーツ王子と一緒だと嫉妬。
いちごが接触を試みるけど、それは逆効果。早見は完全に無視しちゃう。


いちごはルミから事情を聞き、たまたまAグループに入れられた自分の立場を複雑に考える。
落ち込み気味になっちゃうけど、ルミはしっかりと励ますのですよ。
早見はFグループで諦め気味、やる気を完全に失っていた。
でも、いちごは努力しているわけで。その違いは大きいんだよねぇ。
相変わらず、ルミが良い娘過ぎて困りますわ。
いちごとは親友を超越した関係に進展して欲しいんだけどなぁ。(笑)


その後もいちごは早見に接触を続けるのだが、ことごとく無視されてしまう。
ある日の夜、誰もいない森で涙を流しつつママンに電話する早見の姿を目撃する。
スイーツが大好きなのに、自分には才能がないと聖マリー退学を決意。
一度は同じく挫折し、退学を考えたいちごとしては放っておけなくなっちゃう。
でも、いちごが接触しようとしても無視されちゃうのは解り切っている。
そこで思い付いたのが、スイーツ王子をエサにして誘い出す作戦だった。


いちごの作戦は見事に成功、実習室で「運命のパティシエール対決」を挑む。
早見が勝てば転校は自由に、でもいちごが勝ったら転校しちゃダメ。
あまりに一方的なのだが、一応は理由をでっち上げていたよ。
Fグループの早見がいなくなると、自分がFグループ行きになるんじゃないかと危惧。
いちごなりの理由を理解し、スイーツ王子からも頼まれて対決開始。
手際良い早見に対し、いちごは手際悪すぎ。見ている方が不安になっちゃう。
スイーツ大好きな早見としては、いちごの手際の悪さが気になるわけで。
無視していれば絶対に勝てるのに、無視する事が出来なかったよ。
そんなキッカケさえ出来ちゃえば、スイーツ大好きな2人が意気投合するのに時間は掛からなかった。
Aグループでスイーツ王子と一緒だから、実力以上のモノが作れる。
早見はそう考えていたようで、これにはいちごも思わず頷く。
でも、それは違っていたと付け加えた。
いちごは一所懸命で絶対に諦めない。そして支えてくれる友達がいるから。
だからこそ良いスイーツが作れると告げた早見に、いちごは笑顔で応える。
「あたし達だって友達でしょ」
ああ。。。いちごも良い娘だよなぁ。ホントにさ。
こうして早見はやる気を復活させ、Fグループの先頭に立ってビシビシ指揮。
この様子ならば、次の試験で上位と入れ替えは間違いないかな?
いちごの魅力の前に陥落した者がまた1人。いちごってば罪な女だよなぁ。(笑)

©松本夏実/集英社・夢色パティシエール製作委員会

[アニメ]バトルスピリッツ 少年激覇ダン #20



魔ゐたんかわいいよ魔ゐたん。
チャンピオンシップ決勝戦は、ダンと剣蔵とのバトル。
決勝戦を前に魔ゐたんは、ダンの決勝進出を祝福、激励したい。
脳内でシチュエーションを必死にシミュレートするが、なかなか良い方法が見付からない。
相変わらず素直になれない娘だよなぁ。そこが可愛すぎて堪らないんだけど。
そんな事をしている間に変態兄貴から呼び出しが。結局、ダンには話し掛ける事も出来なかった。


敗北したショックから、未だ立ち直れなかったクラッキー。
だが、優勝賞品が裏Xレアと聞くと妄想開始。
可愛い女の子がベッドの上で、あんな事やこんな事を。
そんあ妄想でクラッキーは復活。ダメだこいつ。。。


決勝戦の間、華実の世話を頼みたいと一方的に依頼されてしまった魔ゐたん。
話し相手になってくれれば良いと言われたが、華実との会話は全く成り立たず。
ダンのバトルを見たかっただろうに。。。不幸すぎだ。
だが、またしてもバトルの途中で変態兄貴はスイッチをオン。
悶え苦しむ華実に焦る魔ゐたんだけど、ドアは警備の者が固めていて身動きとが取れない。
こんな状況で頼りになるのが。。。あくまで執事ですから。(笑)
見た事もない症状だが、マギサならば解るかもしれない。
このまま魔ゐたんと一緒に華実も、ダンの側へと合流するんですかね?
華実によって、緑の戦士に選ばれたらしい剣蔵。
最強のカードバトラーになれれば、この世界がどうなっても知らないとキッパリ。
ダンは怒りに震えるが、剣蔵の「読み」を前に苦戦を強いられ続ける。
追い詰められちゃったけど、主人公補正でアッサリ大逆転は勘弁して欲しいなぁ。

