トップ «前の日記(2008-03-30) 最新 次の日記(2008-04-01)» 編集
ブログランキング・にほんブログ村へ
RSS

燃えろ!!Amazon

Amazon.co.jp に、おすすめされた商品を記録しておくページ。
アニメ鑑賞日記、気になることなども萌えと燃えを中心に記録…かも。

個人的なDVDのおすすめ
『TVアニメ「ジュエルペット てぃんくる☆」ファンディスクBD [Blu-ray]』

個人的なミュージックのおすすめ
『夢路らびりんす [初回限定盤CD+DVD] TVアニメ「うらら迷路帖」OPテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition』

個人的なソフトウェアのおすすめ
『ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)』

個人的なゲームのおすすめ
『PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)』

個人的な本のおすすめ
『モンスター娘のいる日常 第12巻 OAD付き特装版 (リュウコミックスプレミアム)』

個人的なおもちゃ&ホビーのおすすめ
『アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 ローズフルール 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア』

個人的なエレクトロニクスのおすすめ
『WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]』

気になる言葉
Google
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|



2008-03-31 疲れ

[アニメ]生放送!帰ってきた今日からマ王!



今週からの第3シリーズ開始を前にした特番。しかも4時間10分にも及ぶ生放送。
キャラデザやら原作者やら小説イラストやら、関係者からFAXも続々。仕事しろ。(笑)
中の人は櫻井孝宏、斎賀みつき、森川智之、井上和彦が監督の出演。
監督の西村純二は第1部開始の17時から延々と最後まで出演。こりゃ大変だ。
司会を勤めるNHKの小松アナと、喜屋武ちあきは特濃。こいつらホンモノだ。
そんな中なぜかゲストで登場した、さとう珠緒は浮きまくりだったよ。



番組内容の方も非常に濃厚。見ているこっちが疲れてきたさ。
有利に名前を呼ばれたランキングなんて、スタッフが全話見て数えたそうな。ご苦労様です。
10位はアーダルベルトとゲーゲンヒューバーの27回。
7位は勝利とグレタ、ヨザックの37回。6位は意外にもフリンの38回。
5位はグウェンダルの68回、4位が村田の72回、3位がギュンターの74回。
2位はヴォルフラムの140回。そして1位はコンラッドの203回でした。
登場機会が少ないのに善戦した村田。オソルベシですなぁ。


そして公式ページで募集された人気エピソードの集計結果も発表された。
10位は2話「決闘!美少年VS野球少年」。9位は41話「コンラッドの帰還」
8位は1話「流されて異世界」。7位は18話「その愛のために」
6位は47話「いのちの証」。5位は59話「魔族、地球へ」
4位は31話「地の果て」。3位は52話「大地立つコンラート」
1位は同票で40話「絆のために」78話「マた会う日まで」
正直な所、間が開きすぎたんで前シリーズまでを良く覚えてなかったりもするんだよなぁ。(笑)

©喬林知・角川書店/NHK・総合ビジョン

[アニメ]GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 応援番組 花満開あなたにもっと近づきたい #01


BS11での放送を直前に控えた、宣伝番組の1回目。
今回はヘンニナッタヘンリエッタ役の阿久津加菜と、ジョゼ役の三戸耕三が出演。
アニメの中では息ピッタリの2人も、役者としての2人は全くと言っていい程に通じ合ってなかったよ。(笑)

©相田裕/メディアワークス・マーベラスエンターテイメント

[アニメ]みなみけ~おかわり~ #13


春香が留学。そんな話を聞いた夏奈の対応は意外なまでに冷静なモノであった。
千秋は留学を阻止しようとするのだが、夏奈は制止。春香を送り出してあげようと告げる。
おかわりの夏奈って、自分が楽しければ周囲に迷惑掛けようが何しようがお構いなし。
そんなイメージだったんだけど、最終回に来て妙にしっかりしてるんだよなぁ。
そんな夏奈の言葉に、千秋もグッと我慢する事にしたようだ。
翌朝には、小学生組の皆さんには夏奈から連絡済。相変わらずの連絡網ですな。
このシーンのくねくね内田が可愛すぎ。
内田は海外に行きたいと言っていたけど、海外に連れ去られたりしないかと心配になっちゃうよ。


はやみを加えたバレー部3人組が話をしていると、いつものように保坂が聞き耳を立てていた。
保坂は春香を追う気マンマン。一途な男ですなぁ。。。気持ち悪いけど。
春香に心配を掛けさせないためには、自分達で家事全般をこなさなければならない。
ここで夏奈はケイコから、基本となる「さしすせそ」なる言葉を告げられる。
ところが、その言葉の意味を夏奈も小学生組も全く解らない。


家事の基本と勘違いしているようだけど、実際は料理の基本。
砂糖、塩、酢、醤油、味噌の事を指してるんだよね。
皆さんなりに裁縫、躾け、水洗トイレ炊事、洗濯、掃除だと考えたようだ。


とりあえず料理から実践。ハンバーグを作る事になった。
まずはタマネギ刻みから開始。ゴーグルを準備している吉野はしっかり者ですな。
そして材料をこねこね。その微妙な触感に新たな快感を覚える内田。
ああ。。。内田にこねこね、にぎにぎして貰いたいモノですなぁ(意味不明


更にテーブルの上に置かれていたシュウイチプレーンヨーグルトに注目。
混ぜ込みたい衝動に駆られるが、ここは千秋に制止された。
そして焼き担当の夏奈は、慣れない作業のおかげで火加減最悪。
しかもハンバーグはボロボロに割れてそぼろ状態。試食係のマコちゃんと冬馬は顔が引き攣る。
気を取り直しての第2ラウンド。内田は強力粉を混ぜる気マンマンだ。


