トップ 最新 追記
ブログランキング・にほんブログ村へ
RSS

燃えろ!!Amazon

Amazon.co.jp に、おすすめされた商品を記録しておくページ。
アニメ鑑賞日記、気になることなども萌えと燃えを中心に記録…かも。

個人的なDVDのおすすめ
『TVアニメ「ジュエルペット てぃんくる☆」ファンディスクBD [Blu-ray]』

個人的なミュージックのおすすめ
『夢路らびりんす [初回限定盤CD+DVD] TVアニメ「うらら迷路帖」OPテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition』

個人的なソフトウェアのおすすめ
『ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)』

個人的なゲームのおすすめ
『PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)』

個人的な本のおすすめ
『モンスター娘のいる日常 第12巻 OAD付き特装版 (リュウコミックスプレミアム)』

個人的なおもちゃ&ホビーのおすすめ
『アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 ローズフルール 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア』

個人的なエレクトロニクスのおすすめ
『WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]』

気になる言葉
Google
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|



2006-08-01 葉月

[アニメ]ストロベリー・パニック #18


敷地内でもみじ狩り。すると突然の嵐に見舞われ、渚砂は静馬に導かれて別荘へ。
濡れた身体を温めるべくシャワーを浴びるのだが、なぜか2人は別々。
渚砂も静馬と一緒に浴びるのを楽しみにすら思っていたようなのだが。。。
何はともあれ、魅惑のシャワーシーン。渚砂の谷間を堪能しときましょう。(笑)


一方、静馬のシャワーシーン。こちらは尻が見所のようだ。
バスローブで魅惑の谷間を強調し合う2人。臨戦態勢の雰囲気ですな。
嵐は収まらず、いちご舎に帰れなくなった2人は、別荘で一夜を過ごす事になる。
連絡を受けた深雪、そしてその事実を聞かされた玉青。
待つ事しか出来ない自分を呪い、改めて「負け組」の言葉が脳裏に浮かんだに違いない。
こうなったら、負け組同士で残念会開催もアリだよなぁ。


なかなか聞く事が出来なかった、もう1人のエトワールに関して。切り出したのは静馬から。
名前は桜木花織@岩村琴美。2人は愛し合う仲であったらしい。
花織を失って以来、静馬の世界は色褪せてしまったが、渚砂のおかげで取り戻せた。
なぜ自分なのか。理由が語られる事は無かったが、渚砂は全てを受け容れた様子。
こうして貝合わせタイム開始と思いきや、雷によって静馬はフラッシュバック。
過去を捨て去る事は出来ず、涙を流して渚砂ではなく花織を求めてしまう。
結局の所、渚砂は花織の代用品。全てを悟った渚砂は居た堪れなくなり、別荘を飛び出す。
嵐の中、渚砂は自然と断崖絶壁へ向かう。静馬が追って来たのだが完全に拒絶する。


翌朝、嵐は過ぎて快晴。1人で、いちご舎へと帰って来た渚砂を玉青と深雪が出迎える。
無理して作った笑顔を残して崩れ落ちる渚砂。
陵辱されてしまったようにも見える状況。こりゃ玉青は気が動転しちゃいますな。
深雪は、静馬が花織の呪縛から離れられなかったと察する。
これで静馬×渚砂フラグは消えたのかな?この状況なら千代にもチャンスはありそうですな(え?

©公野櫻子・メディアワークス/いちご舎

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [普通に考えると玉青なのでしょうが、個人的には千代とくっついてほしいっす。]

KAP [二人一緒じゃ、駄目ですか?(笑) でもなんだかんだでエトワールが過去を振りきったら受け入れそうなのが怖い。]

あいら [ラストは大乱交とかはどうだろう?(笑)]


2006-08-02 涼しい

[アニメ]アニマル横町 #43


水着祭。普通に可愛いですな。


それにしても、やはり5歳児には見えない。どう見ても小学生だよね。
ここはお着替えで発育具合を確認させて欲しかったのだが。。。無理か。(笑)

©前川涼/集英社・テレビ東京・電通・「アニマル横町」製作委員会

[アニメ]BLEACH #91


おっぱいとちっぱいを治療するおっぱい。(笑)
全く語られる気配すらないのだが、織姫の有する高度治癒能力は何なんだろう?
織姫も一護同様に、人間とは異なる何かと関係があるのだろうか?


覚悟完了。卍解した一護は、前回転がり回っていた一護とは一味も二味も違う。
狩矢と対等以上の戦いを繰り広げるのだが、そこにクインシー能力を回復した石田が乱入。
しかもバウントの手助けをして、バウントをソウルソサエティへと行かせてしまう。
回復したとは言え、現世では到底力不足。同じ土俵に上がるべくソウルソサエティ決戦を選んだらしい。
現世で圧倒的だったバウントは、ソウルソサエティでは更に力は強大に。
死神やクインシーがソウルソサエティで力を存分に発揮できても、不利な状況に変わりはない。
芳野の敵討ちと言う私怨で、世界のバランスを崩されても困るよ。これじゃバウントと同じだ。


おっぱい部隊集結。唯一のちっぱいルキアの肩身は狭そうだ。(笑)
四次元おっぱいに何でも収納する乱菊。形が崩れたりはしないのだろうか?
バウントの開いた扉を利用して、皆さんはソウルソサエティへと向かう事を決める。
乱菊はシロちゃんに連絡。一護達のソウルソサエティ入り申請を依頼する。
引き続き本編。新しい湯飲みを使わないよう告げる乱菊。
その直後、シロちゃんの湯飲みは真っ二つとなり、書類が大変な事になる。
出発前に湯飲みを割って、適当にくっつけて誤魔化してたんですかね?(笑)

©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ

[アニメ]桜蘭高校ホスト部 #18


ハニー先輩を訪問し、いきなり戦いを挑み始める中等部の生徒。
慌てふためくハルヒだが、ホスト部の皆さんは極めて冷静。
技を繰り出し、武器まで持ち出すのだが、ハニー先輩は息も乱さない。
結局、ハニー先輩の奥義「影縫い」で勝負アリ。
ハニー先輩は武術だけでなく、忍術まで扱えるのか。。。



れんげかわいいよれんげ。熱戦の模様を実況するのだが、知識豊富だよなぁ。
ありとあらゆるジャンルを極め、オタクの中のオタクを目指す。オタクイーンか?(笑)
それでいて、明るく元気で可愛い令嬢。ある意味、完璧な娘だよね。


埴之塚靖睦@渡辺啓。通称・チカ君。ハニー先輩の弟で中学3年生、現・空手部の主将。
実力、外見どちらも優れているのだが、兄であるハニー先輩には及ばない。
おやつや可愛いモノにうつつを抜かしている兄に、常に真剣である自分が敵わない。
周囲にも何かと比較されてコンプレックスを感じ、ハニー先輩に激しい敵意を抱く。
ハニー先輩は、光邦の父@郷里大輔に言動を注意され、一時期は漢らしく振る舞っていた。
可愛いモノを封印し、漢らしいスタイル、食事に徹して自分を偽る日々。
そんな所に殿がウサちゃんと共に登場。ホスト部に勧誘したようだ。
本当の自分を隠す事は逃げに感じる。殿の言葉により、ハニー先輩は自分の気持ちに正直になった。


そんなハニー先輩を力で押し付けようとする父だが、既に力関係は逆転。
本気となったハニー先輩にボコボコにされて病院送り。審判をしていた防衛庁長官は恐怖した。
大量破壊兵器扱いされるハニー先輩。なんかメチャクチャな話ですな。
埴之塚兄弟の関係改善のお手伝いをしようと行動を開始するホスト部。
まぁ、実際の所は面白そうって事らしいのですけど。
優秀な兄、努力をしても認められない弟。ある意味、定番の状況。
だが、チカ君はコンプレックス以前に、ハニー先輩を宇宙人呼ばわり。
なぜか激しく嫌い、脅えている。


その原因は食後のデザート。ホールサイズのケーキを3個をぺろりと完食。
さらに週に一度、深夜に大量のケーキを食べるスペシャルケーキナイトを実施。
その地球人離れしたデザート大食い、そしてウサちゃんを介しての電波受信。
確かに怖いかも。。。ホスト部の皆さんは、チカ君の意見はもっともだと感じ始める。
大量破壊兵器ゆえに燃料も大量に必要と言うことなのだろうか?
それでも昔は他の人より少しだけ甘いモノ好き、可愛いモノ好きなくらいで兄弟関係は良好。
だが、それらを一時期絶っていた時期に何者かの入れ知恵で、宇宙人に変化。
現在の兄弟関係悪化の全ての原因は。。。殿でしたよ。(笑)


自分の考えを変える気はないが、チカ君にも配慮。全てを埴之塚流の決闘で果たす事に。
チカ君が勝てば夜中にケーキを食べるのを止める。この微妙な条件で勝負が行われる。
ここで再びれんげの実況を期待したのだが出番なし。残念だ。
冒頭の戦闘と攻撃手法は逆。チカ君はハニー先輩の手を利用する事が多いようだ。
逆にハニー先輩はチカ君が敗北した手を利用。それでいつも勝っちゃうんじゃ、チカ君は落ち込むよな。
ただ今回だけはハニー先輩は負けるつもりであると解説するモリ先輩。
愛するハニー先輩の事なら何でも解ると自負しているだけあって説得力がある。
だが実際は弟への愛よりもケーキが最優先。手加減抜きでチカ君を撃破する。
これにはモリ先輩も大ショック。再起不能に陥ってしまったようだ。(笑)
こうしてスペシャルケーキナイトは週1回から3回に増加する事になった。
今回、ハルヒはツッコミ解説ばかりで出番が少ない。
しかも、いつもの鋭さが感じられない。これは何かありましたかね?
あっ。。。ひょっとして女の子の日ですか?(サイテーだ

©葉鳥ビスコ/白泉社・VAP・NTV・BONES

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [れんげ自身にも強力モーターが埋まってそうだ(どこかは謎]

 [ハニー君はお化けみたいでしたね・・・チカちゃんの身長が気になるwハルヒより高いの?低いの? 同じ兄弟なのに全然違う・..]

あいら [ハニー先輩のママンが登場してないので。 ハニー先輩が母親似だとするとチカ君は父親似。。。とも思えないよなぁ。(笑)]


2006-08-03 疲れ

[アニメ]ちょこッとSister #04



管理人さんかわいいよ管理人さん。
明るく元気、ちょっぴりドジで妄想したりもする眼鏡っ娘。得意料理は肉じゃが。
個人的に巨乳はマイナスポイントだが、管理人さんの乳なら受け容れられる気がする(なんだそりゃ
とにかく見ているだけで和める存在。可愛すぎだ。


管理人さんの胸を堪能して肉じゃがをせびったり、ちょこに吹き込んでイタズラしたり。
何かとドタバタの中心的存在になりそうな真琴。
でも、管理人さんのはるまへの恋の応援をしてみたりと、基本的には良い人なんだよね。
はるまを呼び止めて、バレンタインデーの義理チョコを手渡す綾乃。
微妙な表情を見せたりしたけど、綾乃もはるまの事が気になっているのだろうか?


丸茂珠美@松岡由貴。今回初登場の新キャラで、はるまの先輩。めがっさにょろにょろ系。(笑)
何かと楽しそうな先輩なので、今後の活躍に期待したい。
それにしても、理解できないのが珠美の服装。2月でノースリーブって一体。
もっと理解できないのが掲示板の補講のお知らせ。
きょうはバレンタインデーなのに、補講は1月21日に変更するらしい。もう何が何やら。


珠美に強要され、バレンタインチョコ販売のアルバイトで地獄を目の当たりにしたはるま。
疲れ果てた帰りの電車では、ちょことの淫行を夢に見たりと本性が明らかになった感じもする。
昔はともかく、現在妹に求めているのは、こんな感じなんですかね?(笑)
帰宅したはるまにチョコを渡そうと近付く管理人さん。
だが、はるまはチョコは当分見たくないと告げてフラグ潰し。管理人さんは不戦敗となる。
そして部屋に帰ると謎の箱が存在。先程の淫夢と同じ展開に頭を悩ます。
こうして、はるまは箱を目張り。押し入れに封印してしまうのであった。
箱の中のちょこは真琴に騙されただけで、悪気があるわけじゃないのに。はるまは極悪非道な奴だな。
今回も管理人さんが可愛くて満足。逆にちょこは存在感がイマイチに。。。

©雑破業・竹内桜・白泉社/ちょこシス製作委員会

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

ハカイダー [そうなんですよねぇ。アニメ版の季節が何故冬になったのかが今ひとつ分からないところなんです。しかも先輩は春服・・・。 ..]

にゃあ [ストーリーや設定・描写は目茶苦茶だけど、とりあえず、管理人さんとちょこに萌えて見れば良いかと思ひます。]

あいら [全番組のまじぽか同様に、季節が順番に流れていくアニメなのかな? とりあえず、キャラ萌えしとけばokなのは理解。。。]


2006-08-04 めがっさ忙しいにょろ

[アニメ]神様家族 #12


進一からクラスメイト2人による自殺未遂の話を聞いて愕然とする佐間太郎。
そして悪夢に登場した赤い服の女の子が、久美子そっくりと聞いて再び愕然。
リセットされて記憶が無いはずの愛も、同様の夢を見た覚えがあると告げる。
テンコが必死で訴えていた、久美子が悪魔かもしれないとの言葉。
それを信じられなかった自分に後悔。そして久美子と2人っきりのテンコを心配して走り出す。
こうなって初めて、自分にとって一番大切な人がテンコである事実に気付く。
あっち行ったり、こっち行ったり長かったけど、やっとですかい。。。
身を危険に感じた佐間太郎だがテンコは無事。しかも妙にの~てんきだ。
ホッとしていると久美子が接近。保健室で密談をすることに決める。


まずは佐間太郎から久美子に別れ話。
テンコの存在が大切であると気付いた。だが、恋愛感情であるかは解らない。
それでも、こんな状況で久美子との交際は失礼。だから、別れてくれと言うお話。
久美子は佐間太郎にそこまで思って貰えるテンコを羨み、笑顔で了承する。
お次は久美子から佐間太郎にお助け要請。
自分が悪魔であることを告白。神様候補の佐間太郎に自分を助けて欲しいとお願いする。
悪魔である母親のフミコは人間の魂を吸収しないと、急激に老化して死んでしまう。
フミコの容体を案じた久美子は、嫌々ながらも悪夢を見せて魂を集めていた。
耐え難きを耐えて来たが限界。そこでフミコは最後に神様候補の魂を要求。
久美子も最初は佐間太郎の魂を取るべく接近したが、本当に好きになってしまった。
クラスメイトが自殺未遂だったのも、久美子の心に迷いが生じた結果、失敗したから。
そこをテンコに目撃されたらしい。
この後、久美子はテンコが天界へ帰る事実を佐間太郎に漏らしてしまう。



そんな所にフミコ急襲。容体も演技で久美子を騙していたらしい。
久美子は自分の娘としても悪魔としても失格。フミコは久美子を襲う。
こんな修羅場に呑気に顔を出したテンコ。
フミコの存在に気付くと、逃げれば良いのに、逆に修羅場へと飛び込んでしまう。
そしてフミコはテンコを襲い、危機的状況に。そこに颯爽と登場したのがスグルであった。
お互いをスーちゃん、フーちゃんと呼び合う2人。何やら過去に何かあったようですな。
戦略的撤退を図るフミコだが、去り際に鎌を一降り。その攻撃によってテンコは傷付いてしまう。
かすり傷とは言っているが、ダメージは大きい。とりあえず家へ運ぶべく佐間太郎はテンコを背負う。
テンコを心から心配する佐間太郎。その様子を見た久美子の表情は寂しげだ。
帰宅するとママさんがチョロ美を呪う儀式の真っ最中。
シリアスモードの佐間太郎にスルーされてママさんは寂しそうだ。それでもママさんはナースに変身。
テンコを「母親の愛」で治療したりとギャグ専門キャラでないことをアピール。


第1回久美子さんをどうしたらいいの会議開催。
本来ならパパさんに全てを任せるのが一番なのだが、フミコの影響で連絡が取れないらしい。
ここでいつになくママさんが真剣な表情で、久美子を座らせる。
佐間太郎に寄り付くチョロ美でも、この家に助けを求めたなら誰でも助ける。
なぜなら、ここは神様の家だから。思わず涙した久美子をママさんは抱き締める。
ああ。。。まるでママさんは女神みたいだね!(女神だってばさ
テンコが天界へ帰る事実を知った佐間太郎。相変わらずテンコへの想いは恋なのか解らない。
自分の事を好きでなくても、自分を必要と思ってくれるなら好きと言って欲しい。
そう言って眠ってしまったテンコのほっぺにキスをする佐間太郎。
さすがに眠ったテンコにディープキスってわけにはいかなかったか。(笑)
とりあえず次回が最終回なんだけど、ラストへの展開が全く読めない珍しいアニメ。
最後の最後は、佐間太郎とテンコは恋人として結ばれて欲しいのだがなぁ。。。

©桑島由一/メディアファクトリー・神様プロジェクト

[アニメ]ケロロ軍曹 #121


またもや登場のヴァイパー。でも今度はオリジナルのヴァイパーがメカヴァイパーとなって登場。
復讐を果たすべくドロロの家を急襲するのだが不在。
そこにカララと親友のチロロ@桑谷夏子が姿を見せる。
とっさにドロロに変装したヴァイパーに、2人は忍術という名のギャグを見せ付ける。
我慢も限界を迎え、正体を見せるヴァイパーだが2人はドロロの変装と勘違い。
怖いモノ知らずの2人は、ヴァイパーをドロロと信じ込んで追い回す。


今回も水着祭開催。だが、さすがに小規模な祭になってしまいましたな。(笑)
ケロロが3期、秋で終了となるならば、夏美の水着姿も見納めになるのかな?


小雪の目撃情報から、ドロロは2人がヴァイパーに誘拐されたと判断。
だが、カララはヴァイパーを見失って無事。チロロがヴァイパーと一緒であると知る。
そのチロロはヴァイパーをドロロと信じたままで、懐きまくり。
最初は迷惑がっていたヴァイパーだが、意外にも父性が目覚めてくる。
カララ誘拐は誤報。お嬢様育ちのカララを救出してお礼を期待していた軍曹はガッカリ。
チロロは令嬢なのかを尋ねたりと、サイテー人間っぷりを見せる。


だが、もう1人のヴァイパーが登場。カララを人質に取る。
この状況を見ていたチロロは、未だにヴァイパーをドロロと信じて救出を懇願。
ここでヴァイパーは正体を明かし、カララ救出するべく飛び出す。
ケロン人と、決して相容れぬ敵であるはずのヴァイパー。
でも、可愛い娘のおねだりには弱いようですな。(笑)
ヴァイパー対ヴァイパー。さらにドロロが颯爽と変身、超弾動双炎斬を決める。
ここでカララは、なぜかギロロに一目惚れ。またしても恋愛ターゲットが変化する。
カララは可愛いんだけど。。。さすがに移り気が激しすぎるよな。
そしてカララを人質に取ったのは、ヴァイパースーツを着込んだ軍曹。
こうして軍曹は現行犯でポヤンに逮捕されましたとさ。めでたしめでたし。
う~ん。。。お話的には全然面白くないなぁ。ドロロのトルーパーネタだけは良かったけど。

©吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

Before...

にゃあ [ケロロ…今回は作画も一部結構やばかったようで…。 水着祭り、夏が終わるまでにぜひとも夏美と冬樹の水泳特訓をたっぷりと..]

ゴージャス仮面 [ 夏美と冬樹の水泳特訓。そういや昨年の話では一時的に泳げるようになったよな。冬樹はあのサマースノーに付いていってたけ..]

あいら [冬樹を手取り足取り腰取り調教する夏美。。。イイ! ケロロの(エロ)同人誌って少ないんだよねぇ。]


2006-08-05 眠すぎ

[アニメ]韋駄天翔 #44


翔の父ちゃんこそがチームX総帥。とりあえずのラスボス戦は親子の戦いとなる。
エロ鳥が何かに憑かれて喋ったのだが。。。後々の鍵になるのかな?
韋駄天バトルを挑む父ちゃんだが、お兄ちゃんのとバトル直後で翔はボロボロ。
父ちゃんがダッシュセットするだけで天変地異。ヘルメット被るだけでコレはちょっとなぁ。
激しい精神的ショックと、父ちゃんによる挑発攻撃で翔は意識を失ってしまう。
そして皆さんは、とりあえず翔を連れて戦略的撤退を図ることにする。


父ちゃんもダークチェンジした当初は、お兄ちゃん同様に闇の力から解放される時間があった。
その僅かな時間を利用して韋駄天バイクを製作、皆さんに託したようだ。
隠れているのに、そんな話を大きい声でしていると、父ちゃんに発見されてしまう。
こうして翔は韋駄天バトルを受け、親子対決がここに開始される。
父ちゃんは眼が赤く光ると瞬間移動可能。さらに怪光線を発してMTBコースを瞬時に作成可能。
さすが神の乗り物であるインペリアルX。常軌を逸する能力に驚きを隠せませんよ。(笑)
翔は反則としか思えないショートカットやジャンプで果敢に攻めるのだが、全て父ちゃんが上回る。


翔が韋駄天ジャンプを仕掛けると、勢いも何も付けずに空中浮遊する父ちゃん。
結果、空中戦ばかりとなって、せっかく作ったコースは全然走りませんよ。(笑)
ここからはスーパーロボット大戦もビックリの、幻の大技の連続。
MTBが、いつ変形するかドキドキしながら観ていましたよ。。。
容赦ない父ちゃんの攻撃で翔は地面に撃墜。プラチナエンブレムを奪われてしまう。
VTOL機のように水平離陸し、当然のように空の彼方へと飛び去る父ちゃん。
もうMTB云々のレベルじゃありませんな。さすが神の乗り物(棒読み
プラチナエンブレムを奪われると、この世界が滅びるらしい。
でも、住民には悪いけど、こんな妙な世界は一旦滅びた方が良いと思うぞ。
今後の展開は翔の特訓、父ちゃんに再挑戦、真のラスボス登場。。。って感じですかね?

