トップ «前の日記(2008-03-22) 最新 次の日記(2008-03-24)» 編集
ブログランキング・にほんブログ村へ
RSS

燃えろ!!Amazon

Amazon.co.jp に、おすすめされた商品を記録しておくページ。
アニメ鑑賞日記、気になることなども萌えと燃えを中心に記録…かも。

個人的なDVDのおすすめ
『TVアニメ「ジュエルペット てぃんくる☆」ファンディスクBD [Blu-ray]』

個人的なミュージックのおすすめ
『夢路らびりんす [初回限定盤CD+DVD] TVアニメ「うらら迷路帖」OPテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition』

個人的なソフトウェアのおすすめ
『ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)』

個人的なゲームのおすすめ
『PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)』

個人的な本のおすすめ
『モンスター娘のいる日常 第12巻 OAD付き特装版 (リュウコミックスプレミアム)』

個人的なおもちゃ&ホビーのおすすめ
『アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 ローズフルール 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア』

個人的なエレクトロニクスのおすすめ
『WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]』

気になる言葉
Google
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|



2008-03-23 牛丼食べたい

[アニメ]true tears #12


飛ぶ事を強要する乃絵だが、地べたは拒絶。
地べたは飛ぼうとしないのではなく、飛ばない事を自らの意志で選択していた。
それは飛ぶ事と何ら変わらない勇気。乃絵は気付いていたようですな。
そして全てに於いて、何も決められないで居る自分に苛立ちを覚える眞一郎。
踊りも、絵本も、そして乃絵と比呂美の事さえも。
いきなり、オギャーオギャー叫び始めた時は何事かと思ったよ。
でもそれは今までの自分から、生まれ変わるという覚悟の現れでもあった。


ついに麦端踊り当日。ママンも比呂美も着物姿が艶やかですなぁ。
やはり和服最高。日本人に生まれてきて良かったと思う瞬間ですよ。(笑)
ママンは比呂美を眞一郎の手伝いへと向かわせる。
すっかりママンは、比呂美を眞一郎の嫁にする気マンマンですな。
その頃、踊りを見に行かないと心に決める乃絵。だが、その意志を貫く事は出来なかったようで。


フラっと姿を見せた乃絵。何も知らない愛子は眞一郎の彼女が逢いに来たと理解。
だが、比呂美はキッとした態度で「彼女は私です」と呟く。
コレは怖い。自分が彼女なのだと信じ続ける言葉様を思い出してしまったぞ。
呆然とする愛子。早めに脱落したのは絶対に吉だと思うよ。


比呂美に呼び止められ、眞一郎との関係をそっとしておいて欲しいと告げられる乃絵。
ここで流した比呂美の涙は真実の涙。乃絵は綺麗よと告げてその場を立ち去る。
その頃、踊りの花形なのに今川焼きをボ~ッと食する眞一郎。三代吉は心配そうだ。


再び家へと戻った乃絵は、純が進学を止めて東京で就職するという話を聞く。
突然すぎる純の行動を理解出来ない乃絵は、考え直させようと必死。
すると純はキスをしたいと言い出して、乃絵はコレを了承する。
でも純がしたいのは、兄妹の微笑ましいキスではなく男と女のキス。
乃絵は想いをやっと理解し、そして純は真実の涙を流す。
比呂美の心の底も、純の心の底もその目で見る事が出来なかった乃絵。
そして眞一郎の心の底も。乃絵は自分で自分を追い詰めちゃいますよ。
どうして乃絵は、ここまで苦しまねばならないんだろうか。
こんなにも、一気に追い詰めるような状況を作らないでくれよう。


麦端踊りはクライマックス。眞一郎の本気の踊りに観客は大いに盛り上がる。
そして比呂美も格好良さを前に喜ぶのだが、眞一郎の目には乃絵の姿だけが映って居た。
その事実に気付いた比呂美は、踊りの後に引き留めようとした。
だが、眞一郎はそのまま姿を消した乃絵を探しに走り出す。


幼い頃の夏祭り。草履を無くして泣いた自分の手を引いて一緒に歩いてくれた眞一郎。
でも今はもう、隣に眞一郎は居てくれない。比呂美は寂しさを堪えるのに必死だ。
その頃、乃絵は学校の木に登って雷轟丸の気持ちを知ろうとしていた。
そうすれば自分にも眞一郎の心の底が見えるようになる。そう信じて。
ようやく自分にとって大切なのは乃絵だと気付いた眞一郎。
だが駆け付けた時、そこには木から飛べずに転落する乃絵の姿があった。
まさかとは思うけど、眞一郎の以前の絵本のようなバッドエンドにはならないよね?
全ては後の祭りだなんてブラックジョークだけは勘弁してくださいよ。ホントに。

