トップ «前の日記(2007-10-25) 最新 次の日記(2007-10-27)» 編集
ブログランキング・にほんブログ村へ
RSS

燃えろ!!Amazon

Amazon.co.jp に、おすすめされた商品を記録しておくページ。
アニメ鑑賞日記、気になることなども萌えと燃えを中心に記録…かも。

個人的なDVDのおすすめ
『TVアニメ「ジュエルペット てぃんくる☆」ファンディスクBD [Blu-ray]』

個人的なミュージックのおすすめ
『夢路らびりんす [初回限定盤CD+DVD] TVアニメ「うらら迷路帖」OPテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition』

個人的なソフトウェアのおすすめ
『ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)』

個人的なゲームのおすすめ
『PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)』

個人的な本のおすすめ
『モンスター娘のいる日常 第12巻 OAD付き特装版 (リュウコミックスプレミアム)』

個人的なおもちゃ&ホビーのおすすめ
『アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 ローズフルール 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア』

個人的なエレクトロニクスのおすすめ
『WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]』

気になる言葉
Google
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|



2007-10-26 疲れ

[アニメ]逮捕しちゃうぞ フルスロットル #01


これまた何回目のアニメ化になるのかわからないアニメ。
どうして、藤島作品ばかり何度も何度もアニメ化されるのだろうか?
今回、鍵になるのは金髪ショタ・ランディ@渡辺久美子。
相続絡みで何かと狙われている感じなのだが。。。

©藤島康介・講談社/墨東署交通課

[アニメ]CLANNAD #01


無気力な毎日を、惰性で過ごしている所で出逢った少女・古河渚@中原麻衣。
岡崎朋也@中村悠一は、何やら独り言を呟く渚に声を掛ける。
渚は病弱なおかげで卒業できずに留年。何かと過ごしにくい日々を過ごしていた。
そんな渚を、朋也は自分とどこか似ていると感じたようだ。
繰り返される変化に乏しい日常の中、この出逢いは2人にとっての特別だったみたいですな。
とりあえず、いつも通りに登場人物をメモしておきますかね。
相楽美佐枝@雪野五月。凶暴だけど何かと頼れる寮母さん。
春原陽平@阪口大助。朋也の親友で三枚目担当。何かと不運な男である気がする。


僕の声@矢島晶子。正体不明の少女。学校で目撃されると噂の幽霊なのだろか?
藤林椋@神田朱未。朋也のクラスの委員長でトランプ占いが得意。
クラスで浮き気味の朋也に普通に接する良い娘。どうやら恋愛感情を抱いている様子も。
藤林杏@広橋涼。椋の双子の姉。妹を泣かせる者には容赦しない。
こちらも朋也に対しては、ごくごく普通に接しているようだ。
坂上智代@桑島法子。最近転校してきた2年生。不良達の間では伝説になっている最強娘。



渚の家はパン屋さん。そこで売れ残っていたパンの試食を勧められる。
「和み」がコンセプトらしいパンの中には、せんべいが。斬新すぎる。(笑)
パンにダメ出しをすると、渚のママン・古河早苗@井上喜久子はショックを受ける。
ママンを泣かせると恐ろしいオーラを纏ってパパン・古河秋生@置鮎龍太郎が迫り来る。
朋也が渚の友達であると判明し、どうにか命を落とさずに済んだようですな。
こうして古河家に大歓迎され、夕食までご馳走して貰っちゃう。
おバカな一家だけど、暖かく非常に居心地の良い家庭。悪くないと感じているようだ。
そんな朋也の家はママンが事故死の後、パパン・岡崎直幸@中博史は酒とギャンブルにのめり込んでしまった。
朋也が世間で言う所の、不良少年になってしまったキッカケですかね。
帰宅後も現実から逃げるべく走り出し、いつしか自然に渚の家へと辿り着く。
そこで朋也は不意に、渚に「願いの叶う場所」へと誘われる。
演劇に興味を持っていた渚。これは1人で練習をしていた所に出会した感じですかね?
ゲームは全くやってないので予備知識ゼロ。素直に楽しめそうですよ。。。

©VisualArt's/Key/光坂高校演劇部

[アニメ]FNS地球特捜隊 ダイバスター #74


屋形船の家賃を調査。港区台場の物件扱いで月28万円だそうだ。
レンタルビデオ屋の入会説明でしたから懐中電灯を当ててホラー風味に。
これよりも博士の言う通り、暗い夜道でケータイメールする女性の方が怖そうだ。
「だるまさんが転んだ」は1人だと面白くない調査。
無理矢理やらされたAD小田を端から見てる分には、別の意味で面白いかも。
今回も視聴者プレゼントあり。銀河万丈サイン入りダイバスターグッズ。
牛丼の特盛を全部食べられない銀河万丈。メガ牛丼なんか絶対無理か。。。

©Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.
©THE WORKS,Inc. All rights reserved.