©藤原としひろ・TOMY・講談社/アニプレックス・MN・テレビ東京

[アニメ]ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #19


エリザベータ祭。とにかく今回の丸っこい絵のおかげで可愛さ256倍。
冒頭からエドワルドに乗り移られてしまうのだが、ダーク化で可愛さ更に256倍だ。(笑)
でも、ダークモード時に声がエドワルドになるのは勘弁してくれ。。。


ふしぎ星行きの列車に乗り遅れそうで大慌ての、ふたご姫。
途中でポツンと1人で居るファンゴを発見。帰省せず寮に残るとの話を聞いて拉致を決行。
無理矢理列車に乗せてみると、車内にはエリザベータの姿もあり。賑やかになる。


アルテッサはママンと感動のご対面。やっぱり絵になる母娘だよなぁ。
そして。。。なぜか先に帰省したわけでなく、今回一緒に帰省した二軍の皆さん。
と言うことはさ、前回のバーベキューも学園に居ながら招待されなかったと。酷い話だな。(´Д`;)
皆さんお出迎えされる中、ふたご姫には出迎え無し。誰かで迎えてやれよう。
おひさまの国へと到着。ふたご姫はママンに抱き付くのだが。。。パパンはちょっと寂しげだ。



ママン祭開幕。とにかく今回の丸っこい絵のおかげで(以下略
キャメロットの偏見により疎外感を覚えるファンゴ。だが、パパンとママンが優しく受け容れる。
そんな2人、特にパパンに対してファンゴは胸キュン。これは恋ですか?(笑)
ママンにお土産の貝殻を手渡すふたご姫。
ここでママンは、ふたご姫から贈られたプレゼントで作られたネックレスを見せる。
初めてのプレゼントである花、そして貝殻など。
ふたご姫は記憶にすらなかったが、ママンにとっては宝物。
そう告げられて、ふたご姫は幸せいっぱい。暖かい雰囲気が漂う。
暖かい家族を羨んだエドワルドは早速、行動開始。ママンのネックレスを窓から投げ捨てる。


めちゃくちゃに荒らされた部屋はエリザベータの超科学で復元。だが、ネックレスがどこにもない。
ファンゴはネックレスがゴミ収集船に落ちた所を目撃。ゴミ焼却所があるメラメラの国へと急ぐ。
ここでエリザベータは立派なネックレスを用意すると言うのだが、代わりになるモノではない。
ふたご姫の想いが全く理解出来ないエリザベータにファンゴは一喝。
今回の件で、エリザベータにも他人の想いが理解できるようになれば良いんですがね。


ふしぎ星を救った伝説のプリンセスの依頼でも、ゴミ収集所には立入禁止。
相変わらず融通が利かないというか、国際問題になりそうな雰囲気だよな。。。
ふたご姫の危機を見かねたファンゴが、職員を力尽くで黙らせて強行突破。
ファインの野生のカンによってネックレスを発見するのだが、エドワルドの使い魔によって邪魔される。
再びファンゴが大活躍。ああ、これは。。。ファンゴ祭開幕?(笑)
焼却炉へ落ちそうなネックレス。ここで「お母様の大切なモノを守れ」と魔法を使う。
だが、ネックレスは無情にも焼却炉へと落ちてしまう。


ネックレスを守れず落ち込むふたご姫を抱き締めるママン。
ママンの大切なモノはファインとレイン。その言葉を聞いて2人は涙を流す。
そんな感動シーンを見つめるファンゴに、パパンが近付いてお礼を告げる。
今まで感じた事のない暖かさに喜びつつも戸惑いを隠せないファンゴ。
ポケットから謎のコインを取り出し、見つめ握りしめるのだが。。。コレは何?
今回はエリザベータ祭と思いきやママン祭。でもメインはファンゴ祭だったのかも。
ふたご姫の生足ミニスカートも良かったし見所満載。
でも、エドワルドの小物っぷりだけはどうにかしてくれ。これなら庶民に憑いてた頃の方がマシだ。

©BIRTHDAY・NAS・TV TOKYO

[アニメ]学校の怪談 #13


この服は変態ダビンチ@速水奨の趣味なんだろか?
過去の絵にはヌードもあったし、桃子もヌードにすれば良かったのに。(笑)


神山佳耶子@三石琴乃。28年前のママンなのだが本人達が言うほど、さつきと似てない気もする。
時を超えた母娘のダブルぱんつを本放送時に期待して、ガッカリしたのを思い出したよ(サイテーだ

©講談社・フジテレビ・アニプレックス・ぴえろ

本日のツッコミ(全8件) [ツッコミを入れる]

Before...

ふ~ [エドワルドが鏡から出るときに前回の蝶が目の位置にあったせいで「蝶サイコー!」を思い出してしまいました。(笑)]

スザク [ダークエリザ様の声変わっちゃったのは、大いに期待外れだった(泣) ]

あいら [蝶が目の位置でセレブナイトを思い浮かべてしまったよ。 エリザベータのあの喋り方で黒さを堪能したかったのに。。。残念。]


2006-08-06 しばらく忙しそうだ。。。

[アニメ]増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和2 #01


う~ん。。。前作の方が勢いもあったし、良かった気がする。
とりあえずは、ニャン美@名塚佳織の声を楽しめばよいのでしょうか?

©増田こうすけ/集英社・キッズステーション・スカパー!ウェルシンク

[アニメ]となグラ! #05


明るく元気な関西弁娘、ちはや。中の人からして正確には神戸弁なのか?
男はエッチで当然と考え、勇治にとっては良き理解者でもある。
腕に自慢の胸を当ててくれたりとサービス満点。ホント、可愛い娘だ。
ニーナも頼めばしてくれるらしいのだが。。。どこまでしてくれますか?(笑)
積極的な、ちはやに昇天してしまう勇治。結局、香月以外の娘には免疫は無いのかも。


ちはやは新しい下着を穿いて来たと、道端でスカートを捲る。
至福の一時ではあるのだが、一歩間違えば痴女だよなぁ。


朝っぱらから揉める3人。端から見れば痴話喧嘩、修羅場にしか見えないようだ。(笑)
その後、総合格闘技に話題で盛り上がる勇治とちはや。
ちはやは全く話を理解できない香月に配慮したり。気配りの人みたいですな。


カメラが趣味の勇治。でも撮るのは女の子ばかり。ここで香月は勇治の趣味に口出しをする。
だが、勇治としては可愛い娘を可愛く撮りたいのは当然と主張。いつになく真剣な表情を見せる。
いつものエッチな勇治とは違う表情。香月は自分の知らない一面を目の当たりにして戸惑う。
撮影会開始。常時コスプレ状態の初音は。。。何着ても似合いますなぁ。
一番似合わないと思うのが学校の制服ってのはアレですが。(笑)
眠ってるまりえはヒゲを書かれてラッコ化。これはこれで可愛いと思うぞ。


撮影会不参加の香月ではあったが、コッソリお着替えを開始。
いつまで経っても出てこない香月の部屋に皆さん突入する。
当然ながら下着姿。ここで撮影しようとする勇治に香月は殴りかかる。
そんな香月を止め、優しく勇治に言い聞かせるちはや。
口より先に手が出る香月とは違い、勇治はちはやの言う事は素直に聞く。
ここで再び香月は、自分の知らない勇治に戸惑い、寂しさを覚える。
結局、香月は不参加のまま撮影会終了。勇治とちはやは機嫌直しに躍起になる。
だが、それが逆効果。2人の親密な関係に嫉妬して香月の機嫌は悪くなるばかり。
そして勇治と香月は絶交を宣言。非常に険悪なムードが漂う。。。
う~ん。香月の心理が理解できないよ。勇治に求められると拒否するくせに嫉妬だけはするし。
勇治の周囲には他にも可愛い娘がいっぱい。このままヒロインの座から転落しても良い気がして来た。(笑)
個人的には、ちはやとニーナが居てくれれば満足なのだが、すぐに仲直りしちゃうんだろうなぁ。。。

©筧秀隆・JIVE/初恋のベランダ愛好会

[アニメ]COYOTE RAGTIME SHOW #05


5月さんとおっぱい部隊の妙な関係が、見てて微笑ましく感じさえする。
おっぱい部隊は先手を取っているはずなのに力関係の問題で後手後手に。
コヨーテ、マルチアーノと拮抗した力を持っていれば面白かっただろうに。。。
今回は8月ちゃんの出番あり。身嗜みを気にして帽子を整える様子が可愛すぎる。
桃缶に大喜びの第4四半期ちゃんも可愛い。3人の区別が付かないのは愛の力不足だろうか?(笑)
お話の方は全く面白いと思えなくなってしまったので、個人的にはキャラ萌えアニメに格下げします。

©ufotable/coyote project all rights reserved.

[アニメ]FNS地球特捜隊 ダイバスター #28


カレーせんべいから作ったカレーは味が薄そう。もう少し煮詰めた方が良さそうだ。
醤油、ソース、ケチャップで染めたワイシャツをクリーニング。
ここまで酷いシミも落ちるのね。でも、ここはカレーでも染めて欲しかった。惜しい。
今回も視聴者プレゼントあり。銀河万丈サイン入りシミひとつないワイシャツ。
水道のパッキンのサイズを間違えて買った銀河万丈萌え。(笑)
そしてユリッペフィギュア製作中のお知らせ。発売するまでは番組も安泰?

©Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.
©THE WORKS,Inc. All rights reserved.

[アニメ]ガイキング #32



脱がされて身体の隅々まで見られてしまったピュリア。真っ赤になって可愛いのう。
見られたのは恥ずかしいけど嫌では無く、ダイヤがドキドキしてくれない事に不満を抱く。
ダイヤは興味ないと言っているわりには、しっかり観察したようで。。。
さらに2人だけの楽園で同衾。日曜朝のアニメとは思えませんな(考えすぎ
こうなったら男らしく責任を取って、ピュリアを嫁にするべきだよね。
地上謹製の弱いパーツではガイキングには及ばない。カイキンクと命名される。
ああ、確かにロボットの名前から濁点を取ると妙に弱々しくなるね。(笑)


前回はお休みだったガイキング占いアリ。今週は「ダイヤくじ」と「ピュリアくじ」。
ダイヤくじ。「宝物をなくしちゃうかも」
ピュリアくじ。「地理が得意になっちゃうかも」
47都道府県。いくらなんでも東京しか言えないのは問題かと。

©テレビ朝日・東映アニメーション

[アニメ]デジモンセイバーズ #17



眠っている間、ヨシノは過去を夢に見た。
優秀で才能のある姉達に対し、才能が無く劣等感を抱き続けた辛い過去。
そして現在はリーダーを自負しつつも、足を引っ張ってばかりの自分に落ち込む。
パートナーデジモンを完全体に進化させられない事実も、ヨシノを苦しめる。



こうしてヨシノは戦闘を放棄してしまうのだが、ララモンは孤軍奮闘。
初めて出逢った時の曲を口ずさんだララモンのおかげで、立ち直るヨシノ。
自分にはララモンが、他の皆さんが側にいてくれる。
勇気を貰ったヨシノはララモンをライラモンへと進化させることに成功する。
そんな感じでヨシノお当番回。今回は絵が非常に美しく、幼ヨシノがこれまた可愛くて可愛くてさ。
完全体のライラモンもエロエロで良い感じ。ただ、絵が崩れると悲惨になりそうですが。(笑)
イクトの母親問題も気になる所だが、それは次回以降か。。。

©本郷あきよし・東映アニメーション・フジテレビ

[アニメ]ケモノヅメ #01


人間を食らう「食人鬼」を討ち続けてきた「鬼封剣」。
兄である桃田俊彦@木内秀信は人望も厚く、伝統を重んじる。
鬼封剣に限界を感じた弟の桃田一馬@吉野裕行は、科学技術導入を提案。
だがアッサリと無視され、ついには兄弟で後継者争いに発展。
鬼封剣での勝負が行われることになるのだが、そこに謎のサルが乱入。
サルを追った俊彦は偶然か必然か、上月由香@椎名へきると運命的な出逢いを果たす。
鬼封剣一筋の不器用な男が、由香の事で頭がいっぱいに。
それは由香も同じだったようで、再開後は一気に合体シークエンスまで進む。
だが、合体中に見せた由香の姿は食人鬼のモノ。俊彦はその事実に気付かない。
妙に簡略化された作画のアニメ。禁じられた恋に落ちた2人のお話みたいですな。
面白いのかもしれないけど。。。ぱんつアニメを見るので、今回限りで。(笑)

©湯浅政明/マッドハウス・ケモノヅメ製作委員会

[アニメ]パッタ ポッタ モン太 #01


都会から「のほん島」なる辺鄙な島へと移り住んで来た三兄弟のお話。
モン吉@豊後敦子。三兄弟の従兄弟で木工が得意っぽい。
モン次郎@山口立花子。三兄弟の末っ子で情報機器がないと生きていけない系。
モンド@一条和矢。三兄弟の次男。気は優しくて力持ちながら絵画を趣味とする。
モン太@岩居由希子。三兄弟の長男。イマイチ落ち着きが感じられないキャラ。
島にやって来た三兄弟は早速、地元の不良三人組に目を付けられる。
タイガーソン@天田真人。田舎の不良三人組のリーダーだが、根は良い奴っぽい。
コンゴ@松崎亜希子。タイガーソンの忠実な部下。
チューゾオ@山口茜。一応、タイガーソンの部下っぽいが距離を置き気味。
結局、勝負は引き分け。今後もライバルとして登場するのか仲間になるのかは良く解らない。
モンゴロウ@松崎亜希子。ご近所の三姉弟の末っ子。
モモネ@米倉あや。三姉弟の次女。料理も上手で普通に可愛い娘。
モモコ@世戸さおり。三姉弟の長女。料理ダメ、性格は大胆且つ巧妙。眺めてる分には可愛い娘。
ガリガリ博士@ふくまつ進紗。島唯一の医者にして発明家。
タイガーソンがモモコに片想い中と言う意外は、恋愛感情は存在してない感じ。
まぁ、内容が内容だし、今後も色恋沙汰が描かれる可能性は極めて低いだろう。(笑)
キッズステーションでの放送はマイメロとMUSASHIの裏。さすがに視聴は辛いので切ります。

©TOKYOKIDS

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [せっかく可愛くなったライラモンが、さらに進化すると怖くなりそうで嫌だなぁ。]

独士ム・ジ [ひとまず8話の汚名を何とか挽回しましたかね。 ある意味今回こそが正式なヨシノ&ララモン回といえるでしょうか。 因みに..]

あいら [今回の素晴らしさで今月は乗り切れそうです。(笑)]


2006-08-07 眠い

[アニメ]おねがいマイメロディ ~くるくるシャッフル!~ #19



(製作スタッフが)のんびりできたらイイナ!
そんな感じで中途半端な時期に総集編。しかも前シリーズの総集編だ。
今世紀最高傑作候補アニメを見せられると、改めて今シリーズとの差を実感できる。
とりあえず今回は歌達、特に真菜の水着を堪能すれば良い感じですな。


総集編とは言え、クルミ登場は嬉しい限り。再登場は無理なんですかね?

©SANRIO CO., LTD. サンリオ/ウィーヴ・テレビ大阪・マイメロディ製作委員会

[アニメ]ARIA The NATURAL #19


前回に引き続いて、藍華スペシャル。豪華二本立てですよ。
ようやくショートヘアにも慣れてきた藍華だが思わぬ弊害があった。
ロングの時には苦労の無かった寝癖の髪跳ね。アリスに指摘されるまで気付かなかったようだ。
そして、髪を切った事による定番中の定番。風邪を引いてしまう。
熱も高く練習はお休み。部屋でゴロゴロを満喫して、たまには風邪も良いモノだと考える。
だが、藍華のように元気な娘なら退屈を感じるのも早い。
そして風邪も治りかけてくると食欲も湧き、プリンを食べたくてしょうがなくなる。



そんな感じで脱走、お忍び冒険に出発する。
休日すらウンディーネ服なので、藍華の私服姿は非常に珍しい。
胸の影が浮かぶ黒のノースリーブが色っぽいのなんのって。
普段は隠れていて気付かなかったが、意外と藍華の胸は大きいのね。
そして胸だけでなく、今回の藍華は表情も仕草もオメガ可愛い。
もうね。。。画面を見ているだけでデレデレ笑顔になっちゃうわけですよ。


いつもと違う自分、街を満喫していた藍華だが急に違和感を覚える。
自分が居なくても普段通りに練習をする灯里とアリス。
藍華は自分が別の世界へ紛れ込んでしまったような錯覚をし、居た堪れなくなり泣いてしまう。
そんな感覚を理解できると告げる灯里。そりゃ、あんたはホントに別の世界に紛れ込んだしさ。(笑)


結局、お目当てのプリンも買わずに部屋に戻ってしまった藍華。
その事実を聞いて目をキラーンと輝かせる灯里。
お見舞いの品は、藍華が食べたかったクリームがたっぷり乗ったプリン。
その瞬間、藍華は自分の居るべき世界へ戻ってきたと実感。感涙、そして笑顔になるのであった。


体調も回復して合同練習に参加。前半のお忍びで購入したヘアピンを付けてみる。
鏡で念入りにチェック。チャイナパジャマで胸が強調されて堪りませんよ。(笑)


姫社長もオシャレ。今回、姫社長の声が水橋かおりであることが判明。全然気付かなかったよ。
ヘアピンが似合うか気になってしょうがない藍華。犯罪なくらいに可愛いから安心しろ。


アリシアにも可愛いと褒められて幸せ絶頂。だが、急に泣き出してしまう。
髪を切ってからアルに逢っていない。アルにどう受け取られるか気が気じゃなかったようだ。
そんな藍華をアルの下へ送り出す灯里とアリス。練習は。。。まぁ今回はイイか。


アルの仕事場である地下へと向かう藍華。アクアの重力を司る「重力石」は、まるで飴玉みたいですな。
ちょうど昼休みでアルは不在。上の階層のうどん屋に、おかめうどんを食べに行ったらしい。
世界観はイタリア風味なのに、食文化だけは日本の色が濃い世界だよな。。。
エレベーターで上の階層へと向かう藍華。だが、アルなら食後は階段を使うかもしれない。
そう読んで階段で上へと向かうと読みは的中。ついにアルとご対面ですよ。
藍華の髪に驚くアル。藍華にとっては緊張の時間ですな。


アルの好みはショートだったようで、藍華の可愛さに激しく興奮する。(笑)
ヘアピンも褒められて、藍華は嬉しくて堪らない。思わずガッツポーズを取る。
不安だった時間は、アルのたった一言で幸せいっぱいの時間へと変化したのであった。
藍華かわいいよ藍華。今回はコレに尽きますな。

©天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

[アニメ]ゼロの使い魔 #06


破壊の杖奪還のため、フーケのアジトに乗り込む皆さん。そこにゴーレム登場。
「敵に後を見せない者を貴族と呼ぶ」
果敢にゴーレムに立ち向かうルイズは立派かもしれないが、勇気と無謀は違う。
貴族云々は関係なく、死んだら終わり。才人の平手打ちでルイズは泣き崩れる。
この場で逃げればまた笑われる。
ゼロのルイズと揶揄されている事が、想像以上に重荷となっていたようだ。
ここで才人はキュルケから貰った剣でゴーレムに立ち向かうのだが、アッサリ折れてしまう。
そしてデスフリンガーの出番。すると今度は能力が発動し、ゴーレムを切り刻む。
だが、ゴーレムは再生してキリがない。
ルイズは破壊の杖を持ち出して使おうとするのだが、当然のように発動しない。


破壊の杖を見て愕然とする才人。それは、この世界には存在しないはずのロケットランチャー。
ロケットランチャーを手にするとデスフリンガー同様に能力発動。ゴーレムを一撃で粉砕することに成功する。
う~ん。異世界や特殊な武器のみ能力が発動するんですかね?
でもギーシュから受け取った剣が特殊な剣とも思えないしなぁ。。。
キュルケから貰った剣が武器でなく装飾品だから発動しなかった?謎は深まるばかりだ。
任務完了。ホッとした所にロングビルが不敵な笑みを浮かべて登場する。
ロングビルこそがフーケ。まぁ、これは前回の時点で解ってましたがね。(笑)
破壊の杖を才人に使わせ、使用法を知る事が目的だったらしい。
だが、ロケットランチャーは単発。用済みとなった皆さんを始末しようとするが弾切れ。
そこを才人がデスフリンガーの柄で打ち、フーケを気絶させる。
カッコイイ才人に改めてメロメロになるキュルケ。そしてルイズも惚れちゃったようだ。


ロケットランチャー入手の経緯を学院長に尋ねるが、元の持ち主は死去して情報無し。
元の世界へ帰る手掛かりになると期待していただけに、落胆の色を隠せない。
祝賀パーティ。1人元気のない才人に、正装のルイズが近づきダンスのお誘い。
ルイズは、元の世界へ帰りたいのかと寂しげに尋ね、ゴーレムから助けてくれた礼を告げる。
すると才人は自分は使い魔だからと微笑む。ルイズはもう嬉しくてしょうがないわけですな。
こうしてルイズは完全にデレ化。このまま才人を婿にして貴族にしちゃえ。(笑)

©ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔製作委員会

本日のツッコミ(全11件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [ルイズの涙が、才人をゴーレムに立ち向かわせたのは間違いないですな。]

にゃあ [キュルケのあの剣は…武器じゃなくて装飾品ってことでw]

あいら [そういう事にしておくしか無いですね。]


2006-08-08 ラーメン食べたい

[アニメ]HANOKA 葉ノ香 #01


人類と星の民なる存在との戦いを描いたアニメ。。。らしい。
葉ノ香(魔神7号)@野川さくら。目覚めて間もない、人類側の兵器「魔神」。
ミカ・キサラギ@南條愛乃。魅惑の金髪オペ子さん。
カオリ・ハルサキ@近江知永。魔神部隊の隊長。実質上、中間管理職?
ユウリ・カミノザ@斎藤桃子。イマイチ良く解らない兵士。
実質、4分ほどのアニメ。何も説明が無くて状況が全く解らない。。。

©RAMS/森野あるじ with ファンワークス

[アニメ]ストロベリー・パニック #19


3年前。たった3年前なのに、この頃の深雪の可愛さは何だ?
この頃は誰にも邪魔されず百合百合の日々を送っていたようだ。
永遠に続くかと思われた日常。だが、ある日、深雪の前に1人の少女が現れる。
病弱な1年生の少女の名は桜木花織。他生徒のお部屋番を勤めるには無理があり、深雪の担当にする。
儚げで美しい花織は静馬好みと確信する深雪。その予想はズバリ的中する。
目と目が合ったこの瞬間、お前はもう僕の虜だ。。。とか誰かの声が聞こえてきそうだよ。(笑)