こうして完成したのは妙に粘っこいモノ。何とも言えない歯ごたえに2人の顔が歪む。
さらに試行錯誤は続くのだが、内田は完全に混ぜる喜びに目覚めてしまった。
それでも味噌やらマヨネーズってのは、わりとアリだと思うんですけどね。
そんな感じで2人をトイレの住人にするという貴い犠牲を払い、どうにか完成する。
マコちゃんと冬馬は災難でしたなぁ。。。


その夜、いつもはケンカばかりの夏奈と千秋は一緒のベットで夜を過ごす。
春香が居なくなる事を考えると、2人共寂しくて寂しくて堪らないようですな。
翌朝2人は掃除、洗濯を自ら行う。この状況に春香は驚きつつも嬉しそう。
そして散々苦労して完成したハンバーグも、美味しいと言って貰えて2人は大喜び。
それでも千秋は我慢の限界を迎え、思わず春香に泣き付いてしまう。


すると同様に我慢を続けてきた夏奈も限界。千秋と共に春香に抱き付く。
状況がサッパリ理解出来ない春香。ここでようやく留学の件であると知る。
自分を慕ってくれる可愛い妹。春香は当然ながら2人を置いていく事なんか出来ないわけで。


春香は留学なんかしないとキッパリ。
こうして3人は一緒に居られる幸せを噛みしめるのでありました。


でも結局、留学の件はどういう事だったんだろうか?
マキの早とちりみたいな描かれ方をしてたけど、確かに先生は南さんに頼むと言っていた。
これは春香が留学すると耳にした保坂が立候補。そのおかげで保坂が留学になったんですかね?
最後の最後までオチが良く解らない。さすがはおかわりと言うべきか。
それにさ、無印のOP「経験値上昇中」をわざわざ使うのはどういう事なんだろか?
異なる2つのスタッフが描くってのが売りだったはずなのに。サッパリ解りません。
とりあえず言いたい事はいろいろあるけど、内田を可愛く描いてくれた事にだけは拍手。
内田かわいいよ内田。これが、おかわりの全てだったと思う。(笑)

©桜場コハル・講談社/みなみけ おかわり製作委員会

[アニメ]チーズスイートホーム #01


迷子になってしまった子猫のチー@こおろぎさとみ。
公園で途方に暮れている所でヨウヘイ@小桜エツ子、お母さん@日高のり子と出逢う。
ころみは。。。またしても非・人間キャラなのか。(笑)

©こなみかなた・講談社/テレビ東京・チーズスイートホーム製作委員会

[アニメ]しましまとらのしまじろう #726


超・長寿アニメが節目を迎えたので保存。
放送開始は1993年12月13日。当時は夕方の放送だったので初回は観た記憶アリ。
14年超ですか。。。そりゃ歳も取るわな(苦笑

©Benesse Corporation

本日のツッコミ(全16件) [ツッコミを入れる]
ふ~ (2008-03-31 14:15)

ED。 次女の将来はOLなんですか?

あいら (2008-03-31 14:37)

正直、アレが意味するモノも理解不能。夏奈であるかも不明だし。

独士ム・ジ (2008-03-31 22:50)

何というか、フユキの扱いといいアスリードのオリジナルをやる予定だったのが制作途中に急遽テコ入れが入って<br>変に一期の作風が混ざりこんだって印象は拭えませんね。<br>どっちにも徹しきれず中途半端に終わったという典型パターンを踏みましたな。<br>あとフユキの中の人はおかわりで関わった人間で実質一番の被害者なのは言うまでもありません。<br>けど別に声優に罪はないんですし今後も頑張って欲しいです。

ゴージャス仮面 (2008-03-31 23:04)

しまじろう。もう15年目なんですね。月日が経つのは早い!

Mouseion (2008-03-31 23:13)

らむりんの格好が変わって2年位で見ないようになりましたっけ。いい思い出です・・・

あいら (2008-03-31 23:27)

風評は間違いなく耳に入ってるでしょうしね。しかもそれが演技とは無関係の。。。辛かろう。 <br>しまじろうはとりあえず今回で最終回。次回からはタイトルが変更。内容は。。。どうなんだろか? <br>久々に見たらすっかり変わってて驚愕。(笑)

ゴージャス仮面 (2008-03-31 23:45)

アニメ版しまじろうでは井上喜久子が演じるお母さんが好きでした。

れつ (2008-04-01 12:19)

せっかく直ったモブがまた黒くなったのは冬木真澄が手紙を出したからですか?W

レン (2008-04-01 13:56)

フユキの存在、中途半端に黒さが取れたり、普通になってまた黒くなったモブ顔、<br>最後の恥ずかしいタイトルの絵オチと、独りよがり感の漂うおかわりでしたが<br>内田の可愛さは今期で炸裂しましたねー。

あいら (2008-04-01 17:34)

キャラ的には断然らむりんが好き。(笑) <br>いろんな意味で方針やら何やらがブレまくりでしたな。。。 <br>内田可愛すぎだよね。それだけが救い。

ゴージャス仮面 (2008-04-01 23:27)

らむりん。演じる杉本沙織はガンダムWのキャスリンですね。

あいら (2008-04-01 23:33)

未だに鈴木砂織の名前の方がピンと来ますよ。

katsu (2008-04-02 18:49)

「経験値上昇中」を流したのは、2期スタッフによる無条件降伏と勝手に解釈しています。「1期製作チームに負けました」と。

あいら (2008-04-02 23:17)

おかわりは2期じゃないです。来るべき2期へのステップですよ(酷

ゴージャス仮面 (2008-04-03 22:36)

しまじろう。月曜が休日なときの楽しみでした。

あいら (2008-04-04 02:48)

全話見続けた強者は居るんだろうか。。。



合計 Count 本日 Count 昨日 Count