©サンライズ・メ~テレ

[アニメ]フレッシュプリキュア! #50



メビウスはプリキュア達を自ら管理して、全パラレルワールド支配を進めようと考える。
この際にさり気なく、西さんと南さんの本名が西隼人と南瞬だと明かされましたよ。
結局、プリキュア達の管理に失敗したメビウスは、死なばもろとも自爆を仕掛ける。
速攻で自爆すれば良いのに、わざわざ60秒のカウントダウンを設定する親切さ。
その間に皆さんの想いが集って「プリキュア ラビング トゥルーハート」炸裂。
これでシフォンが元に戻り、爆発に巻き込まれずに助かったよ。
その後はプリキュアを応援してくれた幼女さんに挨拶もなく元の世界へ。酷いや。
しかし、せつなも西さんも南さんもラビリンスに帰る事を決意した。
愛し合う者同士のお別れ。せつなもラブも涙を流して抱き合うと思っていた。
ところが、涙の様子もなくアッサリと流されちゃったよ。。。
永遠の別れじゃなく、パラレルワールドの間は自由に行き来出来るんですかね?
そう言えば、以前にタルトはドーナツのお取り寄せも出来るとか言ってたっけか。(笑)


そんな感じの最終回。
何だか、いろいろと呆気なかったなぁ。

©ABC・東映アニメーション

[アニメ]メタルファイト ベイブレード #43


ケンタかわいいよケンタ。
二回戦の組み合わせを運営委員長権限で変更した大道寺。
竜牙との対戦は翼に、そして水地との対戦はケンタに。
思い掛けない所でキョウヤと対戦する事となった牛は大奮闘。
そのバトルを前に、ケンタも興奮を隠せませんよ。


結局、順当にキョウヤが勝利。そして続いては銀河と流太郎とのバトル。
反則紛いの術に苦しめられる銀河だが、熱く燃えるベイ魂で幻覚をはね除けて大逆転。
竜牙のもたらす暗い未来に絶望していた流太郎。
だが、銀河という光明に未来を託す事にしたようだ。
バトル終了後、何だか妙に様子がおかしい流太郎が気になっていた銀河。
すると、そこに身も心も陵辱されてボロボロになった遊が姿を見せた。
どうにかケンタのバトル前に、水地が危険な存在である事実を伝えられたようだ。
そんな感じで次回はケンタの出番。遊との愛のパワーで水地を撃破して欲しい所でですな。

©Takafumi Adachi,MFBBProject,TV Tokyo

本日のツッコミ(全19件) [ツッコミを入れる]
通りすがり (2010-01-31 00:55)

ほしみっつ、BS−TBS版では最初から完全版OPとEDでしたね。不完全版が見れたのは地上放送だけ♪ とかポジティブ思考してみたりー。

ジーモン (2010-01-31 14:51)

で、そのハートキャッチの予告。どれみと「相棒」を足して2で割った感じですかね・・。つぼみのメガネと言い、えりかの行動力と言い、何か似てます。

あいだほ (2010-01-31 15:15)

できれば水地と竜牙が準決勝でぶつかってほしいですけどね。

星描き人 (2010-01-31 15:52)

プリキュア・ラビング・トゥルーハート。<br>キュアエンジェルだけでなく、ラビリンスの人たちの想いも込められたのが良いですね。

ui (2010-01-31 18:29)

ベイブレの今後で確実に言えるのは翼は負ける事ですね。

tt (2010-01-31 18:58)

フレッシュプリキュアは1年のシリーズだからなのか、終盤バタバタ気味なのが少し残念ですが、途中あまり中弛みしなかったのは良かったですね。<br>それはそうとフレッシュの全話レビュー達成で、プリキュアシリーズ初の皆勤賞おめでとうございます!(笑)

ばっふぁ (2010-01-31 19:26)