深夜のティーパーティ。これは渚砂達が最初ではなく、伝統行事だったようですな。
静馬のティーカップを奪っての間接キス。花織は思っていた以上に積極的な娘だ。
3人でお茶したり、星を眺めたり。幸せな日々は過ぎて行く。
確かに3人は仲良しではあるのだが、静馬と花織は仲良しの一線を越えた関係へと進む。
夜、深雪を1人部屋に残して外出。唇を奪い合い、舌を絡め合う2人。
自分の想いを押し殺し、2人の関係を見守る深雪の表情は寂しげだ。


屋外での貝合わせ。すげえ。。。寸止めアニメとか呼んでたのが懐かしいぜ。
地上波アニメでここまで描いてくれれば言うことはない。もう満足ですよ。
静馬に出逢わせてくれたことを感謝する花織。
こう感謝されちゃうと深雪も、花織に嫉妬するわけにも行きませんな。
花織の感謝は素直な気持ちなのか、策略なのかは正直な所不明。
エトワール戦に出馬を決めた静馬。ペアを組むのは当然ながら花織。
だが、花織にはエトワールの仕事をこなせるはずもなく、深雪は静馬を問い詰める。
ここで静馬の口から、花織の残された寿命が長くても3ヶ月との事実が告げられる。


愕然としながらも深雪は2人を絶対にエトワールにさせることを決意。
どんな工作をしたのかは不明だが、見事に2人をエトワールの座を就かせる事に成功する。
就任式典。全校生徒に祝福され、まるで静馬と花織の結婚式だ。
だが、この時点で花織の寿命は尽きる寸前。静馬に抱き締められて短い生涯を終える。
これが静馬と花織、そして深雪の過去。全てを知った渚砂は号泣するのであった。
花織に泣かれ、渚砂に泣かれて受け止め役に徹する深雪。
自分の静馬への想いを押し殺しての役目は辛いよな。
全てを知った渚砂。これで花織の存在をひっくるめて静馬を受け容れられるかが見所か。
本当は静馬の存在は忘れて千代とくっついて欲しいんですがね。(笑)

©公野櫻子・メディアワークス/いちご舎

[アニメ]BLEACH #92


可愛いけど季節感ゼロの遊子と夏梨がOPに登場。次の出番はいつになるのだろう?
ソウルソサエティに殴り込みを掛けたバウント。対する死神、護廷十三隊は大前田と射場鉄が迎え撃つ。
大前田がボコボコにされるのはお約束として、問題は射場鉄。
十一番隊上がりのこの男が、全く手も足も出ないのはちょっとね。
死神の本拠地ソウルソサエティでも、この有り様。
そんなにバウントって強いのか?力関係がメチャクチャ過ぎるよ。


久々のソウルソサエティ。ちょっと前の救出劇を思い出して良い雰囲気の一護とルキア。
ラブコメアニメにでもなりそうな状況で、激しく嫉妬するりりん。可愛いのう。
空鶴を尋ねようとするのだが、引越マニアらしく新居の場所が不明。
心当たりの場所を巡って探し出すと中からは悲鳴が。
夜一さんの手伝いのために送り出した愚弟が、コンビニのバイトにうつつを抜かした事に激怒。
魅惑の足踏みプレイ。これはこれで、ご褒美に思えてしょうがないですな。(笑)
空鶴の前では、織姫も夜一さんの胸も貧乳か。。。オソルベシ。


再び激しい嫉妬のりりん。急に嫉妬を始めたのだが、何か変なフラグじゃないだろうな?
霊圧で察知できないバウントを探すため、各自別れて探すことにする。
ルキアは所属する十三番隊へ復帰するべく瀞霊廷へ向かう。
その途中、流魂街でヨシと遭遇。戦闘態勢へと突入する。
本編。居残り組(?)の恋次と花太郎。恋次は居候が似合う男になっちゃったなぁ。(笑)

©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

Before...

南斗孤鷲拳 [家柄って・・・そんな事で副隊長という大事な役職を任せるとはソウルソサエティも現世と大差ないですね・・・ 貧民の出の砕..]

南斗孤鷲拳 [すみません、「賑々しい」じゃなくて「苦々しい」でした・・・賑わってどうすんだ...orz]

あいら [剣ちゃんみたいな猛者に倒されちゃえば良いんですがねぇ。(笑)]


2006-08-09 疲れた

[アニメ]桜蘭高校ホスト部 #19


ホスト部による奇襲訪問。だが、肝心のハルヒはあいにくの留守で作戦失敗。
殿はハルヒ父の幻の右アッパーを食らったり、踏まれたりと散々な目に遭う。
ハルヒをロベリア女学院の生徒が迎えに来たとの言葉に、撤収を始めた皆さんの足を止める。
ヅカ部がハルヒを拉致。その事実にホスト部の皆さんばかりでなく、ハルヒ父も脅える。
こうしてハルヒの身を案じた皆さんは、ロベリアへと乗り込む事を決定する。
そのハルヒはロベリアの制服にお着替え。やっぱりセーラー服は良いのう。


ハルヒのママンもヅカにハマっていたらしく血は争えない。
万が一、ハルヒが禁断の領域に足を踏み入れてしまったら手遅れ。破産の危機。
破産をしてもハルヒには可愛さという財産がある。そこから妙な妄想に発展する。
無茶苦茶な妄想なのだが、妄想映像に関してだけはグッジョブ!と声を大にして言いたい。
ハルヒは、まな板の素晴らしさを理解していない。もっと自信を持とうぜ。


今日は撫子デーなる、ヅカ部創設者の誕生日を祝う特別公演の日。
だが、ヒロイン役が事故で入院してしまい、ハルヒが白羽の矢に立たされた。
キッパリと拒否するハルヒだが、紅緒が母親の話を持ち出しての泣き落とし。
泣き落としはともかく、母親を持ち出されてはハルヒの心は動かされてしまうわけで。
こうしてハルヒはヒロインとしてステージへと上がることになる。
ヒロインの娘が事故ってのも疑わしい。全ては仕組まれたモノなんでしょうな。
練習開始。その光景を目の当たりにした皆さんは、ハルヒの大根っぷりに愕然。
セリフ棒読み、しかもセリフは「フレデリック様~」だけ。
ここでハルヒの歌パート。音痴らしいハルヒが歌うことにハルヒ父は再び愕然。
だが、その歌声はまるで坂本真綾のような素晴らしさ。でも実際はCDを流しての口パクだった。(笑)


ハルヒが公演で失敗しようものなら、紅薔薇会・武闘派による体育館裏乙女集会開催。
棒読みの現状では、酷い目に遭わされる事は確実。ハルヒを救い出すべく策が練られる。
だが、良策が浮かばぬまま開演時刻。客席はアッという間に観客で埋め尽くされる。
そんな中、お母さんは皆さんとは別行動。ロベリアに鳳家の息子として接触を図る。
開演。ドレスで着飾ったハルヒは、さぞ可憐で美しいだろうと思いきや。。。厚化粧。
せっかくのステージなのに、これじゃ台無しだよなぁ。もう少し考えてくれよ。(´Д`;)


紅緒の目的はハルヒのファーストキスを奪い、ホスト部の皆さんに壊滅的ダメージを与える事。
殿は思わずステージに駆け上るのだが、バナナの皮により転倒。
その間にステージは迫り上がって、紅緒は強引にハルヒの唇を奪おうとする。
ここで、お母さんが大活躍。調整室を乗っ取ってステージ背景に写真を映し出す。
その写真は、ダンスパーティで奏子としてしまったハルヒのファーストキス写真。
そうか。。。ちゃんと撮影していたのか。お母さんオソルベシ。
大人数の前で写真を公開されたハルヒも、初物好きの紅緒も愕然だ。
だが、一番激しい衝撃を受けたのは、愛娘が中古にされていたと知ったハルヒ父だろう。


初物でなくともキス強行を図る紅緒。ここで殿がハルヒに飛び降りるよう告げる。
一瞬、躊躇するのだが現在の殿はカッコイイモード。真剣な表情に吸い込まれるように宙を舞う。
そしてお姫様抱っこをする王子様。。。にならないのが殿らしいと言うべきか。
その後は、ヅカ部、ハルヒ父など入り乱れて閉幕。
このアニメにしては珍しく、投げっぱなしのまま終了となる。
最後の最後までハイテンションで面白かった。でも、れんげが登場しないと寂しくてしょうがないよ。

©葉鳥ビスコ/白泉社・VAP・NTV・BONES

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

にゃあ [ハルヒは色々な面々に狙われているようで…^^; せっかくステージがあるのに強力モーターを出さないなんて、もったいない..]

あいら [さすがにロベリアのステージには強力モーターを仕込めなかったのかな?(笑)]


2006-08-10 アイスが美味い

[アニメ]ちょこッとSister #05


ちょこの風呂掃除シーンが妙に多く描かれるのだが。。。今回は素晴らしい。
このアニメの定番となったKEEP OUT。DVD販促効果は抜群か?
でも全裸よりも、濡れて透け気味の下着姿の方が萌えるよなぁ。(笑)


ちょこはブラに激しい興味を示して、管理人さんに見せてとお強請り。
恥ずかしそうに捲る管理人さんが可愛いのなんのってさ。


大騒動の末、はじめてのブラ購入。はるまはホック留めを依頼されてドキドキ。
実際にブラを着けてみると微妙に谷間発生。無ではなく微程度には存在しているようだ。


湯上がり管理人さんが色っぽい。大きな物音を耳にして廊下に出てみると真琴が酔い潰れ。
放置しておけば良かったのに、介抱してしまったのが運の尽き。


管理人さんの巨乳に興奮した真琴は我慢の限界。欲望のままに襲う。
そして、またしても張られるKEEP OUT。何が行われているのか想像できるけど見えません。
それでも番組ラストの提供画面では、なぜか星マークでの修正に変更。
乳首まで描いてあるから、ちゃんと観たい人はDVD買ってねって事か。(笑)


管理人さん揉まれる。最早、エロアニメの領域に突入した気がする。
騒ぎに気付いたはるまが駆け付けて、ようやく管理人さんは解放された。
だが、こんなモノを見せられたはるまも、行為途中で中断された管理人さんも今晩は大変そうだよな。


下着姿で庭まで平気で彷徨く真琴。アパート内ならともかく外まではなぁ。。。
いくら郵便受けが外にあるからって、これだと完全に痴女の仲間入りだと思うぞ?
ブラの話題となって、真琴も管理人さんのブラを見せてとお強請り。
嫌がる管理人さんを前に、真琴もブラを披露するのだが。。。ノーブラ。
せっかくブラを買って貰ったちょこも、現在はなぜかノーブラ。
どうやら、対お兄ちゃん用勝負下着として温存しとくらしい。
そんな感じで、お話の内容はともかく、サービス過剰のエピソード。
地上波でエロアニメが観られるとは良い時代だね。(笑)
『ちょこッとSister』(Amazon)

©雑破業・竹内桜・白泉社/ちょこシス製作委員会

本日のツッコミ(全11件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [予告の時点でちょっとね。。。]

スザク [管理人さんの(中の人の)恥ずかしがる声が素敵すぎ。 やっぱ水橋で良かった!]

あいら [責めキャラも良いけど、受けキャラも良いよね。(笑)]


2006-08-11 夏コミか。。。

[アニメ]神様家族 #13


久美子を奪還するべく、フミコが神山家に襲来。
愛しの子供達を守るため、ママさんは説得を試みるも重傷を負ってしまう。
この状況を目の当たりにした佐間太郎は、怒り、憎しみ、悲しみの負の感情に心を支配される。
そんな佐間太郎に、あくまで説得と告げるママさん。
だが、騒ぎに気付いたメメが、血まみれで横たわるママさんを目にして暴走。
フミコの攻撃を受けて気絶。佐間太郎は再び負の感情に心を支配される。
すると今度は姉ちゃん登場。今の佐間太郎はフミコと同じと告げられ、冷静さを取り戻す。
この場を姉ちゃんに任せて、佐間太郎は久美子の所へ。
だが、ママさんに続き、姉ちゃんもフミコに倒されてしまう。


フミコは未だ目を覚まさないテンコの首筋に鎌を当てて脅迫。
自分がフミコの元へ戻れば危害は与えないとの約束を信じ、久美子は自ら歩み寄る。
フミコは久美子を連れ去り、佐間太郎に公園に来いと告げて姿を消す。
愛する家族に別れのキスを残して、公園へと向かう佐間太郎。
その途中、すっかり存在を忘れていたスグルと遭遇。500円貯金する。
これで貯金額が1000円を超えたのだが、何もイベント発生せず。ナンダヨ。。。
その代わりに500円貯金すると、おみくじサービスがあるらしい。
そこで出たのが凶。お約束なのだが佐間太郎ではなく、あくまでもスグルの運勢らしい。
そんなバカ騒ぎをしているとフミコ登場。そして悪魔と化した久美子が剣を向ける。
だが、久美子は佐間太郎ではなくフミコを攻撃。ダメージを与える。
しかし、この程度ではフミコを行動不能には出来ず、久美子は反撃を受けて気絶。
さらに佐間太郎は説得を続けるのだが全く聞く耳を持たない。
そこにテンコが登場。佐間太郎の側に居たいという想いなのだが、逆効果。
フミコの攻撃を受けまくってテンコも行動不能。
佐間太郎の怒りが負の感情、悪魔を心に呼び覚ます。


悪魔の弱点は胸。その言葉を受けて佐間太郎はフミコではなく自分自身の胸を貫く。
自分の心に巣くう悪魔を撃破。同時にフミコに多大なダメージを与える事に成功。
こうしてフミコは光となって姿を消し、佐間太郎は力尽きて地面に横たわる。
テンコが泣き叫ぶのだが佐間太郎は目を覚まさない。
一緒に祈ってくれと久美子に頼むのだが、久美子は自分は悪魔であると躊躇。
すると。。。テンコは久美子の変化に気付く。


久美子の背中に生えた白い羽。同様にテンコの背中にも白い羽が生える。
そして頭の上には天使の輪。テンコも久美子も天使の力に目覚めたようだ。。。
こうして奇跡。。。と言うよりも愛の力で佐間太郎復活。テンコはタコと化す。(笑)


久美子は神山家の一員として迎えられたようで、一緒に住むことになったらしい。
ママさんからは未だにチョロ美と扱われているようですが。
スグルとの契約は破棄できたようで、佐間太郎の側にいる事を選択したテンコ。
良い雰囲気になった所で、テンコは佐間太郎の唇を奪う。
ハッキリとした告白は無かったけど、今度こそ2人は恋人になれたのかな?
一方、神様の部屋ではパパさんとスグルが今回の件を話していた。スグルはテンコの父親だったらしい。
そして、フミコは元々、天使。人間と恋に落ちて久美子が生まれた。
だが結局、フミコは捨てられて負の感情が芽生え、悪魔になってしまったらしい。
このアニメでは悪魔と言う種族は存在せず、神様、天使、人間の心に巣くう存在のようだ。
なるほど。ハーフとは言え、久美子も天使だったわけか。
定番の奇跡とかで悪魔から天使に変化したわけじゃないのが好印象だ。(笑)
そしてパパさんの粋な計らいで、過去の記憶を消されたフミコがブタの蚊取り線香として復活。
スグルと共に幸せな時間を取り戻すことになった。


悪魔のイメージである黒い制服から、天使のイメージである白い制服にお着替え。
久美子の新制服姿にメロメロになる佐間太郎と進一。当然、奥さん達にお仕置きされる。(笑)
さらにママさんまで制服着用。意外と違和感無いのが、さすがは女神と言うべきか。
揃った所で記念撮影。メメの一声で皆さん横を向いちゃってシャッターが切られる。
そんな感じで最終回。とにかくテンコかわいいよテンコなアニメだった。
テンコのオルゴールとかキーホルダーが勝利の鍵と思いきや、何も無かったのが残念。
続編も可能な終わり方だったけど。。。2期は期待しちゃダメですかね?
『神様家族』(Amazon)

©桑島由一/メディアファクトリー・神様プロジェクト

[アニメ]貧乏姉妹物語 #05


季節は冬。今月も山田家の家計は火の車。
給料日まで家賃を待って貰おうと、大家さんにお願いするべく庭へ出る。
急な風で姉妹の髪が靡くと、大家さんは知らない人物の名前を呼ぶ。
そして家賃の件はアッサリ了承。今月の危機を乗り切ることに成功する。
給料日。家賃も払って、銭湯へと向かう姉妹に大家さんが真剣な表情で告げる。
アパート立ち退き要請。納得できないが立場上、拒否は出来ない。


情報によるとアパートが壊されてマンションになってしまうらしい。
途方に暮れて商店街を彷徨う姉妹に、商店街の皆さんが姉妹受け入れを争う。
皆さんここまで山田姉妹に優しくするなら、普段からもっとさぁ。。。
とか思ってたら、全ては大家さんの依頼によるもの。
そして大家さんには奥さんと娘が居て、交通事故で亡くなったとの話を聞く。
冒頭、大家さんが呼んだのは亡くなった娘の名前。姉妹の姿が娘とダブっちゃったようですな。
大家さんの優しさに触れた姉妹は、アパートへと走る。


アパートを壊してマンションにするわけではなく、お隣にマンションが建設される。
姉妹をアパートから立ち退かせたのも、ひっきりなしに通る工事のダンプカーが心配だったから。
娘がダンプカーに突っ込まれて亡くなったのを思いだして、姉妹の身を案じたのですな。
そんな優しい大家さんに、改めて立ち退かずに住み続けることを宣言。
アパートも庭の桜の樹も大家さんも大好き。可愛い姉妹に言われて大家さんは真っ赤になる。
こうして大家さんは完全にデレ化。季節外れに咲いた桜の花2輪を笑顔で見つめる。
とりあえず、山田姉妹も「住」に関してだけは安泰か?目指せ!大家さんの遺産ゲット(酷


「朝もやし ああ昼もやし 夜もやし」
「麺類は 長めにゆでて 特盛化」
今回は川柳になってますな。さすがに特盛化はちょっと。。。

©かずといずみ・小学館/貧乏姉妹物語プロジェクト

[アニメ]ケロロ軍曹 #122


暇を持て余した軍曹は、クルルのDVDを勝手に持ち出し。
そのDVDは「呪いのDVD」やけに厳重な封印を解いて、再生すると警告のみで終了。
拍子抜けした軍曹は部屋を出ようとすると、外には恐怖の宇宙生物の姿があった。
状況が飲み込めない間に冬樹訪問。他の皆さんも続々と部屋を訪れる。
外から部屋へ入ることは可能だが、部屋から外へ出ることは不可能。
残された希望はギロロのみ。救援要請をするのだが、ギロロも部屋に入ってしまう。
最後の頼みであったギロロの軽率な行動に皆さん激怒。


どうやら放送できない程、酷い目に遭ったようだが。。。ギロロは悪くないよな。
その後、再びDVDを再生すると状況悪化。天井が迫ってきて圧死の危機。
そこで軍曹は壁に描かれた扉の絵を開くという暴挙に出る。アニメだから良いのか?
こうして脱出成功。下に夏美、上にモアたんの2人に挟まれたギロロは幸せ者だな。(笑)
呪いから解放されたと思いきや軍曹は、うっかりリモコンを踏んで再び再生してしまう。
そんな感じで呪いは続く。。。永久ループオチ?


後半。暑さが続いて夏美のイライラはピーク。ナレーションやギロロに八つ当たりする。
こうなると何でも禁止する悪いクセがあるらしく、冬樹は避難を開始する。
逃げ遅れた軍曹は夏美に捕まり、ガンプラ禁止を宣告されてしまう。
ここで軍曹は、夏美の代わりに禁止、取り締まりをする723号なるロボットを用意。
ギロロの武器を禁止することを進言。ガンプラ禁止令の解除に成功する。
だが、ギロロにとっては武器は命同然。禁止されても隠れて所持するのだが723号に攻撃され続ける。


そんな事をしていると723号は暴走し、鉄ヤスリやタママ自体を武器と認識。厳しく取り締まる。
う~ん。クルルの発明品って必ずと言っていいほど暴走するんだよなぁ。
性能は良いのだろうが、質があまり良くない気がする。。。
イライラから解放されて上機嫌の夏美は、ギロロに八つ当たりをした事を反省。
スイカにギロロのマークを掘ってみたりと、手先の器用な所を見せますよ。
そこに723号登場。台所で包丁を握る夏美までも、取り締まり対象と認識する。


夏美の危機に颯爽と登場したギロロは、723号自体が武器と理論的な攻撃。
こうして723号は自滅。ギロロの格好良さに夏美はメロメロですよ。
ここでギロロは恥ずかしいセリフ。真っ赤になっちゃう夏美が可愛すぎだ。
でも、ここは夏美に「恥ずかしいセリフ禁止!」と締めて欲しかった。もったいない。

©吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS

[アニメ]きらりん☆レボリューション #19




魅惑の温泉祭。水泳大会でも無かったポロリが、温泉であるわけもなく。
いい加減、バスタオル着用での入浴は規制対象にした方が良いんじゃないか?
裸の描写を規制するために、常識外の行為を正当化するのはどうなんだろうかと。
旅館、浴場関係者はどう見ているんだろう。気になるよ。。。
ああ!?ひょっとして今時はバスタオル着用での入浴が常識?(笑)

©中原杏/小学館・きらりんプロジェクト・テレビ東京

[アニメ]Bugってハニー メガロム少女舞4622


懐かしすぎ。TVアニメは観たことあるけど、この劇場版は初見。
21世紀の現在に観られるとは思わなかったよ。東京MXテレビの担当者に惜しみない拍手を贈りたい。
今観ても思うのだが。。。常時、腰蓑のみの高橋原人は、どうにかならなかったのだろか?(笑)

©TMS

本日のツッコミ(全12件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [あー。。。妻と娘でした。_| ̄|○]

カブト [夏美の禁止のパロは偶然じゃない気がする。]

あいら [あそこまでやるなら、最後は恥ずかしいセリフ禁止が欠かせないよね。オレンジぷらねっとの2人も番組レギュラーなんだしさ。..]