[アニメ]スカイガールズ #17


ワームとの戦闘中に怪現象に巻き込まれたスカイガールズは無人島に漂着。
ミノフスキー粒子(仮)の影響で通信機器は使用不可能。
ナノスキンジェルも使えず、ソニックダイバーでの脱出も不可能。
救助が来るまでの間、サバイバル生活を余儀なくされる。
こんな状況で、妙に盛り上がる音羽。アウトドア大好き娘なのか。
キャンプ地にて設営準備。とりあえず魅惑の水浴びタイムとなりますよ。
それなのに瑛花は水浴びをしてくれない。なんてこったい。
ああ、ひょっとして瑛花は女の子の日だったりしましたかね?(妄想しすぎ


定番の葉っぱ服。
やっぱり音羽は楽しそうだ。


風に吹かれて飛ばされる葉っぱ服。おっぴろげ状態ですよ。(笑)
どうせなら他の娘も全員揃って、葉っぱ服にして欲しかったなぁ。
この後は食料調達、住居設営と大忙し。
海育ちの音羽にとって釣りはお手の物らしく、大漁大漁。
一方で、エリーゼの竿はピクリとも動かない。
音羽の使っていた生き餌を見せられて悲鳴を上げるエリーゼ。
ひょっとして、餌も何も付けないで釣りをしてたんですか?
その頃、住居設営の瑛花は悪戦苦闘。意外にも不器用な所を見せてくれる。可愛いのう。


大量の魚を瑛花が調理。と言っても焼き魚にしただけなのだが。。。生焼け。
日本では生焼けの魚を「たたき」と誤魔化す事が可能。素晴らしい文化ですな。
料理の腕の酷さに、落ち込んじゃう瑛花。これまた意外な一面だなぁ。
ここでエリーゼはたたきを焼き魚へと進化させるべく、バッハを召喚。
その絶大な火力でこんがり熱々に焼き上げようとするが、当然のように失敗で終わる。
エリーゼ無茶すぎ。死傷者が出なかっただけ良かったと思わないとね。


可憐の情報分析能力により、星の位置から現在位置を大まかながら把握できた。
攻龍からは遠くない位置なので、すぐに助けが来る。そんな瑛花の言葉にエリーゼは一安心。
ところが翌日になっても救助は来ない。しかも天候が悪く何も出来ない状況だ。
瑛花は待機を命令するのだが、エリーゼは何もしないでいる事に不満を顕わに。
何もしないと命令するだけなら、自分でもリーダーになれると瑛花に食って掛かる。
またしても啀み合う2人。仲裁をする音羽も大変ですなぁ。
これ以降、エリーゼは瑛花の命令を無視。さらに食事も取らなくなってしまう。


食料調達。アウトドアライフのエキスパートらしい音羽は見事に食材を調達。
それに対して瑛花が調達したのは致死性の高い植物ばかり。(笑)
設営ダメ、料理ダメ、調達ダメ。エリーゼにリーダーもダメ出しされた事もあって激しく落ち込む。
そんな瑛花の代わりに自らリーダー就任を宣し、無人島でのアウトドアライフ満喫を提案する音羽。
そんな無茶苦茶な提案に瑛花は怒り、いつもらしさを取り戻した。
いやぁ、音羽のこういう所って凄いと思いますよ。ホントに。
その頃、エリーゼは1人で水浴び。何か覚悟を決めた様子なんですが。。。


サトウキビを発見。これならばエリーゼも食べてくれるだろうと瑛花は呟く。
何だかんだでエリーゼの事が心配で堪らない。良い娘だよなぁ。
ところがキャンプ地へと戻るとバッハが見当たらず、エリーゼの姿も見えない。
エリーゼはイカダを作って島から脱出。救助を求めるつもりらしい。
ところが大波に攫われて、出港直後に海に転落という最悪な状況を迎えてしまう。


そんなエリーゼの危機に駆け付けたのが瑛花。雷神から海へと飛び込む。
こうしてエリーゼは救われたわけだが、海へと落ちて溺れちゃったわけですよ。
こうなると当然ながら人工呼吸が必要不可欠のハズなのだが、そこいらの描写はなし。
恐らく、瑛花が魅惑のまうすちゅ~まうすでエリーゼを甦生させたのだろう。
ここいらは映像特典でも良いので、是非是非DVDに収録していただきたい。