©true tears製作委員会

[アニメ]シゴフミ #12


実の父である美川キラメキを告訴。マスゴミはフミちゃんを巡って連日大騒ぎ。
それは3年ぶりに学校へと通い始めたフミちゃんを精神的に追い詰める。
生徒達は面白おかしく噂話。さらにはケータイで写真を撮りまくり。
要と同じ学校とは言え。。。何かと騒ぎの多い、この学校に入れたのは問題では?
自殺&父親立て籠もり事件、イジメからの傷害事件。
ただでさえマスゴミの好物揃いに、時の人までだもんなぁ。
それでもフミちゃんは学校が楽しいと言う。
要はフミちゃんを見守る日々なのだが。。。夏香としては複雑。
夏香が神社に駆け付けた時に聞こえた銃声。それはフミちゃんがミカちゃんを撃ったモノ。
仲良く過ごしたミカちゃんとの日々を思い出すと、フミちゃんを簡単には受け容れられないようだ。
そんな心境を語り、さらには要に愛の告白。
要が好きなミカちゃんという存在が消え、夏香は遠慮をする必要が無くなったと言う事ですか。
だが、そんな所をフミちゃんが聞いていたから大変だ。


家にもマスゴミが押し掛け、夏香のパパンもママンも精神的に限界。
学校にも家にも居場所が無くなったと感じ始めたフミちゃん。
ここで唯一、頼れる存在がキラメキと離婚したママン・キレイ@村井かずさ。
だが実はこのキレイがキラメキ以上にロクでもない女。
女の幸せである結婚、出産をしてみたいだけでフミちゃんを産んで、後は興味なし。
養育費は送るけどそれ以上は知らないと、本人を前に言い切りますよ。
絶望したフミちゃんは、嫌いだったはずのキラメキの家へ。
何だかんだで自分という存在を認めてくれたのはキラメキだけ。その事実に悲しむ。
そこに消えたかと思われたミカちゃん登場。ここから先は問い詰めバトルが開始される。
さらには平手打ちやら、拳で殴ったり。。。どうなってるのやら。
そして、好きとか嫌いとかじゃなくフミちゃんが心配な要は走る。
ミカちゃんが消えてしまったと鬱ぎ込んでいた千秋も立ち上がる。
実はミカちゃんだけでなく、フミちゃんも大好きな夏香もカナカと共に走る。
何だか。。。青春って感じのシーンですなぁ。


神社で聞こえた銃声も、引き金を引かなかったフミちゃんの代わりにミカちゃんが引いたモノだった。
キラメキから逃れる時はミカちゃんに頼り切ってしまったと後悔したフミちゃん。
だからこそ、今度は自分だけで乗り切ろうと無理をしていたようだ。
そしてミカちゃんも単なるミカちゃんの身代わりでなく、いろいろとしたい事もあった。
こうして2人は本音で語り合って、怒りをぶつけ合う。
元々はキラメキの虐待から精神を護るために生み出されたミカちゃん。
本来ならば存在しないはずの自分が存在出来るのは、フミちゃんのおかげ。
そんな想いを告げられるとフミちゃん大泣き。そしてカナちゃんも大泣きですよ。


こうして皆さんが駆け付けると、そこでは2人が揃って大泣きしている謎な状況。
大人のお姉さんであるチアキは、そんな2人を前に微笑むのでありました。
結局、チアキの秘策によってカナちゃんは配達人として存在続けられる事に。
元気を取り戻し、以前よりも精神的に逞しくなったフミちゃん。
街で擦れ違ったカナちゃんに、自分の中になんか入れてあげないと笑顔で呟く。
とりあえずの所はハッピーエンドで何より。
でも要の恋関係が、どうなったのか描かれなかったのが不満かな?
チアキのパートナーであるカナカの出番が少なかったのもちょっとね。

©湯澤友楼/バンダイビジュアル・ジェンコ

[アニメ]しおんの王 #22


紫音が喋った!喋ったよ。。。
全てが終わって緊張の糸が解けた紫音と同様に、作画の緊張も解けてたのが気になりましたが。
DO!深夜枠に括られたり、単独枠になったり、放送時間が常時不定だったり。
最終回まで見続けられた視聴者全員に、惜しみない拍手を贈りたい(意味不明

©かとりまさる・安藤慈朗・講談社/「しおんの王」製作委員会

[アニメ]はたらキッズマイハム組 #24





ネット漫画「時空くノ一・ナジー」は人間の世界でもハムスターの世界でも大人気。
その原作者・浜村星美は2人組。ストーリー担当はジーンであった。
作画担当の漫画家・浜村浩太@松野太紀が骨折。皆さんで手伝う事に。
ここでジーンは浩太にはストーリー作りの才能もある事を知る。
こうしてジーンは海外に行くからと嘘を付き、弱気だった浩太の背中を押した。
マイハム組の掟があるとは言え、ジーンと浩太を逢わせる事は出来なかったんですかね?
浩太ならば全てを受け容れて、本当の意味でのジーンのパートナーになれたろうに。