2006-08-12 眠い

[アニメ]韋駄天翔 #45


父ちゃんとの韋駄天バトルに敗れ、プラチナエンブレムを奪われた翔。
精神的にも肉体的にもボロボロ。そこをチームXの大軍が囲む。
そんな中、インペリアルXを自分のモノにすると意気込む牙舞ちゃん。
相変わらず協調性に欠けるのだが、まことの言葉には意外なほど素直に従う。
牙舞ちゃんは王様を気取るよりも、女王様に調教される方が似合ってる気がするぞ。(笑)
あまりの数に分が悪すぎ。逃亡もままならないのだが、そこに警備隊の飛行船が到着する。
颯爽と登場したのだが、コレも人力で漕いで推進していると考えると笑わずにはいられない。
この状況でも牙舞ちゃんはインペリアルXを追うと我が儘。縋り付く四天王を放置して、この場を去る。
取り残された四天王を見捨てるわけにも行かず、翔は4人を背負って韋駄天ジャンプ。
飛行船に飛び乗ろうとするのだが、ボロボロの状態では力不足。崖に転落してしまう。


ここで牙舞ちゃんのツンデレタイム。転落した皆さんを助け、飛行船へと飛び乗る。
四天王に泣かれ、翔にお礼されてデレデレ。でも本当は、まこと褒められたかったんだろうなぁ。
インペリアルアイランドからの避難民も乗せて飛行船発進。
だが、ダークエンブレム化した男が紛れ込んでいて、瞬く間に1隻乗っ取られてしまう。
こうなると飛行船内で韋駄天バトルするしかない。
でも、今回は取り押さえるだけで事態収拾。ちょっと納得がいかない。。。
そんな騒ぎが収まると、次は雲行きが怪しくなり雷が轟き叫ぶ。
そしてインペリアルアイランドの横に、もう1つの島が急浮上。
海から浮上したばかりなのに、木々が茂っているのは見なかったことにしよう。(笑)
再びエロ鳥がトランス。古代文明やら、Xゾーンだけでなく他の世界も崩壊する危機やらが告げられる。
今回もエロ鳥に取り憑いている人物(?)の正体は謎のまま。


プラチナエンブレムで封印されていた「怨み」のエネルギーを一気に噴出。
世界は黒い光で包まれて街は崩壊、人々は怪しげな疫病で苦しめられる。
その症状は菊ちゃんの病気とソックリ。菊ちゃんは敏感に影響を受けていたって事ですかね?
どんどん大きくなるスケール。広げすぎると畳むのも大変だと思うのだが。。。どうなることやら。

©藤原としひろ・TOMY・講談社/アニプレックス・MN・テレビ東京

[アニメ]ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #20


冷房が存在しないらしい、ふしぎ星。エリザベータは暑さに我慢の限界。
自家用冷房で、ふしぎ星が氷漬けにされそうになるが、どうにか阻止。
比較的涼しい、かざぐるまの国へと出掛けることにする。
今回もエリザベータに何かと絡むのがファンゴ。やっぱり、この2人はお似合いだと思うぞ?
そして。。。前回からなのだが、ふたご姫の夏服が可愛すぎるのですよ。
生足に超ミニスカート。中が見えないのが奇跡だ。(笑)


今回、エドワルドに就かれちゃったのはソフィー。
エリザベータの時とは違ってダークモード時も中の人は変化しない。
これは。。。中の人の演技レベルとかの問題なのだろうか?
それにしても黒竹輪がメチャクチャ可愛い。この娘はツリ目の方が似合ってるよ!
元々猛毒な娘だけあって、ダーク化しても本性を現したようにしか見えないぞ。
今回は、かざぐるまにヒーターを設置して暑くすると言う作戦。
これだけならば、相変わらず小物だね。で済んだのだが、妙な方向へと進んでいく。
黒竹輪は、ブライトに接近してバーベキュー用の大型ヒーターを手配。
その際の雰囲気が、レインには非常に親密そうに映ったようで、2人の関係を誤解し始める。



レイン壊れる。普段は全く興味のない娘なのだが、今回はハイテンションで可愛い。
ブライトに真相を尋ねようとするファインを突き飛ばすシーンなんか最高だ。
青が赤を射出。宇宙鉄人キョーダインを思い出しちゃったら良いお年頃ですな。_| ̄|○
キッカケはレインの誤解。だが、いつしか話はブライトとソフィーの婚約話まで発展。
最初はアルテッサが義妹になることに、激しいショックを受けたアウラー。
だが、お兄さまと呼ばれる喜びと、今以上に親密になれるチャンスと考えを変更。
2人の話を進め、婚約記念パーティ開催を支援する。
当の本人のソフィーは話が見えず、結婚は本人の知らない所で決まるのかと戸惑う。
ブライトはどうでも良いが、愛しのアルテッサと姉妹になれるのならばと乗り気だ。


暑さに我慢の限界を超えたエリザベータは魅惑のノースリーブ。
いっそのこと、脱げるモノは全部脱いだ方が涼しいと思うぞ?(笑)
関係者にパーティ招待状が配られてレインは最早、虫の息。合掌。
そしてパーティ開催。義弟となるブライトに妹を頼むアウラーが非常に偉そうだ。
微妙に話が噛み合わない中、黒竹輪はヒーターをかざぐるまに設置。周囲は灼熱地獄と化す。
こりゃまたハイパワーなヒーターですなぁ。。。不正改造品?


あまりの暑さに落ち込んでいられないレインは、ヤケ気味にファラリラタイム。
結局、全ては誤解であったと知って今回の騒ぎは収拾する。
う~ん。せっかくドロドロな嫉妬劇のお膳立てがされたのになぁ。
たった1回で壊しちゃうのは、もったいないと思うのは私だけですかね?
そしてオチ担当のエリザベータは、冷凍庫という居場所を見つけ、快適な時間を過ごすのであった。
次回は魅惑の水着祭。ママンにも登場して欲しいのだが。。。無理?

©BIRTHDAY・NAS・TV TOKYO

[アニメ]学校の怪談 #14


心霊現象に怖さ、気持ち悪さを感じるか、桃子の脱衣にエロさを感じるかが分かれ目。
せっかくだから桃子のブラの紐に萌えておくぜ(最悪だ
画面には描かれなかったけど、あの脱ぎ方じゃ見えてそうだよなぁ。。。

©講談社・フジテレビ・アニプレックス・ぴえろ

本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [轢き逃げは重罪って事で。 黒ミルロはぜひぜひ見てみたいなぁ。。。]

にゃあ [一回、セレブ星がどうなってるのか見てみたい気がします^^;]

あいら [エリザベータが帰省しなかった理由も気になる。]


2006-08-13 ジンギスカン食べたい

[アニメ]となグラ! #06



ちはやかわいいよちはや。ホント、良い娘だよなぁ。
初音も一瞬見せた黒さは魅惑的。大原さやかは黒い方が好みだな。(笑)
絶交した2人は、お互いに深いダメージを受けて落ち込みっぱなし。
それでも仲直り出来ずに、時間だけが過ぎて行く。
どうやら今回の夫婦喧嘩は、ちはやの勇治略奪宣言も1つの原因であるらしい。
ちはやにしてみれば冗談混じりの一言だったのだが、香月を追い詰めてしまったのか。
こうして、ちはやは香月を安心させるために、勇治とは何ともないと告げて慰める。
う~ん。ホントにちはやの勇治への想いは、その程度だったのですかね?
良く解らないのが香月。そこまで好きならば、勇治の求めを拒むなよ。
そして勇治の方は拒絶の連続で、自分は嫌われていると思い込んでしまったようだ。
一緒にいる時、香月は決して笑顔を見せてくれない。その事実が追い打ちを掛ける。


香月の、何も飾らない怒った顔は親密な人にしか見せない。
そんな初音の言葉で、勇治はショックから立ち直る。
ベランダで勇治と初音の会話を盗み聞きしていた皆さんは屋根へと移動。
香月は勇治の想いを聞き、気が緩んだ所で屋根から転落してしまう。
そんな香月をキャッチした勇治。その様子は、お姫様だっこだ。
小さなキッカケ原因で起こってしまった夫婦喧嘩は、これまた小さなキッカケで幕を閉じる。


香月の作り笑顔。。。怖すぎだよ。(´Д`;)
その後、素晴らしい笑顔を見せるのだが、勇治はうっとりしてシャッターチャンスを逃す。
でも、勇治に抱き付かれて嫌がりつつも嬉しそうな香月が、一番輝いてる感じですな。
これで、めでたく勇治×香月は確定か。良い最終回でした。。。

©筧秀隆・JIVE/初恋のベランダ愛好会

[アニメ]FNS地球特捜隊 ダイバスター #29


女子プロボウラーや、微妙なグラビアアイドルには厳しいダイバスター。
良い場面で当たり前のようにCMを挟む、最近の番組構成は誰もが大嫌いなはずだ。。。
近視用眼鏡で視力を落として、さらに近視用眼鏡で視力を戻す調査は珍しくまとも。
ここまでやったなら、最後は遠視用の眼鏡でちゃんと視力が戻るのか実証して欲しかったよ。
今回も視聴者プレゼントあり。銀河万丈サイン入りメガネ。
ホールズの包みをオブラートと間違えた銀河万丈。おちゃめさん?(笑)

©Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.
©THE WORKS,Inc. All rights reserved.

[アニメ]ガイキング #33


今回はダイヤの代わりにリーさん参加でのガイキング占い。 今週は「ナオトくじ」と「ケガしたロンゴくじ」。
ケガしたロンゴくじ。「すごいヒミツを知っちゃうかも」
ナオトくじ。「デートに遅れちゃうかも」
女豹かわいいよ女豹。リーさん勝ち組だな。。。
48人目のクルーとして迎えられるナオト。
いきなり大空魔竜の操縦をしちゃうナオトは正直、出来すぎ。
でも、このアニメに関してはソレが良いんだよね。
ダイヤを狙うライバルが居座ることで、ピュリアは内心不安でいっぱいなんだろうな。(笑)

©テレビ朝日・東映アニメーション

[アニメ]デジモンセイバーズ #18


デジタルワールドに釣り爺さん登場。メルクリモンの居場所へと案内する。
だが途中で、相変わらず人間を憎むイクトの攻撃を受ける。
人間でありながら、デジモンとしてメルクリモンの寵愛を受けるイクト。
それが面白くないゴツモンはイクト諸共、人間達の全滅を図る。
マサルは断崖絶壁をイクトを支えながら腕1本で登ったり、イクトの攻撃を真剣白刃取りしたり。
さらにはメルクリモンを相手に殴りかかったりと、相変わらずの豪快さを見せる。


3体のデジモンの力を合わせての攻撃でも、メルクリモンに傷を付けるのがやっと。
反撃を受けて戦闘不能の危機に陥った所で、爺さんがカメモン@高橋直純をリアライズ。
ガワッパモンへと進化させてメルクリモンを引き付ける。
爺さんにイクトを託されたマサル達は一旦、人間界へと帰還する。
今回のデジモンによる人間界侵攻は、人間がデジモンを虐殺した事への報復行動。
DATSはこの状況を把握してないようだが。。。別の組織や派閥の仕業だろうか?
それともデジモンと人間の両方を邪魔と考える、第3勢力が存在?気になりますな。
とりあえず夏休み期間中に人間界へ戻ってきたのは嬉しい限り。
ここは、ぜひぜひ知香とママンも誘って海水浴にでも出掛けて欲しい。(笑)

©本郷あきよし・東映アニメーション・フジテレビ

[アニメ]おねがいマイメロディ ~くるくるシャッフル!~ #20


柊邸の別荘で兄弟鉢合わせ、険悪な雰囲気が漂う。そこにトドメを刺したのがマイメロ。
わざわざ携帯の待ち受け画面をウサミミ仮面に設定。柊先輩に見せるという暴挙に出る。
ウサミミ仮面の正体を知りつつ、ワザと嫌がらせをしているとしか思えないぞ?


うーみー。当然ながら水着祭。ただ。。。作画が微妙なんだよなぁ。
水着回は作画が荒れるという悪い伝統は、いつまで続くのだろうか?


泳げない事がバレて、同じく泳げない琴にまで笑われる潤。キレちゃいますよ。
琴は柊弟、潤はお子ちゃまと罵り合う。2人のレベルは拮抗している感じですな。


セバスタンは水中モーターとして暗躍。インチキ技で颯爽と泳いで見せる潤。
これに刺激されてしまった琴は、無謀にも足の着かない場所へと泳ぎ出す。
お約束の大波をモロに受けて溺れかけてしまう琴だが、セバスタンの活躍により救われる。



そんな経緯があって今日は遊泳禁止。それでも琴は早く泳げるようになりたい。
ここでクロミ登場。琴は、夢の扉を開かれてしまう。
琴は人魚に変身。可愛い、とても可愛い、非常に可愛い。
いつも疑問に思うのだが、人魚は哺乳類に属するのだろうか?それとも魚類?
そこいらの謎を解明するべく、然るべきシーンを描いて欲しいのだが。(笑)
クリオネ歌は可愛いけど微妙。奏のビーナス誕生はどんな状況なんだ?
真菜はイルカ、美紀は毒電波クラゲ、小暮はカツオ。美紀なんか似合いすぎで怖いよ。
こうして華麗に泳いで海中を満喫する琴。だが、海と言えばお約束のサメが襲い来る。


琴が危ないというのにマイペースなマイメロは、歌に促されてカードドロー。
今回ばかりはドロー前から解り切っていたのだが、予想を裏切らずにウサミミ仮面出動。
「おれはウサミミ仮面」に乗せて颯爽と登場して、サメから琴を守る。
ウサミミ仮面は持ち前の知識でサメを過ごすのだが、潤が海に飛び込んだせいで再び凶暴化。
必殺のイケメンビームは魚類には効果が無く、ウサミミキックでサメの弱点を的確に攻撃する。
こうして悪夢魔法は解け、琴は今回の一件によって泳げるようになり、ピンク音符発生。
柊先輩も大活躍だったのでボーナスありかと思われたが、スタンプは1個だけ。厳しいやね。
今回の「おれはウサミミ仮面」に柊先輩は気分を害し、使用禁止を通告。
先月発売されたばかりのCDはどうする気なんだ?(笑)
最後に琴と潤は仲直り。泳げるようになった琴は、潤を調教する気マンマンだ。
意外なのだが何やら良い雰囲気。琴と潤のカップリングはアリなのかもしれない。
でも、そんなカップリング成立はアニメ制作スタッフが許しても私が許しません。ヽ(´ー`)ノ
『うさみみ仮面のあるばむ』(Amazon)

©SANRIO CO., LTD. サンリオ/ウィーヴ・テレビ大阪・マイメロディ製作委員会

[アニメ]MAR -メルヘヴン- #71




もう観てなかったんだけど。。。ワクワクが止まらなかったので永久保存。(笑)

©安西信行/小学館・ShoPro・TV Tokyo

本日のツッコミ(全11件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [でも斎藤千和の出番は少なそうな予感。。。 ウサミミ仮面になれば宇宙はおろかタイムワープも可能かも。(笑)]

南斗孤鷲拳 [マイメロなんですけど去年に比べれば作画は(幾分)マシなのでは?でも荒れ気味と言うか微妙なのは同意! 来週に期待します..]

あいら [前作の方が安定していたかと。]


2006-08-14 夏コミ4日目か

[アニメ]ARIA The NATURAL #20


アリア社長は夏風邪でお留守番。桃缶をお土産にと約束して灯里は練習に出発。
外は猛暑で頭クラクラ。そんな中、黒服の女性を見掛けて暑さ倍増。
遅れて到着の藍華も暑さでグッタリする。
暑い時こそ怪談で涼む。嫌がる灯里を余所に、藍華は怖い話を開始する。
それはサンマルコ広場でのお話。マンホームのサンマルコ広場では公開処刑が行われていたらしい。
女性死刑囚は執行後、サンミケーレ島への埋葬を希望したが聞き届けられなかった。
それ以降、喪服の女性がサンミケーレ島へ連れて行って欲しいと出没するようになった。
そして、女性の願い通りに連れて行くと神隠しに遭ってしまうというお話。
藍華かわいいよ藍華。怖い話をする藍華の表情が最高なのですよ。
その後、アリスが絶妙なタイミングで灯里の身体に手を触れて恐怖を演出する。(笑)
今までも不思議空間へ何回も迷い込んだ経歴の持ち主である灯里。
藍華とアリスは注意を喚起するのだが。。。無理ってモノですな。


練習を終え、桃缶を購入しての帰り道。サンマルコ広場で黒服の女@篠原恵美に呼び止められる。
ゴンドラに乗せて欲しいと依頼されるのだが、灯里はシングルなので客は乗せられない。
時間も遅く他にゴンドラは無く、女性は困り果てる。
ここで灯里は、お友達と言うことにして乗せるという臨機応変な対応を取る。
そしてゴンドラを漕ぎ出し、目的地を尋ねると。。。サンミケーレ島。
その様子をネオ・ヴェネツィアの猫たちが複雑そうな表情で見守る。
脅えながらも失礼が無いように女性を、サンミケーレ島へと送り届けた灯里。
足早に退散しようとするのだが、女性に腕を捕まれてお持ち帰りされてしまう。


サンミケーレ島固有の花が舞い散る中、墓地へと連れてこられた灯里。
風に靡いて見せたベールの向こうには。。。女性の顔は存在していなかった。
恐怖におののく灯里に対し、女性はお友達と声を掛けて誘う。
灯里絶体絶命。こんな所で最終回を迎えるのかと思いきや、ケットシーが登場。
女性は墓地の奥へと走り去り、灯里は事なきを得る。
普通はケットシーが不意に登場したら、逆に怖くなりそうだよなぁ。
現に女性は、不意に登場したケットシーに脅えて逃げた感じもするしさ。


魅惑の肉球ぷにぷにに安堵する灯里を、ケットシーは優しく抱き締める。
そして目を覚ました灯里は、いつのまにやらARIAカンパニーに。
心配でしょうがなかったアリア社長が灯里に駆け寄り、アリシアも灯里に経緯を聞いて抱き締める。
妄想とも取られるような話なのだが、アリシアは全く疑わずに受け止める。
灯里を信じて疑わないのか、それとも可哀想な娘と受け流しているのかは不明。(笑)
怖い話を現実に体験してしまった灯里に藍華とアリスは愕然。ここでアリスが話の続きを語り出す。
この話はマンホームではなく、ネオ・ヴェネツィアで作り出されたモノ。
噂が広まり、そして現実に。。。怖い怖い。
またしても不思議に巻き込まれてしまった灯里。お祓いして貰った方が良いかも。
アリア社長の風邪が何かに影響したのかと思ったが、単に桃缶を買わせるための伏線?
そこいらがチョッピリ気になりましたよ。

©天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

[アニメ]ゼロの使い魔 #07


キスが許されたと聞いて、手の甲ではなく唇を奪う狂犬。
姫様は、それこそ犬に噛まれたと思って諦めるしかないわけで。
奪われちゃった事実は変わらないのだが。。。初めてだったりしないよね?


街では、貴族の平民に対する横暴が蔓延しているとの噂。
アンリエッタはルイズと才人に諜報活動を依頼する。
だが、アンリエッタの私的調査のために軍資金は僅かのみ。
そこでルイズはギャンブルに挑戦。お約束通りに無一文になってしまう。
困り果てた所に救いの船。怪しげな特殊風俗店「魅惑の妖精亭」に転がり込む。
店ではチップレース開催。一番多くチップを稼いだ娘には、特別ボーナスが支給される。
さらに「魅惑の妖精ビスチェ」を1日着用出来る権利が与えられるらしい。
何やら魅了の魔法が掛かっているらしく、これを着れば稼ぎ放題。
軍資金が不足しているルイズとしては、願ってもないチャンスと張り切る。
だが、根っからの貴族であるルイズに性的奉仕など出来るわけもない。
寝床は屋根裏の粗末な部屋。コウモリに脅えて才人と同衾しちゃうルイズは非常に可愛い。
でも、才人はとっとと寝ちゃって可愛いルイズを見てないんだよなぁ。もったいない。


魅惑の妖精亭オーナーの娘、ジェシカ@樋口あかり。明るく元気な巨乳娘。
ルイズは客から胸の小ささをバカにされ続けている中、才人は巨乳のジェシカと楽しく皿洗い。
怒り、そして嫉妬。八つ当たり対象は当然のように才人となる。
瓶を投げつけられて気絶した才人は、ジェシカの部屋へと運ばれて良い雰囲気に。
ここで再びルイズが乱入、男の弱点を的確に蹴り付ける。これは。。。さすがに勘弁してくれ。


賑わう店にチュレンヌ@魚建なる徴税官が配下を従わせて来店。
この男こそが権力を傘に、平民の店を荒らし回る貴族の1人であった。
そうとも知らずに営業に励むルイズ。だが、平たい胸を見たチュレンヌはルイズを男呼ばわり。
当然ながらルイズが暴言を受けて黙っているわけもなく、蹴りを見舞わせる。
チュレンヌ一行からルイズを守り、触って良いのは自分だけと宣言する才人。
その格好良さにルイズはデレ化。だが、才人はデスフリンガーを置き忘れて丸腰。
絶体絶命の危機になるのだが、なぜかルイズが見事に攻撃魔法を決めて危機回避。
おいおい。ルイズって魔法を1回も成功させた事、無かったんじゃないのか?
あまりに都合が良すぎると思うのだが。。。全ては愛の力?
トドメにアンリエッタから授かった印籠身分証明書で水戸黄門モード。
悪党を平伏させて、店から追い出す事に成功する。
この際に置いて行った金はルイズのチップ扱いとなり、チップレース勝者はルイズに決定する。
お着替え。才人がいつものように着替えを手伝おうとすると拒否される。
どうやら才人を男として認識。恥ずかしいという感情が生まれたようですな。
そしてルイズが着たのは魅惑の妖精ビスチェ。その可愛さに才人はドキドキだ。
魅了の魔法の効果によるモノなのか、素直にルイズを可愛いと思ったのか。そこいらは謎のまま。。。


白と黒。ご注文はどっち?魅惑の妖精ビスチェも良いけど、店の制服も可愛いよね。
それでも髪を結わかれたら。。。黒を選びたくなっちゃうなぁ。
今回はとにかくルイズが可愛かった。胸の大きさを気にしている所なんか最高。
でもね、胸は大きければ良いわけじゃない事を、ルイズは知るべきだと思うのですよ。(笑)

©ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔製作委員会

本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [灯里はお星様に(やめろって う~ん。。。間の3、4巻のお話は何処に。(苦笑 ネタバレは個人的には気にしませんが、..]