心配で心配で堪らない瑛花。エリーゼが目を覚ますと目に涙を浮かべてますよ。
もうさ。。。瑛花とエリーゼはラブラブすぎ。このまま結婚しちゃえよ。
救助が来なければ、このまま無人島でイヴとイヴになるのもありだと思いますよ?(笑)
でも、サトウキビパーティー中に冬后と僚平が救助に登場。
妙に盛り上がるスカイガールズを前に呆然とするのであった。。。
救助に来るならば水浴び中か、貝合わせの最中がお約束だろ。冬后と僚平には猛省を促したい。
スカイガールズ各人の能力やらが見事に描かれた今回のお話。
4人は絶妙すぎるバランス。エリーゼの存在は、瑛花の潜在能力を十二分に引き出すようだしね。
2クール目に入ったのに前回、今回とわりと余裕を見せたストーリーが続いた。
でも今後は、対ワーム戦でシリアスな展開が続く事になるのでしょうなぁ。

©Konami Digital Entertainment Co.,Ltd/スカイガールズ製作委員会

[アニメ]ご愁傷さま二ノ宮くん! #04


麗華かわいいよ麗華。
このアニメはタイトルを「ご愁傷さま麗華ちゃん!」に変えるべきだよなぁ。
どぢっ娘も度を過ぎれば迷惑なだけ。そろそろ真由にイライラしてきましたよ。
まぁ。。。麗華さえいれば、他はどうでもいいんですがね。ヽ(´ー`)ノ

©鈴木大輔・高苗京鈴/富士見書房/ご愁傷さま二ノ宮くん製作委員会

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]
K (2007-10-26 14:53)

でももし本当に水浴び中か貝合わせの最中に冬后と僚平が救出に来てたら赤面化した四人にぶっ飛ばされてる所だったのではないかと。それに下手すれば放送コードアウトなってる所でもあったよ。

南斗孤鷲拳 (2007-10-26 17:55)

>相楽美佐枝@雪野五月。凶暴だけど何かと頼れる寮母さん。<br>春原陽平@阪口大助。朋也の親友で三枚目担当。何かと不運な男である気がする。<br><br> 中の人達が『銀魂』の志村姉弟・・・

あいら (2007-10-26 23:38)

貝合わせはともかく水浴びやら着替え中はお約束でしょうに。 <br>常時凶暴モードっぽいですけどね。(笑)

くぼた (2007-10-27 00:19)

藤島作品は、本当に作品が劣化するまで繰り返しアニメ化し続けるかもね

あいら (2007-10-27 04:29)

そこまで繰り返されるのは人気があるって事なんでしょかね?それともメーカーに何か思惑アリなのか。

ゴージャス仮面 (2007-10-28 11:27)

バッハを使って魚を焼こうとして失敗したエリーゼ。<br>ベタなギャグながらも大笑いしました。

あいら (2007-10-28 22:56)

焦げただけで済んだエリーゼはギャグキャラ認定。(笑)

K (2007-10-29 11:12)

この間のきら☆レボはなーさんを大事にしたロボネタでしたね。そういえば村西芸能事務所の人たちの中にもロボがらみがいたな。<br>村西社長=ジェットファイヤー(ガリスと合体可能)<br>雲井さん=エルアインス(後にラピエサージュ、余談だが月代 彩を特に可愛がっている)<br>宙人=光武系、VF-17D ナイトメア(スパロボでは条件次第で後にVF-19S/19F エクスカリバー)、FBz-99ザウバーゲラン<br>星司=ストライク(後にフリーダム、ストライクフリーダム、一時的にストライクルージュ、スパロボではバエとの合体攻撃あり、余談だがヴェスターヌとは双子)

あいら (2007-10-29 18:59)

なーさんロボなんてトンデモ系かと思いきや、気が付くと良い話になっていたのが何とも恐ろしい。

こちらスカイガールズ広報部:スカイガールズ第17話 「南の島のスカイガールズ」感想 (2007-10-26 19:06)

スカイガールズ第17話 「南の島のスカイガールズ」感想トラバ受付中!
新ED 片岡あづさ/Diamond Sparkle now on sale!発売記念イベントもやりますよっ!
http://mp.i-revo.jp/user.php/skygirls/entry/75.html



合計 Count 本日 Count 昨日 Count