©テレビ朝日・東映アニメーション

[アニメ]ゲゲゲの鬼太郎 #50





結婚を控えた青年・邦夫@森川智之は毎晩金縛りに遭って精気を吸われていた。
事情を聞いた鬼太郎は、婚約者の杏子@雪野五月の態度に違和感を覚える。
調査の結果、杏子は既に死亡。その際に遺体が消えてしまった過去があった。
杏子の正体を暴くべく、鬼太郎は画家に扮して霊紙と霊筆を使って106の質問と共に絵を描く。
こうして杏子を操っていたのは、おんもらき@中尾隆聖と判明。
だが、苦しむ杏子を見ていられなかった邦夫は、鬼太郎の邪魔をしてしまう。
おんもらきは既に魂が存在しない杏子に、邦夫の精気を吸わせようとする。
しかし、ここで邦夫の杏子への愛が奇跡を生んだ。
愛する邦夫を護るべく、一瞬ながら甦った杏子の魂。
邦夫に生きていて欲しいと微笑み、おんもらきを封じるべく絵を完成させて欲しいと告げる。
こうして邦夫は鬼太郎の代わりに絵を完成させ、おんもらきを封じる事に成功した。
だが、それと同時に杏子も再び永き眠りに就くのであった。
陰摩羅鬼の話が、こんなにも感動すお話になるなんて。。。オソルベシだな。
ここは精霊会議でも何でも良いから、杏子を甦らせて邦夫と幸せにさせて欲しかったよ。

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

[アニメ]おねがいマイメロディ すっきり♪ #51


ダー子の活躍で華麗なる復活を遂げたダーちゃん。
ところが皆さんはダーちゃんの事など完全に忘却。
漆黒に輝くキャラが誰であるかを思い出せずに苦しんでいた。(笑)
散々ヒントを出しても全く思い出さない皆さんに、ダーちゃんは怒り心頭。
ダー子と合体して巨大化。思い出せビームを照射して大暴れする。


この状況でも思い出せない皆さん。しかしビームが命中してメロディタクトが大破。
メロディマークが出来なくなり、この事態を収拾する術が無くなったと思われた。
だが、ここで負け犬5人組が颯爽と登場。負け犬レンジャーに変身する。


負け犬ビームで攻撃を仕掛けるが所詮は負け犬。全く通用しない。
それでも諦めずに、庶民ゾウはみんなから負け犬オーラを分けて貰う。
テレビの前の負け犬のみんなにも、負け犬オーラを送るように訴えるクロミ。
これは酷い。視聴者は全員負け犬確定って事ですかい。(笑)


こうして集まった膨大な量の負け犬オーラは、超巨大な負け犬玉に。
あとはコレをぶつければ着実なダメージを与えられ、事態を収拾出来るはず。
ところが重くなりすぎた負け犬玉に庶民ゾウは耐えられず、押し潰されてしまう。
こうして負け犬玉は地球を直撃。地球最期の瞬間はあっけなく到来しましたとさ。
呆然となる皆さん。とりあえずここは無かった事にしてやり直しですよ。
ハリーが転がるまでもなくやり直しが可能なんて。歌は成長したなぁ。(笑)


そんなバカ騒ぎをしている間に、マイメロが思わずダーちゃんの名前をポロリ。
皆さんも完全に思い出し、ダーちゃんは思い出して貰えた事に幸せを噛みしめる。
すると、すっきりしたダーちゃんからはキラキラ玉が出現。
こうしてキラキラ玉がコンプリート。こりゃ斜め上を行く展開ですな。
ついにプリンセスになってしまったマイメロ。このまま事態を収拾してしまうのか?
ゆるゆるすぎるマイメロの事だから、またくだらないお願いで皆さんを脱力させるのでしょうな。
次回、最終回。恒例の温泉も気になるけど、今年も地震が来るのかが一番気になるよ。

©SANRIO CO., LTD. サンリオ/ウィーヴ・テレビ大阪・マイメロディ製作委員会

[アニメ]ハヤテのごとく! #51


咲夜かわいいよ咲夜。
今回はハヤテとナギの雰囲気が良すぎで、まるで最終回。
でも個人的見所は咲夜なのですよ。
今更ながら、白皇の合格を譲ってくれた礼を告げるワタル。
ビッグな男になったら借りを返すとの言葉に、咲夜は胸キュン。
ツッコミを入れたけど、アレは照れ隠しだよねぇ。
ひょっとしたら咲夜とワタルってカップリングもアリかもしれないなぁ。