カブト [灯里はいつかケットシーの家とかに招待されそうな気がする(笑)。]

あいら [ケットシーに求婚されたりして。(笑)]


2006-08-15 眠いのう

[アニメ]ストロベリー・パニック #20


親友としての関係は無事に修復されたはずの夜々と光莉。
だが、あの一件以来、光莉は自然と夜々との間に距離を置くようになってしまった。
触れられる事さえ拒んじゃうとは。。。意図的では無いのだが、身体は正直って事か。


深雪から静馬の事を聞いてから一夜。渚砂は無駄な明るさを演じて、空元気。
玉青以外の皆さんは、渚砂が深い悲しみを背負った事を知らない。
ところが不思議能力というか、クマパワーによって籠女が心の涙を察知する。




授業にも出ずに泣き続ける渚砂を心配する、中等部5人組。
千華留に相談し、食欲魔神を癒すには食べ物を進呈するのが一番との結果を出す。
全員が全員、同意見ってのも凄いよなぁ。
こうして季節感バッチリの特大モンブラン作成を計画。
だが皆さん、ケーキ作成スキルが足らないようで、無難なクッキーに変更する。
分割画面に、わざわざクマを割り当てるとは。。。蕾の立場は無し?(笑)
渚砂を慕う皆さん。夜々と光莉が蚊帳の外なのが気になる所。


玉青の尻。シャワーシーンがごくごく自然に描かれてますな。(笑)
静馬と出逢い、傷付いてしまった渚砂はミアトルに編入したことを後悔。
そんな渚砂の考えを玉青は完全否定。自分が渚砂と出逢えた喜びを語る。
玉青はルームメイト無しの寂しい生活を送ってきた。そして待望のルームメイトが渚砂であったわけだ。
あれ。。。?ひょっとして玉青のルームメイトになるはずだった娘って花織?
玉青は自分が、皆さんが渚砂のことを大好きと告げ、聞き耳を立てていた皆さんの存在を暴く。


自分を心配してくれる皆さんの存在に、元気付けられた渚砂は笑顔復活。
こうして深夜のティーパーティ開催。クマにクッキーを食べさせる籠女が怖い。
これはやはりクマが本体で、籠女は傀儡だったりするのだろうか?(´Д`;)


静馬の一件以来、渚砂への想いは深まるばかり。もう止まらない止められない。
すっかり眠った渚砂に対し、大好きと愛の告白をして唇を奪う玉青。
どうやら本当に眠っていたようだが、目が覚めていたらどうなったのだろうか?
今回は籠女が美味しい所を持っていっちゃった感じ。
渚砂のことが大好きな千代に、その役目を担って欲しかったんだが。。。そこが残念ですよ。

©公野櫻子・メディアワークス/いちご舎

[アニメ]BLEACH #93


途中で可愛い幼女さん@望月久代が出た瞬間、嫌な予感がしたのだが。。。やはり人質に。
恋次の時と言い、バウント編は無関係の子供が戦闘に巻き込まれすぎだよ。


幼女さんを人質にして、ルキアの大平原を顕わにしようとするヨシ。
変に身体を傷付けず、死神装束だけを切り刻んでくれるのなら歓迎だったのに。
「聞こえる聞こえる愛に悩む妹の叫びが。悪に苦しむ妹の嘆きが」
ルキア絶体絶命の危機に颯爽と現れたのが、ウサミミ仮面白哉だ。
だが、千本桜をモノともしないヨシは、自分の役目はここまでと不敵な笑いを見せつつ姿を消す。
その直後、火の手が上がる瀞霊廷。どうやら陽動作戦であったようだ。
だが、こんな子供騙しに引っ掛かる護廷十三隊では無い。。。と信じたい。


本編。呑気にお月見で盛り上がる皆さん。
月かと思ったら。。。斑目。OPで格好良さをアピールしたのに台無しだ。(笑)

©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [オリジナルになってから戦闘も大味すぎてね。。。]

 [アニメオリジナル矛盾しすぎ。 石田はホントは石田の父親が最後のクインシーで意思だの父親に死神と関わらないことを条件に..]

あいら [バウント編でアニメ終了したりね。。。]


2006-08-16 久々に良い肉食べた;D

[アニメ]桜蘭高校ホスト部 #20


双子が中等部2年生のお話。光にラブレターを出した女の子の前に馨が登場。
光の代わりに自分と付き合わないかと言い出すと、女の子は了承する。これが罠で実際は馨でなく光。
双子を見抜けず、どっちでも良かった女の子の目の前でラブレターを破り捨てる。
確かに双子の行為は酷いのだが。。。女の子も双子のどっちでも良いってのは酷いよな。


お話は更に10年遡る。見分けが楽なように、ふたご姫にドレスアップされる。
中の人さえ代えてくれれば、これはこれでアリかもしれないな(何がだ?
当時のメイドさんに双子のお気に入りが1人存在。常陸院家の世話係@石塚さより。
でも、そのメイドさんは実は泥棒。双子は自分達と遊ぶ事を条件に、金庫の暗証番号を教えると言い出す。
第1回どっちが光くんでしょうかゲーム開催。双子は見事に当ててくれる事を期待した。
だがメイドさんは、双子を見分けられる者は一生現れないかもしれないと告げて逃亡。
心に深い傷を負った双子は、捻れた螺旋階段の如く性格がねじ曲がってしまった。


時間は戻って中等部2年生時代。そんな双子をホスト部に勧誘する殿。
まとわりつく殿を厄介と感じる双子だが、暇つぶしにどっちが光くんでしょうかゲーム開催。
1ヶ月の期間内に、双子を理由付きで識別できればホスト部に入るとの条件が提示される。
こうして殿の挑戦が始まるのだが、不正解の連続。
この時の口調が殿っぽいという事から「殿」の愛称が付けられたようだ。
だが、暇つぶしにも飽きた双子は、一方的にゲーム終了を宣言する。
殿が須王本妻の子ではないと言う事実を突き付け、口外されたくないなら近寄るなと脅迫する。
殿にはそんな秘密があったのか。常にバカが付くほどに明るい殿も、さすがに表情が曇る。


双子は再びラブレターを出した女の子を傷付ける日々に逆戻り。
それにしても、この学校の女の子はホントに可愛い娘ばかりだよなぁ。。。
退屈な日々。そこに追い払ったはずの殿が登場し、どっちが光くんでしょうかゲームを続ける。
実際の所、殿に双子を見分ける事は不可能。そこまでそっくりなのは才能。
だから、これからも才能を極めるべき。でも、2人が別の存在である事実も忘れてはいけない。
そんな矛盾だらけの言葉を投げ掛けた殿に、食い付く双子。
だが殿は、双子が自分達を見分けられなかった時の悲しい表情を指摘する。


見分けて欲しい、見分けて欲しくない。そんな矛盾した双子の想い。
自分には無理かもしれないが、いつか双子を見分けられる者が現れるかもしれない。
殿はメイドさんとは逆の言葉を告げて、捻れた性格を僅かながらではあるが、戻したようだ。
こうして暇つぶしと自分に言い聞かせながら、双子は第三音楽室の扉をあける。
それは自分達が築いてしまった心の壁からの出口か。
最後の最後、ここでサブタイトルが出てEDへ。相変わらず演出が憎いですなぁ。(笑)
今回は双子のお話。良いお話だったけど。。。そろそろ、れんげに逢いたいよ。

©葉鳥ビスコ/白泉社・VAP・NTV・BONES

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [言動よりも、声での識別が容易なのは大問題ですな。 幼児の頃は。。。小島めぐみと後藤邑子に声をやって欲しかった。(笑..]

KAP [う~む、今週の双子の酷さはちょっと笑えない感じでした。 と言うか下らんことでひねくれ過ぎてサムい…。 そもそもお前ら..]

あいら [女の子も酷い事は酷いんだけどね。。。 それよりも殿の出生に関する事を突くのが嫌すぎた。]


2006-08-17 カニ。。。

[アニメ]ちょこッとSister #06


樹から落ちたちょこを、偶然にも助ける形になった石田駆@小林由美子。
顔より先に、ぱんつとの出逢い。こりゃまた衝撃的ですなぁ。
こんな角度でぱんつを見ていたから、てっきり顔面騎乗になると思ったのに。。。
助けてくれたお礼にソフトクリーム進呈。駆は照れくさそうにしながら、ちょこにも食べろと勧める。
こうして、魅惑のちょこ味ソフトを堪能。純情そうな顔をして間接キス狙いか。策士だな。


一方、はるまは珠美の依頼で、半ば強引にバイトに動員される。
しかも給料は現物支給。Tシャツなんか貰っても困るよなぁ。。。
珠美は明るく元気で可愛いけど、いろいろピンハネしてそうで関わりたくないな。
不満そうな、はるまに仕方なく映画試写会招待券を進呈。これが後程、勝利の鍵となる。
疲れ果てて帰宅すると、ちょこがすっぽんぽんでお出迎え。
これじゃ、逆に一部分が元気になっちゃいそうですな。(笑)


翌日、授業が休講となり、喫茶店でまったりとストーキング活動開始。
すると観察目標の綾乃が来店し、映画試写会の話題となる。
千載一遇のチャンス。はるまは、招待券を持っている事を告げて綾乃を誘う。
こうして明日は念願の初デート。はるまはルンルン気分になる。
部屋へ帰ると断水。これでは明日のデートに備えて身体の隅々まで磨けない。
しょうがないので、ちょこと一緒に近所の銭湯へと向かう。
その銭湯の番台に座っていたのが駆。この銭湯の息子であった。
でも、年頃の中学生男子を番台に上げるなんて、親は何を考えてるんだ?
ちょこを意識しまくりの駆、全く意識せず番台から良く見えるポジションで脱衣するちょこ。
駆は見てはいけないと目を逸らすのだが、ちょこの裸に興味津々。
偶然を装って鑑賞する事を思い付くのだが、既に脱衣済で手遅れ。残念でした。




スーパー湯気タイム。換気扇が故障中なのか、真っ白で全然見えませんよ。
これもDVDではスッキリと晴れるんですかね?商売上手であることだなぁ。(笑)
初めての銭湯で、はしゃぐちょこを注意し、正しい銭湯での入浴法を講義する、碧@小山裕香。
下町のお姉さんって感じなのだが、新キャラを登場される必要はあったのかな?
ここは真琴や管理人さんが役に相応しい気がする。と言うか、管理人さんの裸を見せろ(サイテーだ


風呂上がりのフルーツ牛乳でリフレッシュ。
駆は、湯上がりのちょこの裸をバッチリ鑑賞。見ていないフリをしていても本が逆ですよ。
碧と再会を約してお別れ。断水が終われば銭湯に来ることは無さそうだし、碧は今回限り?
今回は伏線を張るのが目的のようで、内容は無いに等しかった。
本来ならお風呂がサービスになるはずなのだが、白すぎでサービスになってなかった。
タオルや手ぬぐいを湯船に入れない事を強調したのは良かったけどね。(笑)
『ちょこッとSister』(Amazon)

©雑破業・竹内桜・白泉社/ちょこシス製作委員会

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

ハカイダー [くー管理人さんがー、管理人さんがーっ! 確かにアニメオリキャラの碧を出す必要があったのかはちょっと疑問ですが、原作通..]

あいら [管理人さんの悲しむ顔は見たくないんだが。。。平気だろか?]


2006-08-18 暑かった

[アニメ]貧乏姉妹物語 #06



山田姉妹の住むアパート隣に建ったマンションに、越後屋姉妹が越してきた。
銀子に皆勤賞の賞品をゲットさせるべく、学校に近い場所へ引越したらしい。
メチャクチャな話だが、銀子の真意は別にあるようで。。。
そんな感じで観察する時間も増え、ラブラブな山田姉妹に頭を抱える日々。
だが、姉に愛され、友達に愛され、商店街の皆さんに愛されるあすに嫉妬。
自分とあすとの違いが何なのか解らないまま、悩む事になる。
高価な望遠鏡設置。金子は特売探しのためと理解を示すが、実際は山田家の盗撮が目的であった。


盗撮だけでなく盗聴まで。。。どこにマイクを仕込んだんだ?
ニュータイプ真っ青の能力で、敏感に視線を感じるあす。だが、盗撮、盗聴には気付かない。
だが、盗撮を続ける銀子を見かねてメイドさんが注意。良識あるメイドさんが居て良かったよ。
幸せそうな山田姉妹の1日を眺めた銀子は、逆に自分が独りぼっちであることに気付く。
頼りないけど、優しくて傍に居てくれる、きょう。
頼りがいがあるけど、厳しくて自分の傍には居てくれない金子。。。か。


今夜も独りぼっち。盗撮を継続しようとしたが、カーテンを閉められて見られない。
そこで銀子は湯上がりのバスローブ姿で、山田家を襲撃。新居へと招待する。
高層マンションの最上階。夜景が美しい部屋を自慢するのだが、きょうは立ったまま寝てしまう。
新聞配達の朝は早い。いつもは寝ている時間らしい。
頼りない姉の面倒を見て大変と同情っぽい言葉を掛けられた、あすは笑顔で否定。
いつも頑張ってくれるきょうが、世界でたった1つの頑張らなくていい場所になりたいと告げる。
姉が妹を支え、妹が姉を支える。そんな山田姉妹を銀子は羨ましく感じる。


深夜。帰宅した金子が自分の服を畳んでくれていることを目撃した銀子。
自分が思い込んでいただけで、実際は金子も自分を支えていてくれた。
銀子は思わず涙。頑張りすぎないよう告げると、金子は笑顔で応える。
金持ちだけど心がイマイチ貧乏だった銀子も、チョッピリだけど心が豊かになりましたな。
こうして越後屋姉妹にもラブラブ空間発生。お幸せに。(笑)
今回は良いお話。。。だと思ったんだけど、随所に越後屋姉妹の嫌な所が見え隠れする。
皆勤賞のためにマンション建設。節約ごっこのためならヘリも手配。
なんだそりゃって感じだよ。やはり越後屋姉妹は好きになれない。。。


「寒い冬 七味を食べて あったまる」
「フリマは 我が家の 百貨店」
この七味も、陳皮ばかりの廉価品なのだろうかと考えると泣けてくる。

©かずといずみ・小学館/貧乏姉妹物語プロジェクト

[アニメ]ケロロ軍曹 #123



日向家の里帰りに同行したケロロ小隊は、まったりとした時間を過ごす。
玄関横に置かれた精霊馬に興味を示した軍曹だが、なぜか囓られた跡があることに気付く。
クルルは茄子を囓るモアたんを目撃。さらに夏美は茄子を囓る巨大ナメクジを目撃。
その後も、皆さんが怖いと感じるモノが次々と出現し、大騒ぎに。
その正体はカワール星人。身を守るために、相手が一番怖いと思うモノに擬態する習性があるらしい。
この能力利用を思い付いた軍曹は、ギロロを囮にしての捕獲作戦を開始。
放送123回目にしてギロロの弱点がナマコと判明。過去に何かがあったのだろうか?
軍曹の作戦にしては珍しく捕獲に成功するのだが、おばあちゃん登場。
カワール星人は迷子のようで、迎えに来た母船へと帰される。
するとカワール星人は、おばあちゃんが一番逢いたかった、おばあちゃんに擬態。
ささやかな恩返し。一瞬の幻ではあるのだが、おばあちゃんは幸せな気分になる。



後半。タママは早朝トレーニング中に、ゆっくりと歩み続けるカメと遭遇。気になり始める。
朝食を食べ、ペコポン侵略会議を行い、スイカを食べたてまったり。
その後再び、カメの所を通りがかると相変わらずのペースで歩き続けていた。
食事もせず休む事無く歩くカメ。タママは夜祭りの最中も亀の事が気になってしまう。
冬樹が、幼い頃にカメすくいのおじいさんから貰ったカメ。
タママの言っているカメは、当時、脱走してそれっきりのカメかもしれない。
冗談混じりで笑う皆さんだが、おばあちゃんは複雑そうな表情を見せる。
タママは祭を抜け出してカメの所へ。すると、カメすくいのおじいさんに辿り着いていた。
カメが目的地に辿り着けたことを喜ぶのだが、おじいさんは既に亡くなってるんだよね?
これだとカメもあの世行きって事になりそうなんだが。。。
今回は、しんみり系2本立て。でもタママが絡むと良い話もイマイチ感が漂っちゃうんだよなぁ。
とりあえず、夏美のオーバーオール&浴衣で満足しておきますかね。(笑)

©吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [アニタとか斎藤千和キャラには良く似合いますな。]

T.tokita [114話や119話でも最後のカットで突然いなくなるほどモアちゃんの扱いが酷くなりましたよね。モアちゃんのような『清純..]

あいら [話に絡めにくいのは事実かも。でも、しんみり系には合うと思うんですがね。。。]


2006-08-19 眠い

[アニメ]韋駄天翔 #46


全ては自分の責任と、うじうじするお兄ちゃんを厳しく説教するまこと。
可愛い妹に慰めて貰おうと思った所で意外なプレイ開始。
お兄ちゃんは妹の成長と、思いがけないご褒美に喜びを噛みしめるのであった。(笑)


ツンデレ街道驀進中の牙舞ちゃん。その可愛さをユウキは見逃さないぞ!
今までは敵視して距離を置いていたのに急接近。
一番人気の翔を諦めて、ターゲットを変更。牙舞ちゃんの貞操の危機か?
牙舞ちゃんは四天王をXシティの救助活動へと向かわせる。確かにデレ化が著しい。
再び、チームX急襲。何でも1人で背負おうとする翔だが完敗。
ダークエンブレムを貼られそうになってしまうが、間一髪の所で救われる。
そしてついに戦力外通告。翔は激しいショックを受ける。
チームXが大軍で迫り来る中、お兄ちゃんは韋駄天バトルを挑む事を提案。
ここで孤影は、あゆちゃんが適任であると告げ、韋駄天バトルを挑む。


スタート地点は21行8列。全168人での韋駄天バトルとなる。多すぎだ。(´Д`;)
当然ながらバトルは1対167。あまりにも条件が悪すぎだと思うぞ。
得意のスタートダッシュで差を広めたあゆちゃんだが、途中で転倒。3人に抜かれてしまう。
その後は差を詰められずに諦め掛けてしまうのだが、孤影が凧から声援を送る。
こうして、あゆちゃん再始動。差を詰めることに成功するのだが、抜き去れない。
だが、さすがは翔の弟。眼に暑い炎を燃やして華麗なテクニックを見せる。
翔が何でもショートカットで片付けるのとは対称的。燃えてはいるけどMTBレースっぽいぞ。


あゆちゃん大勝利。これには翔のワクワクも止まらなかったようで、熱く燃える。
ここでエロ鳥は「試練の丘」なるMTB練習場の存在を思い出す。
しかも近くにあるようで。。。都合良すぎですな。
翔は再起を図るべく試練の丘へと向かう。これから、しばらくは特訓編になるのだろうか?

©藤原としひろ・TOMY・講談社/アニプレックス・MN・テレビ東京

[アニメ]ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #21


ふしぎ星に拉致招待しても相変わらず険しい表情ばかりのファンゴ。
ふたご姫はファンゴを笑顔にするべく、メラメラの国へとバカンスに出掛ける。
海でリオーネ、ティオと待ち合わせ。ティオに出番があったよ。。。(笑)
だが、おひさまの国から害虫も気球に忍び込み、リオーネに憑いてしまう。
黒リオーネが可愛い。黒竹輪もだったけど、ツリ目の方が魅力的だよね。



スイカ釣り開催。初めて見聞きする行事なのだが、定番なのか?
皆さん水着にお着替え。髪を輪っかに結わいたエリザベータが可愛すぎる。
その可愛さはエリザベータの言葉通り、女神そのものだ。
なかなか釣れないスイカに苛立ったファンゴが参戦。見事に釣り上げる。


だが、ふたご姫が用意したスイカは、なぜか石にすり替えられていた。
ふたご姫を激しく非難するリオーネ。その黒い表情が素晴らしいぞ。
黒竹輪も黒リオーネも中の人は変わらず。エリザベータはどうして変わっちゃったのかのう。


気を取り直して流し素麺。上手く素麺を掴めないエリザベータとレインが可愛い。
ポンコツなレインを見かねてファンゴも参加。レインは着実にフラグを立ててますな。
そして、またしてもリオーネが流し素麺を妨害。ふたご姫を非難する。



またまた気を取り直してビーチバレー。ファインの圧倒的パワーで翻弄されるレインとティオ。
またしてもポンコツなレインを見かねてファンゴが参戦。勝負は互角となる。
そして、またまたリオーネが妨害。ビーチボールを操作してファンゴにぶつける。
これをファインが故意にファンゴを狙ったと非難。ふたご姫は居た堪れなくなる。
だがファンゴは、ふたご姫がそんなことをするはずがないとキッパリ断言。
逆に、ふたご姫を何回も陥れるリオーネが怪しいと見抜くのであった。
皆さんリオーネを疑い出し、分が悪くなった所で害虫はリオーネの身体から抜け出す。
諸悪の根源が害虫であると知った皆さんは、殺虫剤で一斉攻撃。。。すれば良かったのにね。(笑)


ぺたんこファラリラタイム。みぢゅぎだけに、ぺたんこ加減が強調されて素晴らしい。
エリザベータが戦闘に巻き込まれて危機に陥ると、すかさずファンゴが守り抜く。
こりゃエリザベータは、ますますファンゴを特別な存在に考えちゃうだろうなぁ。
ファンゴは自分に接触するレインが気になってる感じもするし、複雑な関係に進展しそうな予感。
結局、ふたご姫の目論み通りにはならなかったけど、ファンゴは確実に打ち解けた様子。
長いようで短かった、ふしぎ星帰郷編は今回で終了。エリザベータとレインのテコ入れ編とも思えたよ。
そして出番が無く、帰りの列車で背景と化していたミルロ。涙を誘いますな。。。
『虫よけ・殺虫剤・忌避』(Amazon)

©BIRTHDAY・NAS・TV TOKYO

[アニメ]学校の怪談 #15


招福ねこぱんつ。風の悪戯に応え、わざわざ向きを変えてハジメ達に見せる。
さつきはサービス精神旺盛だよなぁ。(笑)


今回のゲストキャラは、さつきのクラスメイト4人。
高橋ともみ@折笠富美子、清原美園@半場友恵、江藤あや@浅井清己。
今観ると非常に豪華な面子だよなぁ。そして、しのぶ(闇目)@川村万梨阿。
願い事、まじない、儀式。闇目に騙されたとは言え、素人が安易に手を出すのは危険ですな。

©講談社・フジテレビ・アニプレックス・ぴえろ

本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [女言葉を使っての演技。想像してみると笑えてくるね。(笑)]

スザク [1番下の段の左から2番目のキャプ。 ファンゴがエリザ様にものすごくえっちな事をしているように見えてたまらん…。]

あいら [その2人なら許可だな。(笑)]


2006-08-20 暑い

[アニメ]となグラ! #07


いきなり3年後と思いきや、初音による妄想劇場。口に出してタイプするなよう。
勇治を香月と同衾させるだけでなく、2人の関係の障害となる、まりえを縛ってタンスに放り込んだり。
初音が一体何を考えているのか理解できない。まさか、この歳で伯母になりたいのか?