いきなし来週の話もなんですが。<br>次週、ダブルヒロイン(笑)の前に毒蛇が負けたとしても、ケンタの先にいるのは銀河、キョウヤ、大規模災害指定(爆)の3人・・・。どこまでいけるのかなあ、我らがヒロイン。<br><br>グレンラガン2人組はもうすっかり忘れ去られてますねえー。

ぐぬぬ (2010-01-31 20:13)

次の土曜日にテレ東の番組で京アニ特集やるみたいです<br>http://www.tv-tokyo.co.jp/cinetsu/

あいら (2010-01-31 20:41)

たぶん、DVDとかには収録されないでしょうしね。 <br>問題は。。。眼鏡を掛け続けてくれるのかですが(エー <br>やっぱり、大道寺がそうはさせないでしょう。 <br>ますます元気玉を彷彿。 <br>ええ、翼が負けるのだけは確定でしょうなぁ。 <br>何と言っても、西さんの存在が大きかったです。それはもう。 <br>ケンタが負けて。。。グレンラガン2人組(笑)みたいな扱いにされたら許さないよ! <br>テレ東は油断してると、妙な番組やるんだよねぇ。。。

星描き人 (2010-01-31 21:16)

今週のDB改<br>ベジータの亡骸を土に埋めて葬ってあげた悟空。<br>以前、クリリンが「ベジータの墓ぐらい作ってやるか」と言ったことがありましたが、こんな形で実現するとは…。<br>死に際に息子カカロットがフリーザと対峙する光景を見て、意思を託したバーダック。<br>涙を流しながら、悟空に願いを託したベジータ。<br>父とライバルが果たせなかった遺志を継いでフリーザと対峙する悟空。<br>改では1話からフリーザが出たこともあって、ついにここまで来たという高揚感が湧き上がりました。

星描き人 (2010-01-31 21:48)

後、ベジータといえば、シンケンジャーの世界では、アクマロでしたが、<br>前日公開が始まった、シンケンジャーVSゴーオンジャーでアクマロ、太夫、十臓はゴセイジャーと交戦しました。

あいら (2010-02-01 22:29)

個人的には。。。ベジータに泣いて欲しくなかったんですけどね。

星描き人 (2010-02-01 23:13)

クラッキーの妄想。中3のくせにベッド妄想とは本当、とんでもないですね。

あいら (2010-02-03 03:43)

健全な男子なら普通かも。(笑)

星描き人 (2010-02-03 07:05)

ラブ、美希、祈里、せつな、隼人、瞬。<br>初期からの6人が戦いを経て、友達になったことも幸せな結末でした。<br>プリキュアでもラビリンス幹部でもない、素顔の6人が顔を合わせたこともそのことを象徴してました。<br>ノーザも改心してたら、那由他として皆と笑顔になっていたかもしれませんね。<br><br>余談。祈里はメビウスと一緒に前日から公開が始まった、シンケンジャーVSゴーオンジャーにも出ましたが、<br>祈里=ボンパーは彦馬と一緒に仲良く捕らわれるもダブルレッドに救出された後、仲良く、ナナシを倒しました。

人間0.5 (2010-02-03 15:00)

「桃園ラブ14才 血液型AB型 身長159cm」そんなに小柄でもなかったのね。<br>倒す前のボス級の敵を諭す、それはやっちゃダメ。どうせ自棄になっちゃうので、そういう奴は消える定めにある。<br>だって昔から「俺の気を少し分けてやった」→「バカヤロー!」 「こんな戦い意味がないよ」→「あと1分で自爆する」なんてあるし。<br><br>未来のための力を逆転させるだけで人類滅亡は怖いって。ジュエルペットと人間に余計溝が出来てしまうぞ。まぁ、このノリのアニメだし、それはないだろうけど。

あいら (2010-02-03 22:19)

ノーザが改心出来なかったのは爬虫類ベースで作られた存在だったからなんだろか? <br>100均のメジャーじゃ測定出来ないですしねぇ。(笑)

星描き人 (2010-02-03 23:32)

回想でベジータの父である、ベジータ王や髪が生えていた頃のナッパが出てきましたがどちらもアニオリとはいえ、貴重でした。

あいら (2010-02-04 23:09)

髪が生えてるナッパはさすがに不自然。(笑)



合計 Count 本日 Count 昨日 Count