でも、こちらも当然見逃せないわけで。(笑)

©畑健二郎/小学館・三千院家執事部・テレビ東京

本日のツッコミ(全14件) [ツッコミを入れる]
(2008-03-23 11:54)

しごふみ~おかわり~(笑

matsu (2008-03-23 14:26)

しおんはあまりにも放送時間が不安定なのでBSフジに乗り換えました…<br>ほんとこの枠というかノイタミナ以外のフジの深夜アニメは。<br>二十面相の娘も最初のうちはフジで見るかもだろうけど、結局はBSに行っちゃうかも。

くぼた (2008-03-23 16:42)

マイメロ、次回で最終回ですね。次のシリーズはキャラ入れ替えするみたいだし。<br>第1話の感想では、「期待してなかったが~」と書かれてたのが意外だった<br>のを思い出した。ま、「期待してない作品に限って面白い」のは定番かもwww<br>つうか、期待通りだった作品はここ最近であったのか疑問。

ネ~ム~ (2008-03-23 18:43)

true tearsどうなりますかね。<br>落ちたときの音が怖くって怖くって数秒フリーズしてましたよ…<br>最終回どうなることか…とりあえず乃絵が無事なことを祈ります…

あいら (2008-03-23 20:07)

積極的におかわりはしたくないなぁ(苦笑 <br>何だかんだで数話見逃してる身としては、BSフジの放送は有り難い。でも、せめて1週遅れ位にして欲しいですよ。 <br>30分が半分以下に減らされちゃ期待しちゃ、いけないと思うでしょ。(笑) <br>雪が積もってるから。。。と信じます。

ui (2008-03-23 20:28)

 先祖の過ちにより、どれだけ愛し合っても結ばれなかった邦夫と杏子、もし杏子が生きているうちに邦夫に出会っていていたら、今とは違う時を過ごせていたのではないかと考えると涙が・・・<br> この二人を見てるとろくろ首と誠の悲しい未来を創造してしまいます、この二人はお互いに同じ存在になったという展開でも結ばれてもらい。<br><br> それとまさかあのダーちゃんがピンクの破滅のファイナルキーだったとは・・・封印を解いてもらったことへの恩返しなのか?

ゴージャス仮面 (2008-03-23 21:29)

予告通りちゃんと今回の執事通信でハヤテの女装がありましたね。ナギ、グッジョブ!!

ちるだ~ (2008-03-23 21:43)

フミとミカとカナカがコンランしてしまいますな。

any0ne (2008-03-23 22:28)

今朝はマイハムも鬼太郎もマイメロも傑作で幸せでした。<br>日曜の朝から死体踊りとはびっくり。

しょう (2008-03-23 23:28)

やったー。しおんが喋った。フレー、フレー、しーおーん。

kap (2008-03-24 01:07)

しかし最終回まで見てつくづく思います、しおんに川澄綾子は<br>ねぇなぁ・・・と。<br>セイバーの時もでしたけどいい悪いじゃなくて合う合わないはあると思うんですよ。

あいら (2008-03-24 06:49)

ろくろさんにはいつまでも幸せで居て貰いたいですなぁ。 <br>それにしてもナギのアレは愛の告白だったよねぇ。ハヤテもいい加減気付こうぜ~。 <br>フミちゃんよりもミカちゃんよりもカナカが可愛いと私は異端ですかね?(笑) <br>腐乱してなかったのが救い。。。 <br>キッカケがキッカケだけに素直には喜べないけど、真相が明らかになったし良しとしますかね。 <br>個人的にはそんなに違和感なかったですけどね。原作への思い入れの違いかもしれませんが。

ゴージャス仮面 (2008-03-24 07:34)

松野太紀。すっかりテレ朝の日曜朝の東映作品の馴染みになってますね。ちなみに私はシュリケンジャーが一番印象に残ってます。

あいら (2008-03-24 12:30)

未だにチャチャでのイメージが。。。

続・たてまつやんの戦闘記:true tears 第12話 「何も見てない私の瞳から」 感想−最終回じゃなかった…。 (2008-03-23 06:36)

第12話のキャプ付き感想です。


とりあえず、最終回だと思って見てたぜww


眞一郎の想いが少し見えた気が。


比呂美が眞一郎を好き祟..

続・たてまつやんの戦闘記:シゴフミ 第12話(最終回) 「シゴフミ」 感想−悪くない最終回だった! (2008-03-23 12:16)

第12話(最終回)のキャプ付き感想です。


ニコ動のコメントは否定的なものばかりでしたが、


個人的にはなかなかいい最終回だったと。
...



合計 Count 本日 Count 昨日 Count