一撃で気絶させられてしまったまりえは、初音の弱点を探すべく諜報活動開始。
だが、都市部で茂みに擬態するのは逆効果。ここはダンボールを使用するべきだろう。(笑)
ニーナに懐かれて諜報活動は大失敗。逆に初音の万能ぶりを再確認する結果に終わる。
文武両道なのに、なぜかどの部活にも所属しない。香月は自分の面倒を見るせいだと考え始める。
男女共に絶大な人気を誇る初音にはファンクラブが存在。
その1人でもあるメディア部の大河内望巳@江里夏から、初音が倒れたと聞かされて香月は動揺する。
魅惑の眼鏡っ娘の望巳。非常に可愛いけど。。。今後、出番はあるのかな?
大急ぎで帰宅すると、初音は何事もなかったかのように夕食の準備をしていた。
額に手を当ててみると確かに熱っぽい。香月は初音を強制的に床に就かせる。


初音の代わりに家事全般担当を決心する香月。その意気込みとは裏腹に失敗続き。
お粥を作って届けると、初音に「トドメ?」とか言われてるし。(笑)
どぢっ娘と判断するか、家事能力欠如と考えるかが分かれ道になりそうですなぁ。



初音が部活をしないのは香月と一緒の時間を多く持ちたいから。
姉妹の領域を超越して香月ラブ。初音は香月に口移しを要求する。
ここで勇治の邪魔が入ってしまったが、初音は構わず攻める一方。
さすがの勇治も空気を読んだようで、姉妹貝合わせの邪魔にならないよう退散する。
こうして強制同衾。激しい一夜を過ごした後、香月は見事に粘膜感染するのであった。
最愛の香月が風邪。初音は心配によって全ステータスがマイナスに。
こうして家事レベルは香月同等となり、有坂&神楽家は甚大な被害を被ってしまう。
結局の所、初音の唯一無二の弱点は香月であったと判明する。
ここまで香月が好きなのに、勇治ごときとくっつけようとするのが理解できない。
香月の幸せを最優先するのなら解るのだが、本人はまだ躊躇してるんだし。謎すぎだ。

©筧秀隆・JIVE/初恋のベランダ愛好会

[アニメ]ガイキング #34


ルルかわいいよルル。でもディックが絡むと無性に腹が立つ。
せっかくのドレス姿なのに、ピュリアがほとんど描かれなかったのが残念だよ。
ガイキングのサポートを続けていたNEXがダリウスに裏切り。
こうなるとディックの親子関係よりも、ダイヤのママンの身が心配でしょうがない。


ガイキング占い。今週は「ルルくじ」と「ディックくじ」。
ルルくじ。「英語がじょうずに話せるかも」
ディックくじ。「お買物しすぎちゃうかも」
まぁ。。。ルルお持ち帰りは、非常に良い買い物だよな。(笑)

©テレビ朝日・東映アニメーション

[アニメ]デジモンセイバーズ #19



釣り爺さんをデジタルワールドに置いて、人間界へ戻ってきた皆さん。
マサルとイクトは今すぐデジタルワールドへ戻ると大暴れ。逆にダイブ装置を破壊してしまう。
ダイブ装置の修理には最低でも2週間。その間は当然ながらデジタルワールドへ行くことは不可能となる。
ここで薩摩からデジタルワールド探検隊発足の経緯が語られる。釣り爺さんは隊長であった。
過去、謎の失踪事件が多発。デジタルワールドへ転送されたと判明する。
こうして各部門のエキスパートが招集され、探検隊が発足したらしい。
そして探検隊に所属していたのが野口夫妻。
赤ん坊がデジタルゲートによって転送されて生き別れ。その赤ん坊がイクトであった。
イクトの母@熊谷ニーナ。イクトは明らかに母親似ですなぁ。将来美人になること間違い無しだ。
薩摩は息子とか口走ってたけど何かの間違いに違いない。ヽ(´ー`)ノ
野口夫妻は日本アルプスに在住。逢いに行くことにするのだがイクトは激しく抵抗。
あくまで自分はデジモンだと駄々を捏ねるイクトを、絶妙な加減で扱うマサル。
知香の扱いもだったけど、マサルは子供への対処が上手すぎる。意外と保父さんとか適職かもしれない。
日本アルプスへ向かう途中でデジモン襲来。メルクリモンにイクト回収の任を与えられたゴツモンであった。
ライラモンの柔らかそうな胸の感触を楽しみながら、マサルは殴りまくり。
ヨシノは1回のデジソウルチャージで完全体に進化させられるのに、マサルは無理なのね。
まぁ、マサルがデジモンを殴るのは無駄にカッコイイので歓迎ですけど。


イクトを亡き者にしようと企むゴツモン。間一髪の所でマサルが飛び込んで救う。
これにはイクトもビックリ。こりゃマサルに惚れちゃったかな?(笑)
ゴツモンはイクトを嫌う感情を、デジタルワールドのデジモンの総意だと偽る。
自分はデジモン。自分の居場所はデジタルワールドだと信じていたイクトは激しいショックを受ける。
いい加減、ゴツモンがウザくなってきた。。。早めの退場をお願いしたいよ。
次回はイクトの母が魅惑の触手プレイ。楽しみだ。とても楽しみだ。とてもとても楽しみだ。

©本郷あきよし・東映アニメーション・フジテレビ

[アニメ]おねがいマイメロディ ~くるくるシャッフル!~ #21


冒頭だけながら、今回も水着祭延長開催。魅惑のワキを堪能しよう。(笑)


別荘でのバカンスを楽しむ皆さんだが、歌は柊先輩が気になってしょうがない。
そんな時、永代橋先生と通話中の柊先輩の口から出た言葉に愕然となる。
バイオリンを辞める。柊先輩の夢を見つける手伝いをすると心に決めていた歌は動揺。
別荘から帰る日。電車の発車間際に、歌は別荘に残ることを決心する。
その頃、邪魔者が別荘から消えて柊先輩とのラブラブを妄想するクロミ。
サマードレスが非常に可愛い。これをぜひクルミに着て欲しかったよ。
結局、歌が戻って来るのでラブラブは敵わなくなってしまったわけですが。


電車に乗らなかった歌を追い掛けるべく、ヘリをチャーターした潤。
小暮とフラット、マイメロも同乗するのだが、柊先輩の命令により撃墜されてしまう。
花火の直撃を受けてバラバラになるヘリ。容赦無いな。
その後、柊先輩は断崖へと向かい、バイオリンを投棄しようとする。
そこに歌が駆け付けてバイオリンをキャッチ。だが、勢い余って崖から落ちそうになってしまう。
そんな歌を抱き支える柊先輩。これには歌の心拍数も急上昇だ。
クロミと出逢い、ダークパワーの曲を弾くために継続。元々、バイオリンは辞めるつもりでいた。
歌はバイオリンが柊先輩の夢と理解。必死で止めるのだが、辞めるという柊先輩の決心は変わらない。
しかも別の夢が見つかりそうと聞かされ、歌は複雑な表情を見せる。
夢を見つける手伝いをしたいと想い続けてきたが、自分は何も役に立てなかった。
自分の存在を、柊先輩は必ずしも必要としていなかったという現実を突き付けられた感じですな。
その柊先輩の夢は、ウサミミ仮面らしいのだが。。。いいのか?それで?(´Д`;)


ヘリを撃墜され、別荘のある島へと漂着した小暮達。そこには巻き添えを食らった永代橋先生の姿があった。
柊先輩の才能を諦められず説得に現れたのだが、クロミによって夢の扉が開かれてしまう。
イモムシから繭、そして気色悪い蝶へと変身。蛾かもしれないが。(笑)
確かに柊先輩のためを思っているようだが、自分の考えを強要するのはねぇ。
自分の信念を貫き通す柊先輩を前に、永代橋先生はメロディを頂戴と大暴れ。
ここで潤と小暮、茄子とクロミ、セバス兄弟がCD販促を兼ねての歌謡大会を開催。
だが、当然ながら永代橋先生が満足するはずもなく、歌を糸で縛り上げる事態へと発展する。


この状況でもゆるゆるなマイメロに、柊先輩はカードドローを指示。
目を輝かせたマイメロがドローしたカードは、前回に続いてのウサミミ仮面。
一見、デュエリスト真っ青の引きの強さなのだが、マイメロはカードを見て選んでるしな。(笑)
確かにウサミミ仮面は夢になりそうだが、公衆の面前での変身は嫌。
ここで柊先輩はカードキャンセルの大技を繰り出し、嫌々ながらバイオリン演奏を始める。
ウサミ仮面の正体がバレる事よりも、バイオリン演奏の方がマシと考えたようだ。
こうして永代橋先生は満足。ラの黒音符を大量に発生させて事態は収拾する。
柊先輩の演奏に酔いしれる皆さん。悔しいが潤も、その1人であったようだ。。。


バイオリンをあげると言われて歌は躊躇。とりあえず預かる形を取ることにする。
自分は妹。妹として柊先輩の夢を預かる道を選択し、その場では笑顔を見せる。
こうして歌の柊先輩への恋は終わりを告げて涙。何も言葉をかけずに受け止める小暮がカッコイイ。
ここで小暮は見守ることに徹するか、強く押すべきか。意見が別れる所だろうなぁ。
だが、現時点では正解は不明だと思う。どちらが正解なのかは視聴者に委ねられそうだ。
とりあえず。。。空気を読めない潤を取り押さえた真菜に拍手を贈りたい。(笑)

©SANRIO CO., LTD. サンリオ/ウィーヴ・テレビ大阪・マイメロディ製作委員会

本日のツッコミ(全13件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [その前に大臣をドローしてあげないとね。(爆)]

スザク [挿入歌の目白押し、これがマイメロの楽しい所。 最後すげー良かった。でも柊先輩の抱きかかえも良かった。 どっちを応援す..]

あいら [潤だけは応援したくない。。。]


2006-08-21 高校野球は。。。両校優勝ってナシなのか?

[アニメ]リリとカエルと(弟)




第4回アニマックス大賞受賞作品。今回は東映アニメーションが制作。
リリ@西村ちなみは、遊園地に来てまで夫婦喧嘩をするパパ@私市淳とママ@金月真美にウンザリ。
アトラクションで勇者の剣を抜いて大蛇を退治。どんな願いでも叶えられる特権を得る。
だが、単なる遊園地のアトラクションと思いきや、フラッグランドなる世界へ呼び込まれてしまう。
カエル王@龍田直樹に鍵を渡され、両親の離婚を願うリリ。
そこに、リリの弟を名乗る近藤@谷山紀章が、願いを阻止するべく現れる。
カエル王の子が孵化するまでに、希望の扉に辿り着かないとカエルにされてしまう。
こうしてリリと近藤の2人は、数々の障害を乗り越えて希望の扉へと向かう。
最初は弟と信じられなかったリリも、次第に近藤を弟と認め、心を開いて行く。
希望の扉を目の前に、リリの危機を救うべく自己犠牲した近藤。リリが希望の扉で願ったのは。。。
練馬大根を彷彿されるミュージカルパートに噴いた。
子供が親を選べるってのが、このアニメの重要な鍵。お話も面白かった。
何よりノースリーブ幼女さんのリリが可愛すぎ。リリの弟になりたいね。(笑)

©東映アニメーション/アニマックス

[アニメ]ARIA The NATURAL #21


深夜2時頃、列車の音で目を覚ました灯里。
絵本にもある銀河鉄道。だが、他の皆さんは夜中に列車の音など聞いたことは無い。
そして次の日の深夜。灯里はアリア社長から謎の乗車券を受け取ってしまう。
さすがに不思議体験が多すぎと、気を付けるように告げる藍華とアリス。
アリシアはアリシアで灯里の言葉を全く疑わない。
前回も書いたけど、灯里の言動は一歩間違えると可哀想な子扱いされそうだよな。


非常に貴重な灯里の私服。藍華と違って限りなく無に近い胸が魅惑的だ。
銀河鉄道と言えばメーテル。アリア社長は形から入るタイプなのか?(笑)
乗車券に書かれた時間、場所になると、そこには線路など鉄道施設が。
そして蒸気機関車に引かれ、列車が入線する。


乗車口には乗車券を咥えた猫がいっぱい。巨大な車掌さんが整列させ、改札を始める。
躊躇しながらも改札しようとした灯里だが、猫の親子の姿が目に入る。
親猫は乗車券を持っているが、子猫は持っておらず乗車できない。
ここで少し考えた灯里は子猫に乗車券を進呈。猫の親子は灯里に礼をして乗車する。
そんな灯里の頭を優しく撫でる車掌さん。灯里はもうウットリだ。


乗車券がないので銀河鉄道には乗れなくなってしまった灯里。
だが、車掌さんは記念のスタンプをデコに押す。
こうして列車は発車、見送る灯里に車掌さんが帽子を脱いで応える。
車掌さんの正体は、やはりケットシーであった。
翌朝、目が覚めた灯里はアリア社長と自分のデコにスタンプがある事に気付く。
昨日の出来事は夢ではなかったと、大喜びする。
今シリーズはウンディーネとしての話よりも、不思議話が多すぎる。
それに灯里をストーキングするケットシーには恐怖すら感じるぞ?
灯里のデコに押したスタンプは、所有物宣言なのかもしれないのう。(笑)
でも灯里も、確実にケットシーに惚れちゃってる様子。暁も油断禁物ですな。
今回の銀河鉄道。結局、この正体は何だったのだろう?
宮沢賢治のだと死者を乗せる列車なわけだが。。。
そうすると乗る資格がなかった子猫を乗せちゃったのは問題かも。
松本零士のだと。。。猫の身体をくれる星へ向かって、ネジにされちゃうオチですかね?
どちらにしても、気分の良いお話では無さそうだ。

©天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

[アニメ]ゼロの使い魔 #08



夏期休暇。里帰りするタバサに同行したキュルケは、謎多き彼女の秘密を知る事になる。
タバサとは偽名で本名はシャルロット。王族であった。
兄弟で王位継承争い。弟であり、魔法に秀でていたタバサの父は謀殺されてしまった。
結局、兄が即位したのだが、弟の娘であるタバサを始末しようとする動きがあった。
パーティーで呪われた水を差し出されたが、タバサの母@土井美加がコレに気付く。
そしてタバサの代わりに水を飲み干し、タバサの母の心は崩壊してしまう。
単純に考えれば、水が怪しいと解ったならば捨てても良かったはず。
だが王族にとって配下の貴族を疑う事に、間違いは許されない。
決定的な証拠がなかった故に、タバサの身の安全を第一に考えて行動したようだ。
心が崩壊してしまったタバサの母は、人形をシャルロットと呼んで寵愛。その人形こそがタバサらしい。
タバサは母や自分の立場を考え、現王からの危険極まりない勅命をこなし続けた。
父親譲りの強大な魔力は、現王の一派から恐れられ、学院へと厄介払いされた。
今回の里帰りは。またしても現王の勅命によるモノだった。
そんな話を聞いてしまったキュルケは、タバサと行動を共にする事を告げる。
夜。過去を思い出して魘されるタバサを、抱き締めるキュルケ。
母の愛のような優しさでタバサを癒すキュルケが印象的だ。
いつもの意地悪でエロエロとは全く違う雰囲気。ホントのキュルケが見えた感じですな。



その頃、学院では才人が大鍋を利用してお風呂作り。
五右衛門風呂を堪能している所にシエスタ登場。誘ってみると一緒に入ると言い出す。
暗いので見えないとは言っているが、目の前で脱衣されてもなぁ。
狂犬を前に肌を晒して一緒に入浴。シエスタは意外にも大胆な娘ですな。


そんな2人を目撃してしまったルイズはヤキモチ。
イライラした所で、偶然にもモンモランシーがギーシュに盛った惚れ薬を、飲み干してしまう。
ルイズの躰は火照り、才人に対して積極的な攻めを開始する。
デレデレを通り越して超デレデレ。才人もルイズの色っぽさにタジタジだ。
このまま行く所まで行っちゃっても良い気もするんだが。。。どうなる事やら。

©ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔製作委員会

本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [不思議話の連続はちょっとね。。。]

にゃあ [そういや、誰もツッコまなかったけど、夜な夜なアリア社長の人形相手に突撃の特訓をするまぁ君に思わず吹いてしまいました(..]

あいら [着実な突撃は、日頃の努力の結果なのですな。 不思議空間ばかり行ってないで灯里も見習おうぜー。(笑)]


2006-08-22 甲子園凄かったのう

[アニメ]ストロベリー・パニック #21


エトワールの証であるペンダント。赤と青の2色なわけだが。。。誰かの髪の色と同じなのは偶然?
その誰かは次第に元気を取り戻し、皆さん一安心。今晩は臨時のティーパーティ開催。
だぶだぶTシャツ着用で胡座をかく夜々に、激しいエロさを感じてしまう。
今夜のオカズは千早特製のバターたっぷりクッキー。
女の子がバター好きなんて言うと、変な事を想像しちゃうのですよ(病院行け


一方の静馬はエトワールとしての任も、授業も放棄して引き篭もり。
静馬を立ち直らせようと努力する深雪だが、その想いは伝わらない。
いつも冷静で事務的なのは、本当に人を好きになった事がないから。
静馬はそう言い捨てて、強引に深雪の唇を奪う。
突然の出来事に呆然とする深雪。そして最愛の静馬の舌に翻弄される。
だが次の瞬間、我に返って静馬を平手打ち。涙を流す。
深雪は昔から静馬が大好き。だが、花織との関係を前に自分の想いを押さえ込んできた。
それなのに静馬は何も知らずに冷たい言葉。こりゃ辛いよなぁ。


深雪の想いに気付いた静馬は部屋を抜け、温室へと向かう。
外は雨、そんな所に現れたのが天音であった。天音はエトワールになって得たモノを尋ねる。
ここで静馬は花織との幸せな時間を思い出し、言葉に出来ないが確かに得たモノがあったと答える。
そんな静馬の答えに、天音は心を動かされたようで。。。
エトワールの証であるペンダント回収。深雪と静馬は花織の部屋へと入る。
ペンダントは机の引き出しの中。静馬の言葉通りにペンダントが仕舞われていた。
だが、そこには手紙も存在。静馬へと宛てた花織の手紙であった。



結局、花織の呪縛から静馬を解放したのは、代用品の渚砂ではなく花織。そして深雪の存在。
花織は深雪の想いを知っていたようで、静馬を常に深雪が支えていた事実を指摘する。
こうして静馬は、深雪の存在が自分には必要不可欠と気付く。
そして、ずっと私の傍に居てと愛の告白。これには深雪も感激だ。
深雪は卒業後には結婚を強要されるはずなのだが。。。まさか駆け落ちですか?
今回の深雪はメチャクチャ可愛い。女の子は笑顔も良いけど、嬉し泣きも良いよねぇ。
ペンダント返還。静馬は改めて天音にエトワールにしか得られない喜びを語る。
ミアトルとル・リムの候補者が未だ見えないけど、静馬は天音に肩入れしすぎな気もする。
花織との別れ。呪縛から解放されたのは解るけど、この描写はちょっとな。(笑)
絶対運命黙示録風味の鐘が鳴ってエトワール選開幕。
そろそろ地球温暖化コンビの最後の見せ場が近そう。何をしでかすんですかね?
そして。。。千華留は?渚砂と玉青は?候補者確定までは一波乱も二波乱もありそうだ。

©公野櫻子・メディアワークス/いちご舎

[アニメ]BLEACH #94


北流魂街79地区「草鹿」に目を付けた狩矢。80地区「更木」でなく草鹿を選んだ理由が謎。
最悪とも言える土地の住民を扇動して、瀞霊廷を攻撃させる作戦らしい。
死神に復讐とか偉そうなことを言っているが、小物臭がプンプンするよ。
旅禍探しで大騒ぎの瀞霊廷。奇しくも草鹿出身である、やちるは相変わらず剣ちゃんとラブラブ。
騒ぎは関係なく、剣ちゃんが楽しめるかだけを気にしているようだ。


狩矢が草鹿に現れたとの情報を得て、向かう事にした皆さん。
岩鷲自慢のイノシシに乗って行く事になるのだが、一護は拒否。瞬歩で単独行動。
織姫の魅惑の柔らかさを堪能する、イノシシのカンベイに殺意を抱いたよ。
結局、岩鷲は迷子になってしまって、後れを取ることになる。


流魂街の茶屋に安住の地を見つけたコンは幸せな時間を過ごす。
茶屋の娘@廣田詩夢。相変わらずガヤキャラに可愛い娘が多いアニメですなぁ。(笑)
そして何者かの気配を感じて動き出した狩矢。そこに現れたのは白哉であった。
実力からすれば白哉の方が強うそうなのだが。。。バウント編っていつ終わるんですかね?


本編。空鶴に「ぎゃふ~ん」と言わせたい岩鷲の願いを叶えるために、蔵人が空鶴に化ける。
その普段では有り得ない可愛い空鶴に、岩鷲は妙な感情を抱いたようだ。
だが、姉萌えデレデレになった岩鷲の前にホンモノが登場して。。。合掌。
可愛い娘モードの平松晶子は、かなり貴重。この本編で30分使って欲しかったよ。

©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ

本日のツッコミ(全12件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [と言うことは年内はバウント編が続く。。。のか?(´Д`;)]

 [オープニングでグリムジョー(オープニングで狩矢たち一行が登場したあとに出てきた水色の髪で仮面の破片をつけてる奴)が登..]

あいら [ネガティヴに考えると、登場機会がないから無理矢理OPに登場させたとも。。。さてさて。]


2006-08-23 眠い

[アニメ]桜蘭高校ホスト部 #21


10月末。期末試験の採点期間中、授業は休みとなる。
ハロウィンと重なることから、校内での仮装行事が許可されているらしい。
そんな感じで、クラスでのイベントを何にするか話し合われる事になる。
ハルヒのクラスの委員長、相賀和清@山崎樹範。副委員長、倉賀野百華@渡辺智美。
副委員長可愛いですなぁ。ハルヒの後の娘も可愛いし。。。桜蘭のレベルの高さは異常だ。





れんげかわいいよれんげ。強力モーターこそ無かったが、気合いが入りすぎ。
短いスカートをひらひらさせて。。。まさか、ぱんつはいてない?
新作ゲームの制服デザインを財力でゲット。早速、作ってみたらしい。
ホント、何を着ても似合うよねぇ。素材が良いからこそなんですがね。


れんげは「ハロウィンスペシャルきもだめし大会」を提案。
夜の校舎を利用するイベントに双子も乗り気になり、クラスの皆さんも大賛成。
そんな中、様子がおかしい相賀。ハルヒに救いの視線を投げ掛けるのだがスルーされてしまう。
倉賀野さんも乗り気でクラスのイベント決定。相賀はガックリと肩を落とす。
ホスト部はもハロウィンに因んで、イベント開催中。
だが、双子とハルヒはクラスのイベント優先でホスト部を休むと告げる。
これには殿愕然。夜の校舎での、いかがわしいイベントを妄想し始める。
いや、ハルヒが怖がるのは雷だけで、お化けは平気だろう。。。
そんな殿の前に現れたのが猫澤。水を得た魚の如く、協力する気マンマンだ。


実は怖いモノが大の苦手だった相賀。委員長権限を乱用するわけも行かず、ハルヒに救いを求めた。
だが、鋭いんだか鈍いんだか謎なハルヒに救いを求めるのは。。。ギャンブルだよな。
この事実を双子に知られたら玩具にされてしまう。だが、速攻でバレてしまった。
こうしてイベント時の班分けで、ハルヒと双子、そして相賀が一緒になってしまう。
そしてイベント当日の夜。相賀が倉賀野さんに片想い中との事実が明らかになる。
怖いのは嫌だが、大好きな倉賀野さんが楽しみにしていた企画を拒否出来ない。
そんな相賀を玩具にする対象から外す双子。純情路線は苦手らしい。。。


脅かす側であるハルヒ達が、なぜか脅かされる。後の班の仕業と思ったが様子がおかしい。
そこに現れたのは白い影。あまりの恐怖に逃げ出す皆さん。
そしてハルヒは罠に引っ掛かって、光と共に網に救われてしまう。
網の中で密着体勢。ハルヒの胸が顔に迫って光はもうドキドキだ。
そんな良い雰囲気に苛立ちを見せる殿。全ては殿主導のホスト部と猫澤の仕業であった。


一方、馨は相賀と共に理科室に閉じこめられていた。
そこで相賀は、倉賀野がハルヒに好意を抱いている事に複雑な心境であると語り出す。
クラスの皆さんはハルヒが女の子と知らないんだし。そりゃ複雑だよな。
そろそろ借金云々は関係なく、ハルヒを女の子と公表した方が良い気もする。
相賀は現在の倉賀野との関係維持を一番と考えているようで、愛の告白などは考えていないらしい。
逆に言えば、現在の関係を壊す事を恐れているのだが。。。それは馨も同じであるようだ。
そんな話をしている間に、脱出に成功した光、ハルヒと合流。
急に姿を消した皆さんを心配した、クラスの皆さんの所へと向かう。
だが、そこに浮かび上がる黒い影。これにクラスの皆さんは全員、気絶してしまうのであった。


翌朝、桜スポに1-Aの皆さん全員が「臆病大臣」だとの記事が載せられてしまう。
そうか、桜スポは低俗捏造ゴシップ誌から脱却したのか。でも、ウッドボールはちょっとな。
今回の件のおかげか、そうでないかは不明だが相賀と倉賀野さんは良い雰囲気に。
そして、もう1組。良い雰囲気なのが光とハルヒ。
キッカケは些細な事ではあるが、光は明らかにハルヒを女の子として意識し始めた。
殿の誘いで作られたホスト部は、ハルヒを中心に据えて微妙なバランスを保っていた。
そのバランスが崩れると、居心地の良い場所は失われてしまうかもしれない。
光の変化を喜ばしくも不安に思う馨。現状が永遠に続く事は無いし。。。難しいね。
今回は、関係の維持と進展との狭間での苦悩を描いたお話だった。
でも。。。れんげと倉賀野さんの可愛さで悶え死にそうだ。(笑)

©葉鳥ビスコ/白泉社・VAP・NTV・BONES

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

Before...

ユウリ [今回のれんげはあんな風に登場してくるとは予想できなかったwwそれと副委員の人可愛いなぁww あ!今回から俺もツッコミ..]

KAP [うむ、一つにまとめられると元気一杯のれんげがかわゆ過ぎる。]

あいら [どもども。れんげも副委員長も可愛いよねぇ。 宝積寺と倉賀野。どちらも微妙な位置の駅名なのは偶然?(笑) れんげをメ..]


2006-08-24 地デジチューナーもう1台欲しい

[アニメ]ちょこッとSister #07


綾乃とのデートに備えて、念入りに身嗜みを整えるはるま。
当然、自分も連れて行って貰えると思い込んだちょこは、勝負下着を穿いて準備万端。
だが、デートに同行させて貰えるはずもなく、お留守番を余儀なくされる。


映画試写会。花束進呈で登場したモデルの音神亜里沙。
観客席のはるまに気が付いてウインクを送ると、周囲は騒然とする。
ああ、中吊りとかで度々出ていた音神亜里沙って真琴なのね。化けたなぁ。(笑)
当然ながら、はるまは正体に気付くはずもなく、今後の騒ぎに繋がるのかな?
一方のちょこは公園でヤケ食い中。
ここで駆が上手に攻めれば、一気にフラグ成立もアリだと思ったんだが。無理だったようだ。


試写会が終わって食事に向かう2人。ここを偶然にも管理人さんが目撃してしまう。
ショックを受けながらも尾行開始。さらに最悪なシーンを目の当たりにしてしまう。
綾乃は元恋人(?)のイラストレーター、沢森一也@成田剣と偶然にも遭遇。
沢森に見せ付けるため、咄嗟にはるまに抱き付く。これには、はるまも沢森も管理人さんもビックリだ。
はるまは、綾乃も自分に特別な感情を持っていると勘違いしちゃった様子。
でも、沢森の登場は明らかに綾乃ルート失敗を物語っているよね。


衝撃的なシーンを見せ付けられた管理人さんに、通りがかった真琴が声を掛ける。
必死で耐えていた管理人さんだが限界、涙を流して真琴に抱き付く。涙うるうるの管理人さんが可愛すぎるよ。
こうしてこの後はヤケ酒、ヤケカラオケと夜の街を点々としたようだ。


ヤケ気味だった昨夜を思い出して自己嫌悪の管理人さん。
風呂場のドアを開けっ放しでシャワーする人は初めて見たぞ。。。
そして管理人さんに一晩中攻められっぱなしだった真琴は昇天。どんな激しいプレイをされたのだろう?(笑)
お土産を買ってくると約束したはるまは手ぶらで帰宅。ちょこの機嫌は最悪に。
さらに大学では珠美に捕まってバイト強要。連絡を受けたちょこは、怒りを通り過ぎて悲しみを覚える。
バニー姿の珠美は良い感じ。胸は詰め物らしいですが。。。もう少しちゃんと描いて欲しかったな。


公園で黄昏れるちょこに、一緒に夕食を食べようと声を掛ける管理人さん。
故意では無いにしろ、はるまに傷付けられてしまった2人か。。。
楽しい夕食で盛り上がるのだが、夜遅くになっても、はるまは帰ってこない。
ちょこは自分が、はるまにとって邪魔者なのかと考えて落ち込んでしまう。
そんな時に、はるま帰宅。今度こそは約束のお土産を買って来ましたよ。
ちょこ大喜び。さっきまで落ち込んでいたのが嘘のように、明るい笑顔を見せる。
さらに、はるまは管理人さんにもお土産を進呈。
管理人さんは、自分の事を気に掛けてくれていると幸せを噛みしめるのであった。
おいおい、管理人さんはこの程度で満足しちゃうのか?
そろそろ片想い状態から脱却するべく、愛の告白をするべきだと思うのだが。。。
とりあえず、はるまが綾乃に捨てられた所を狙うのが、作戦としては確実かな?

©雑破業・竹内桜・白泉社/ちょこシス製作委員会

本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [はるまが管理人さんの所に転がり込めば家賃も削減できるしね。(笑) 管理人さんはホント可愛すぎ。でも笑顔で居て欲しい..]

1412 [ここの管理人さんもイイ!ですよ ハーレムアニメっていいじゃないですかw しゃっほーはダメだったけど・・・]

あいら [SHUFFLEはともかく、DCは嫌だった。。。]


2006-08-25 うどん食べたい

[アニメ]貧乏姉妹物語 #07


バレンタインデー。あすは、大好きなきょうに手作りチョコを渡そうと中学校に忍び込む。
だが校舎裏で、きょうが男にチョコを手渡す瞬間を目撃してしまう。
チョコの男子生徒@菅沼久義。あんまりなキャスト名だよなぁ。


きょうには好きな男が居る。そう悟ったあすはちょこを封印する。
いつも一緒、世界で2人きりの姉妹。
でも、きょうが男とくっつくと自分は独りぼっちになってしまう。そんな寂しさがあすを襲う。
こうして姉妹の間には微妙な空気が漂うのだが、きょうは理由が解らない。
翌日、あすは下校時に例の男を発見。素行調査を開始する。
しかし、男は完璧すぎるほどに良い人。逆に気持ち悪いくらいだよ。
帰宅すると何やら、きょうはニコニコ顔。封印していたチョコを発見したらしい。
だが、あすは男にチョコを渡した事実を指摘。居た堪れなくなり家を飛び出す。


夜の街を彷徨うあすは、偶然にも例の男を再び発見する。
すると女の子と待ち合わせ。これを目撃したあすは、きょうが二股を掛けられていると勘違いする。
そこに、きょうが登場するのだが、あすは2人を見せないよう必死で誤魔化す。
ここで咄嗟に口にしたのが、肉まんが10円と言う特売情報。
いくらなんでも、ありえない価格なのだが、きょうは目を輝かせる。
そして。。。奇跡的に本当に10円で売っている店を発見する。メチャクチャな話ですな。
そこに2人が接近。あすはきょうを店の中へ押し込むのだが、2人も入店してしまう。
万事休す。そう思ったあすだが、きょうは2人を見て喜びの笑顔を見せる。
きょうは彼女@茅原実里に頼まれて、代わりにチョコを渡しただけ。お約束過ぎる。
こうして、あすの勘違いから生じた騒動は終了となる。
でも、いつかきょうは誰かに取られてしまう。その時、あすは本当に我慢できるのかな?
先手必勝で、きょうの身も心も押さえておくのが良いと思うぞ?(笑)


「隣町 お肉のためなら 遠くない」
「二駅歩いて ういたお金で お肉を買う」
今回のテーマは肉。山田姉妹を焼肉食べ放題に連れて行きたい。。。

©かずといずみ・小学館/貧乏姉妹物語プロジェクト

[]シモンちゃん

『今年の暑も暑かったですね!』(下妻市)
暑も暑かったっていったい。(笑)
夏の間にもう1回くらい更新されると思ったのだが。。。結局、水着姿は見られなかったよ。

[アニメ]ケロロ軍曹 #124


宇宙海賊ヴァイパーが奪った宝物が、ドイナーカ星で発見された。
ニュースを見た軍曹は、ケロロ小隊を率いてドイナーカ星へと出発する。
その途中。軍曹、ギロロ、ドロロは、子供の頃の出来事を思い出す。
宇宙海賊ヴァイパーの宝物を目指して、銀河鉄道に無賃乗車。
老人ヴァイパーに出逢ったり、なけなしの金でジュースを買ったり。
結局、宝物は発見できずに帰ろうとすると、帰りの列車は三年後。途方に暮れる。
そんな所に偶然にも貨物列車到着。宇宙ケルベロスに追われたりもするが、ギロロが列車に飛び乗る。
ケロロの手を掴む事には成功するのだが、列車が加速してドロロには手が届ない。



ギロロは、宝物である銀河鉄道友の会会員証の紐を伸ばす。
会員証にドロロの手が達するのだが、体重が掛かって紐が引きちぎられてしまう。
ここでギロロが迷わず掴んだのは。。。ドロロの手であった。
こうして3人は列車に乗ってドイナーカ星から帰ることに成功。だが、ギロロは宝物を失ってしまった。
そんな小さい頃の出来事を思い出しつつ、目的のドイナーカ星に到着。
星おこしに成功して、当時とは全く変わってしまった星。
ギロロは宝物を失った現場を尋ね、あるはずもない宝物を探し始める。
そこにはドロロの姿が。責任を感じて同様に探していたようだ。
そんなドロロに探す事を止めさせ、ギロロは呟く。
「オレはあの日、大切な宝物を亡くした事を後悔していない。それに勝る物を手に入れたからな」
ギロロ格好良すぎだ。今も昔も格好良さはホント、一流だよな。
これにはドロロも胸キュン。ギロロ×ドロロの伏線っすか?(笑)
そんな感じで、今回はギロロの格好良さが際立ったお話。
逆に軍曹は。。。小さい頃から最低最悪。見ているだけでイライラしたよ。

©吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [姉妹両方から惚れられた男は。。。どうなることやら。(笑)]

ゴージャス仮面 [そういやギロロとドロロって良識派意外にも使命に忠実、パートナーは女性という共通項があるな。後、最初は悪役だったヴァイ..]

あいら [今回の話をやってから、ヴァイパーとチロロの話をやって欲しかったと思う。 ヴァイパー爺さんみたく、良いヴァイパーも存在..]


2006-08-26 微妙に涼しく

[アニメ]韋駄天翔 #47


翔の特訓終了を待たずに、インペリアルアイランド再上陸を決意する皆さん。
牙舞ちゃんは、翔が居なくても自分が居ると戦力をアピール。
ここでツッコミを入れて欲しかったのだが、アーサーは牙舞ちゃんを頼りにする。
これには牙舞ちゃんも、嬉しいやら嬉しくないやらで複雑な表情を見せる。
お兄ちゃんは、ダークチェンジした責任を感じて謝罪。借りは結果で返すと宣言する。
以前の牙舞ちゃんならツッコミの1つも入れそうなのだが、頷くだけ。成長したのう。
試練の丘へ向かった翔が気になる、まことと翔は様子を見に行く事に決める。


固く閉ざされる試練の丘への扉。どうやら神に関係する一族にしか扉を開く事は不可能らしい。
翔がどう足掻いても扉は開かない。だがエロ鳥が羽を上げると。。。扉が開く。
この状況にエロ鳥は自分が神の使い、自分こそが神と勘違いを始める。
ああ、自称・教祖の類もキッカケはこんな感じなんだろうな。(笑)
中にはコテコテのMTB特訓コースが存在。早速挑戦するのだが失敗に終わる。
まことと駆が登場し、セッティングの後に再挑戦。
ここでエロ鳥が再び妙な助言を口にする。それは幼い頃に聞いた父ちゃんの言葉と同じ。
翔は覚悟を決めて最短ルートを疾走。得意のショートカットで見事にゴールする。


ゴールの先には庭園が広がり、そこにはMTBコースが多数存在。
ここが本当の試練の丘。さっきのコースは挑戦権獲得のためのコースであった。
謎の石版が存在。そこには邪悪な王と勇者の戦いの歴史が刻まれていた。
封印の扉は邪悪な王を封印したモノ。知らなかったとは言え、それを開けちゃったのは問題だよな。
そして父ちゃんに取り憑いたのは、邪悪な王の怨念であるようだ。
今回、エロ鳥は頻繁にトランスするのだが。。。まさか憑いてるのは勇者の魂?
難易度の高いコースに挑んだ翔は、見事なショートカットでクリア。
だが、それは父ちゃんに仕込まれたテクニック。これでは父ちゃんには敵わないと落ち込む。
森を彷徨った翔は、滝を登るという超難関コースを目にする。
垂直離陸して一気にゴールしなきゃならないコース。メチャクチャすぎるぜ。
これこそが試練の丘最後の難関。翔は闘志を漲らせる。
その頃、世界崩壊の影はXゾーンだけでなく、元の世界へも迫っていた。
怪現象に旦那と息子が絡んでるなんて知ったら、ママンは卒倒しそうだよな。
次回、新必殺技炸裂。必殺って。。。対戦相手を殺す気マンマンですかい?(笑)

©藤原としひろ・TOMY・講談社/アニプレックス・MN・テレビ東京

[アニメ]ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #22


夏休み最終日、ロイヤルワンダー学園へと戻ってきた皆さん。
駅に到着して早々、エリザベータに厳しく当たるファンゴ。
シャシャとカーラは相変わらずだが、エリザベータはファンゴが気になってしょうがない様子。
本人も気付いていないようだが、これは恋。。。?


楽しかったり楽しくなかったりした夏休み。
滝に打たれて修行したレモンは、ツッコミのキレが良くなり芸術の域に。
ふたご姫周辺だけでなく、他の皆さんの夏休みをもっと描いて欲しかったよ。
そして、ふたご姫に減点切符を切れなくて不満な時間を過ごしていたマーチ。
夏休みが終わるのを一番楽しみにしていたのはマーチであるようだ。
久々の再会で盛り上がる中、ふたご姫は宿題の存在を忘れていた事が発覚、
宿題は見事なまでに真っ白。始業式の日に提出しなければ-10ポイントとなってしまう。
シフォンの指導の下、宿題を開始するのだが全く捗らない。
今回、害虫がターゲットに選んだのは意外にもノーチェ。こりゃまた見事なまでに選択ミスしたな。
作戦としては、ふたご姫を減点スパイラルに陥らせて退学させようというモノ。
宿題を写すと-1ポイント。ノーチェは宿題を写させて貰おうと、ふたご姫を唆す。
だが、ここでマーチが待ちきれずに飛び出してしまう。写してから減点すれば良かったのにね。
害虫の作戦はいきなり失敗。ノーチェ利用を断念して身体から抜け出す。


お次はソロに憑いて、気分転換に庭園へ行こうと誘い出す。
ふたご姫を転ばせ、薔薇をメチャクチャにさせて減点させるセコイ作戦。
だが、クレソンは草花には剪定が必要とナイスフォロー。マーチはガッカリだ。
でも一番ガッカリしたのは害虫。またしても作戦は失敗して身体から抜け出す。
ノーチェもソロもメインのお話あったんだからさぁ。害虫はティオとかミルロに憑いてやれよ。(笑)
責任を感じて、メチャクチャになった薔薇の手入れを申し出るふたご姫。
作業は夜遅くまで続いてヘトヘト。結局、宿題は出来ずに疲れ果てて眠ってしまう。
おねむさんのファインが可愛いと言うか、非常に色っぽい。


その夜、シフォンに夜這いを掛けるウンチーク像。心の師の訪問に、シフォンはドキドキだ。
堕落したふたご姫を救うためには、減点で危機感を煽るのが重要と説くウンチーク像。
IQは高いけどシフォンはまだお子様。見事なまでに、口車に乗せられてしまう。
そのウンチーク像に憑いているのが、害虫である事など当然知らずに。。。
こうして翌朝から減点攻勢。ふたご姫のポイントは-57ポイントにまで減少してしまう。
だが、やはりシフォンはウンチーク像の教えに納得ずに訴え掛ける。
すると本性を現した害虫がシフォンを襲い、現場を目撃したふたご姫によりファラリラタイム開始となる。


全ては自分達のため。ふたご姫はシフォンを責めず、逆に感謝。
酷い事をした自分を友達と慕ってくれた事に、シフォンは喜びの涙を流すのであった。
ここで終われば、良いお話だったね。で済んだのだが。。。まだ続きがあった。
全ては、見た目が怖いウンチーク像のせいだと、ふたご姫は笑顔でポンポン叩く。
するとウンチーク像に亀裂が入り、完全に崩壊してしまう。
ウンチーク像破壊は-50ポイント。ふたご姫は-107ポイントで強制退学ラインを突破してしまう。
おいおい、次回はポイントアップらしいが、-100ポイント突破したらどう足掻いてもダメなんじゃないか?
結果的にだけど、害虫の作成が成功しちゃったのが無性に悔しいよ。(笑)

©BIRTHDAY・NAS・TV TOKYO

[アニメ]学校の怪談 #16


迫り来る大量の手に脅えるさつき。エロ過ぎだ。
相変わらず、川上とも子によるエロを掻き立てる悲鳴が絶品。


わらわら迫り来るマネキンが怖い。これが人形師ローゼン作成のドールなら、話は別なのだが。(笑)
今回もツンデレ天の邪鬼が格好良い。さつきは食事の用意を忘れずにね。
死して尚も責任を感じ、自らを依代に差し出した、おばけ団地の男@飯塚昭三。
団地は爆破解体されて地脈も安定。でも、おっちゃんは永遠に救われないと思うと。。。

©講談社・フジテレビ・アニプレックス・ぴえろ

本日のツッコミ(全8件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [まぁ。。。ふたご姫と一緒なら誰でも一生退屈せずに楽しめそうですが。(笑)]

スザク [ウンチーク像が簡単に壊れてしまったから、てっきり中から新アイテムが出てくるんじゃないかと思いましたよ。次回こそはダー..]

あいら [2クール目も終わりに近付いて、新アイテムの季節か。すっかり忘れてたよ。(笑)]


2006-08-27 眠い

[アニメ]となグラ! #08


水泳部でもない初音が長い間、校内記録のタイトルホルダー。
だが、ついに香月が記録を更新。校内は盛り上がりを見せる。
そんな中、ネタ不足で悩んでいたメディア部は、初音と香月の姉妹対決を企画する。
前回初登場のメディア部娘の望巳が再登場。これは準レギュラーと考えて良いのかな?


ランチタイムに姉妹が遭遇し、周囲は活気づく。
本気モードの様相を見せる初音に、香月は動揺を隠せない。
水泳大会のカメラマンとして、メディア部に臨時所属する事になった勇治。
報道の自由の名の下に、あんな写真屋こんな写真を撮り放題。
だが調子に乗って、まりえに狙撃されちゃうのはお約束だ。


水着購入大会。あまりに色気のない水着を選択した香月に、勇治は土下座で選択し直しを懇願。
どうにか無難な競泳水着を選択してくれたようだ。
その後は、競泳水着とは別の水着選び。勇治の選択はグリーン系統ばかり。
でも、その紐は。。。特殊用途の水着じゃないんですか?(笑)
どうでも良いのだが、このお店の名前は「AQUA」。
初音とまりえ、大原さやかと葉月絵理乃。その2人を並べて、AQUAなんて文字を出したのは故意ですかね?


そしてもう1つ、どうでも良いのだが、水着の試着って直でするモノなの?
実際、現場を観たことがないので解らないのですが。
勇治に褒めて欲しいのに、胸の小ささを指摘されて怒っちゃう香月。
小さい小さい言われてる胸だが、十分に大きいよな。
適当に選んでいると思ったが、実は香月の好きな色を選択。
その事実に、香月はドキドキしちゃうわけですよ。


校内放送で香月を捻り潰すとまで宣言。さらに秘密の特訓をしたりとプレッシャーを掛ける初音。
そして水泳大会当日。会場は初音ファンクラブで埋め尽くされて、香月はアウェー状態。
さらにメディア部のインタビューまで受けて、プレッシャーで押し潰されそうになる。


この状況で香月に落ち着きを取り戻させたのが勇治。
校内記録を更新した事実を改めて指摘。さらにエロエロ罰ゲームを提案して、リラックスさせる。
何だかんだで香月の性格を理解している勇治。凄いよなぁ。。。
初音の言動は、香月に勝てる自身がなかった事による心理戦。
そして試合は、実力を出し切る事が出来た香月の勝利で終わる。
胸の大きさによる水の抵抗も、実力の内という事なのだろう。(笑)
そして。。。これまたどうでも良いのだが、試合でキャップを被らないのはなぜ?
勇治が撮影した写真にあるように、練習中は被ってたのに。謎すぎだよ。
今回の件で、思っていた以上に自分の事を知っていてくれた勇治に香月は胸キュン。
もう、どこから見ても2人はお似合いの夫婦。香月はもっと素直になろうぜー。

©筧秀隆・JIVE/初恋のベランダ愛好会

[アニメ]ガイキング #35


出撃するリーさんを心配する女豹が可愛すぎる。
このまま2人には幸せでいて欲しい。愛する者を守るために死ぬなんて演出は勘弁な。
プロイストの暴走で、一般庶民ごとマグマに飲み込まれるダリウス帝都。
力業でダリウス帝都を守り抜くのだが、新たなマグマの波が。
絶体絶命の危機に颯爽と登場したのがノーザ。カッコイイのう。
そして締めはガイキング・ザ・グレート。コテコテなのだが熱すぎるぜ。
こうしてダリウス帝都を守り抜いた大空魔竜は英雄扱いだ。
同胞を大切に考えるダリウス大帝も、これには心動かされたりはしないのだろうか?
そして急展開で明らかになった、ダイヤの父ちゃんの行方。
次回のサブタイトルは「再会・裏切りの父!こんなに愛してるのにぃぃッ!!」
あまりに妙なタイトルで、思わず吹き出してしまったよ。
でも裏切りの父ってのは、ダイヤの父ちゃんじゃなくダリウス大帝だったりしませんかね?


ガイキング占いにノーザ参戦。今週は「帰ってきたノーザくじ」と「フランクリンくじ」。
フランクリンくじ。「ダイエット体験できるかも」
帰ってきたノーザくじ。「オドロキ出会い体験できるかも」
セーラープロイストが妙に可愛い。実際に登場させて欲しい所ですな。

©テレビ朝日・東映アニメーション

[アニメ]デジモンセイバーズ #20


今回の絵は非常に濃いのだが、そのおかげでヨシノが通常の3倍は可愛く描かれている。
野口夫妻の家を訪ねた皆さん。イクトには妹が居たようですな。
ママンの姿を目の当たりにして、込み上げる感情を必死で誤魔化すイクト。
だが、父親の方は感動の親子再会を拒絶。マサルは怒りを顕わにする。
イクトの存在を忘れさせる事で、ママンの心の傷を癒してるつもりの父親。
突然開いたデジタルゲートに、ママンはイクト帰還の望みを掛ける。
ママンはイクトを忘れる事など出来るはずもなく、今でも逢いたい気持ちでいっぱいだった。


当然ながらデジタルゲートから出てきたのはイクトではなく、デジモン。
ハグルモン@はなわは、イクトが幼い頃に遊んでいたロボットの玩具を吸収。
さらに研究所兼家屋までも吸収し、あろうことかママンを内部に捕らえてしまう。
日曜早朝アニメで人妻緊縛。展開的には閉じこめるだけで良いのに縛るとは。。。サービスか?
最初にも書いたけど、今回のヨシノはメチャクチャ可愛い。
そして妙にエロエロな体つきなんだよなぁ。成長期から成熟期に進化した感じだ。(笑)


根拠はないけど妙に説得力のあるマサルの言葉に、イクトは心動かされる。
父親がヘタレなおかげで、格好良さが引き立つなぁ。
そして定番通りに拳で殴って戦闘開始。だが、中にはママンが緊縛されている。
迂闊に手を出せない中、マサルはイクトにママンを救出させる。


感動の親子再会。ママンに抱き締められ、暖かい手がイクトの頬に触れる。
自分はデジモンと言い聞かせてきたイクトだが、心が激しく揺れ動く。
だが、そんな感動の再会に水を差すバカ長官登場。空気読めよ。
野口夫妻に罪を着せて強制連行を図る長官。ここでイクトは改めて人間に憎しみを燃やす。
そして、自らをデジタルワールドから来たイクト様と名乗る。
ママンを長官の汚らわしい手で触れさせないための行動。結局、親子は再び離れ離れになってしまう。
一方、デジタルワールドではメルクリモンの前に、強行派のサーベルレオモン@上別府仁資が登場。
人間界だけでなく、デジタルワールドでも不穏な空気が漂う。。。
今回はヨシノもママンも色っぽかった。そろそろマサルのママンと知香にも逢いたいな。(笑)

©本郷あきよし・東映アニメーション・フジテレビ

[アニメ]おねがいマイメロディ ~くるくるシャッフル!~ #22


時間は少々、遡って学園祭。舞@中山恵里奈に、無理矢理連れて来られたユウキ@伊藤実華は退屈そう。
だが、そこにウサミミ仮面登場。活躍を目の当たりにしたユウキは、ウサミミ仮面の大ファンになってしまった。
そして時は流れて現在。夏休みも終わりが迫る中、宿題が手つかずの歌達。
何か。。。昨日も同じ状況を目にした気がする。季節柄、ネタにするには定番ですかね?


この夏休みの間に大人の階段を駆け上る気マンマンの舞。
だが、お相手のユウキはウサミミ仮面に夢中。
女心を全く理解しない鈍感なユウキに、華麗な3Hit Comboを食らわせて立ち去る。
その直後、追い打ちを掛けるようにマイメロが空爆。踏んだり蹴ったりですな。
そこに偶然にも、柊先輩を乗せた車が信号待ちで停車。
ウサミミ仮面の話題で盛り上がるユウキとマイメロを横目に、不機嫌になる。
信号が変わった瞬間、ユウキはウサミミ仮面の正体を知っていると言い出す。
これには柊先輩も動揺を隠せず、クロミにユウキ尾行を命令する。
柊先輩がバイオリンを辞めると聞いて落ち込んでいたクロミは、ご褒美にCDを貰えると聞いて嬉しそう。
柊先輩の演奏を聴けるならCDでも良いのか?


宿題片付け中の皆さんに、クッキーを配達途中だったマイメロ。
偶然にもユウキも道場の先輩である真菜を尋ねる所で、一緒に真菜の家へと向かう。
初めて入る憧れの真菜の部屋に、ユウキは興奮を隠せない。
そして弟子入りを懇願。格闘技の実力に惚れ込んだのか、憧れの女性として惚れたのかは微妙。
動揺する真菜だが、カエルの小次郎との対戦でユウキの実力を見極める事にする。
結果は、ユウキに激しく嫉妬した小次郎の圧勝。相変わらずカエルとは思えない奴だ。
クロミは、諦めてトボトボと帰路に付くユウキを見逃さず、夢の扉を開く。
こうしてユウキはミニウサ仮面に変身。これは女の子にして欲しいコスプレだな。
小次郎にリベンジを挑んだユウキは圧勝。
投げ飛ばされた小次郎は、真菜の胸で受け止められたのだが。。。羨ましいなこの野郎。
そして小次郎に代わって真菜が対戦。ユウキは真菜に変身するよう告げる。
ユウキはウサミミ仮面の正体が真菜であると勘違い。
真菜がいくら否定しても聞く耳を持たない。だってウサギの耳は長いんだもん(意味不明


傷付いた小次郎に絆創膏を貼るマイメロ。ここでクロミは忌まわしい過去を思い出す。
転んでしまったクロミの傷口に絆創膏を貼ろうとするマイメロ。
だが、クロミの足を壊死させるべく、接着面を執拗に貼り付ける。
これはさすがに極悪すぎる。やはりマイメロこそ反省室送りが妥当だよな。
真菜を追い詰めたユウキ。ここで、やっとマイメロはカードをドローする。
ここでウサミミ仮面をドローすれば、ミニウサ仮面との魅惑のコラボ。
ニヤニヤと妄想するマイメロだが、ドローしたのは佐川急便サービスドライバー宅配くんであった。
マイメロ枠のスポンサーでもある佐川急便宅配くんが満を持しての登場。
しかも、荷物を投げるわ投げる。非常に現実味のある攻撃を仕掛ける。(笑)
投げまくった結果、荷物はボロボロ。こんなの放送してスポンサーは怒らないのか?
その後はボロボロになったお中元、お歳暮の品々がユウキを攻撃。
新巻鮭とイクラ瓶詰の、感動の再会が描かれたりと激しいカオス。
ユウキは必殺技イケメンビームを繰り出すのだが、全く効果は無い。
イケメンビームは大人になってから。ショタでは効果半減らしい。。。


こうしてユウキ敗北で事態は収拾。真菜はユウキを心配して駆け寄る。
でも無事だったからと乱暴に扱うのは酷いなぁ。抱き締めてやれよう。
結局、ユウキは真菜の弟子になる事が出来て、めでたしめでたし。
そこに舞が登場、ユウキの憧れの存在である真菜を品定め。
舞から見れば、中学生の真菜はオバサン。勝利を確信する。
ここでユウキは目上の人に失礼な態度を取る舞を注意。
舞はいつも通りにユウキを攻撃するのだが、華麗に交わされてしまう。
ユウキの格好良さに舞はデレ化。真っ赤になって、呼称が「ユウキくん」に変わりましたよ。
わずか1日で大きく成長したユウキ。真菜はキープしなかった事を後悔しても知らないぞ?(笑)
そして。。。皆さんは宿題が全く進んでない事に気付くのであった。新学期は近い。ガンバレ。
今回のゲストキャラ、少々妄想気味で積極的な舞が可愛い。出番が少なかったのが残念だったよ。

©SANRIO CO., LTD. サンリオ/ウィーヴ・テレビ大阪・マイメロディ製作委員会

[アニメ]きらりん☆レボリューション #21



藤堂ふぶき@下屋則子。エリナとは違って本格的なライバルになりそうな娘。
下屋則子には珍しい気がする、性格キツ目のキャラ。
現時点では、きらりを快く思っていないのだが、そのうち大親友になったりするんだろうなぁ。

©中原杏/小学館・きらりんプロジェクト・テレビ東京

本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [どちらにしろエリナの存在が宙ぶらりんに。合掌。]

しょう [きらりはBSジャパン版だったっけ?]

あいら [テレ東のは見逃したので一応。]


2006-08-28 このまま涼しくなれば良いんだが

[アニメ]ARIA The NATURAL #22




今シリーズ4回目の2本立て。2本立ては不思議話が定番のようだが、今回も1本目は不思議話。
さすがに最近、不思議話が続きすぎてちょっとね。。。
パラレルワールドの話を聞いたアリア社長は興味津々。
灯里が冗談で言った、階段の間に入口があるとの話を信じてしまう。
隙間に、もちもちぽんぽんを挟みながらも通り抜けると。。。落下。気を失う。
そしてアリア社長が目覚めると、いつもと変わらない世界。
だが、お馴染みの皆さんの性別が反転。アリア社長は動揺を隠せない。
女性声優陣の演じる、男の子は非常に良い感じ。晃なんて普段と全然変わらない。(笑)
でもね。。。暁とウッディーは勘弁してくれ。中の人そのままで女声は無理がありすぎる。
女性化した暁は妙に可愛いだけに勿体ないよ。ウッディーは何も言うまい。
高い高いをされたアリア社長は、ウッディーのキャッチ失敗により墜落。気を失う。
そしてアリア社長が目覚めると、元の世界へと戻ってましたとさ。
でも、窓に映ったアリア社長の姿は女。これは幻覚だった。。。のか?


後半は暁の兄ちゃんによる昔話。暁が子供の頃の、おバカ伝説が語られる。
自称・人造人間の暁は、今日も元気に浮き島の平和を守っていた。
高校生暁の兄@奈良徹は、普通にカッコイイのう。今とは別人のようだ。


魅惑の暁の母@飯塚雅弓が初登場。母かわいいよ母。
2人の子持ちとは思えない、この若さ、可愛さは犯罪だよ。



飯塚雅弓がママンキャラを演じるようになったのね。時の流れを感じちゃうなぁ。
暁のママンも可愛いのだが、ウッディーのママンも負けずに可愛い。
暁は自分の知らぬ間に、悪の宇宙人により人々が擦り替えられてしまう事を警戒。
だが、その警戒も虚しく周囲の人々は擦り替えられてしまった。。。と思い込む。
脅えて泣いちゃう暁に、正義の赤マントを着けさせるママン。
暁の正体は人造人間。その事実を知っている人間はホンモノと指摘する。
これで暁は安心。だが、その弊害として周囲の人間は同じ質問を頻繁にさせるようになってしまった。
そんなバカな話に灯里は呆然。アリシアは、あらあらと微笑むしかなかった。(笑)
そしてアリア社長は、暁の変身ポーズがお気に入りとなる。
街中でアリシアを発見して声を掛けた暁は、アリア社長のポーズを見て愕然。
今となっては恥ずかしい伝説を知られてしまったと知ると、青ざめ、白くなり脱力するのであった。
今回はママンが一番の見所。でも、実は前半も後半も暁が見所なのかもしれない。

©天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

[アニメ]ゼロの使い魔 #09


ルイズかわいいよルイズ。今回は、この一言に尽きるだろう。
超デレモードのルイズが可愛すぎ。改めて、釘宮声の破壊力の強さを実感したよ。


目の前でイチャイチャされて、冷たい笑顔を見せるシエスタ。
結局、シエスタは才人をゲットするべく、攻勢を仕掛けていたって事なんですかね?
それならそれで、さっさと愛の告白でもしちゃえば良かったのに。
今後は、勝機を得るのも難しくなりそうなのにね。




遅れて才人が部屋に戻ると、ルイズはぱんつを脱いで身も心も準備完了。
1時間くらいならって。。。妙に生々しい時間設定だな。
この状況でも才人は、ルイズを食べちゃったりはせず、我慢我慢。
紳士やのう。。。と思ったけど、実は真性Mの才人には不満だったりして。(笑)


惚れ薬の作成、使用は固く禁じられていることを指摘してモンモランシーを脅迫。
ギーシュには剣で脅しを掛けて、貴族を手玉に取る才人。成長しましたな。
解毒剤作成を命令するのだが、作成には「精霊の涙」なるモノが必要。
そう簡単に手に入るモノではないらしいのだが、とりあえず水の精霊を尋ねるべく出発。
その途中でもルイズは超デレ。自称・手編みのセーターを才人に贈って、さらにデレデレ。
モンモランシーと対策を練ってると、嫉妬しちゃったりと、もう可愛すぎ。
モンモランシーもいろいろと可愛いのだが、超デレ・ルイズ相手では分が悪いよね。


精霊は交換条件に、最近頻繁に出現する襲撃者撃退を依頼。
才人は快諾するのだが、相手は精霊と対等の魔力を誇る者。緊張が走る。
こうして襲撃者と遭遇して戦闘開始となるのだが、才人は追い込まれてしまう。
最愛の才人の危機にルイズの愛の魔法が炸裂。もう完全に魔法を使えるようになったのか?
ここで襲撃者の正体判明。指名を受けて作戦行動中のタバサとキュルケであった。
領地水没の危機を打開するため、水位を上げ続ける精霊を討伐するのが目的。
才人は精霊に水位を上げる理由を尋ねると、奪われた秘宝を取り返すためとの答え。
世界を水で満たしてしまえば、いつしか手元へ戻るとの気の長いお話だ。
秘宝を奪った者の名は、クロムウェルと呼ばれていたらしい。
ここで才人は自分が秘宝を取り返すと約束。精霊が、そんな口約束を信じるはずもないよなぁ。
だが、意外にも精霊は才人の約束を信じ、精霊の涙を差し出す。
これは才人が「ガンダールヴ」と呼ばれる存在だかららしいのだが。。。


解毒剤で元に戻っちゃったルイズ。ちょっと残念な気がするよ。
だが、解毒剤を飲んでも記憶が消えるわけではないようで、ルイズは動揺を隠せない。
こうして才人に八つ当たり開始。久々のルイズの責めに、真性Mの才人はゾクゾクしているに違いない。(笑)
そんな至福のご褒美タイムに割って入るアンリエッタ。才人は残念そうだ。
精霊から秘宝を奪ったクロムウェル、そのクロムウェルと行動を共にするフーケ。
暗躍する貴族、タバサの件などなど。急展開の連続なのだが、行き着く場所は1つのようですな。
でもまぁ、今回はルイズの可愛さの前に全てが霞んでしまった感じですけど。(笑)

©ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔製作委員会

本日のツッコミ(全12件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [ジャンプアニメ多いなぁ。。。 子供は他人とは違う事に憧れるからなのでしょう。(笑)]

にゃあ [超デレ・ルイズ、凄い破壊力だった…。 目がさめた時の反応も最高だったけど^^;]

あいら [才人が誘惑に負けて食べちゃってたら。。。元に戻ったルイズはどんな反応しただろうか?(笑)]


2006-08-29 疲れた

[アニメ]ストロベリー・パニック #22


エトワールの座を執拗に狙う要は、再び光莉に強引なアプローチを掛ける。
以前は弱気だった光莉だが、天音との関係も密接になって成長。
要を卑怯者呼ばわりし、堂々闘うべきだとキッパリ言い放つ。
オオカミに食べられる運命だった赤ずきんちゃんの反撃に、オオカミは動揺。
地球温暖化が進んでいた要の心には、一気に冬の寒さが訪れた。。。らしい。(笑)
静馬に心動かされた天音。そして光莉に心動かされた要。
こうして、スピカのエトワール候補2人の心境には微妙な変化が生じた。


天音の心境の変化を見逃さなかったデコは、一気に攻勢を掛けるべく光莉と面会。
だが、自分がエトワール候補になる事を光莉は脅えているようだ。
天音が手を差し伸べてくれるのなら躊躇無く手を取る。
しかし、自分から手を差し伸べる勇気は光莉には無いらしい。
ここしばらく微妙な関係が続いている夜々と光莉。
夜々は聖歌隊の練習も欠席続き。やはり、以前のような関係に戻るのは不可能なのか。
一方、いつものように貝合わせを堪能して同衾する要と桃実(推定
要は光莉による精神攻撃に激しいダメージを受けたようで、悩み続ける。
そして悩み抜いて出した答えは、天音との決闘。
決闘を拒否する天音だが、要の異様な熱意によって心を動かされる。


光莉への想いが届かないと知った夜々には、天使の歌声を再び奏でる事は出来なかった。
天音とラブラブになっても夜々の歌は捨てがたい。光莉は歌を捨てないよう説得。
説得が通じないとなれば最後の手段。魅惑のおっぱい触らせと言う強行手段に出る。
結局は光莉の説得というか、口車に乗せられちゃった夜々。可哀想に。
夜々の想いに答えられないなら、自分と言う呪縛から解放してあげるのが親友だよな。
それなのに光莉は天音を選びつつ、夜々(の歌)をキープ。
最初は可愛い娘だと思ってたけど。。。だんだんイライラしてきたよ。


天音にテニスでの決闘を申し込んだ要。得意な競技で決闘とは、さすがだ。
静かに始まった決闘は、途中で蕾に発見されてギャラリーが呼び集められる。
地球温暖化テニス。当然ながらこんなのを期待してたけど、意外にも普通だったよ。。。チェッ。(笑)
自分の知らない決闘が行われている事に、桃実は苛立ちを隠せない。
しかし、決闘途中から何やら妙な雰囲気が漂い始める。
天音に対してコンプレックスを抱いている要。その想いは、いつしか天音への憧れに変わっていた。
こうして要はツンデレキャラに変貌。天音への敵意は愛情の裏返しだったようだ。
五分と五分の対決が続くのだが、天音が見事に勝利を収めるのであった。
今回も千代はギャラリーで単なる解説係。もう少し頑張って欲しいなぁ。


要の天音への愛。何も知らず、知らされず要を愛し続けていた桃実は涙しながら平手打ち。
まさか、これで地球温暖化レズカップルは破局を迎えてしまうのだろうか?
勝ち組の天音は手を差し伸べ、光莉は笑顔で手を取る。
エトワール選・スピカの候補者が確定した瞬間ですな。
ここで夜々は2人を祝福、そして自分の光莉への想いを断ち切るべく歌を奏で始める。
そんな夜々を複雑な様子で見つめる蕾。今度こそ夜々が勝ち組になれますように。。。
エトワール選・候補者となった2人を祝福する渚砂と玉青。
2人は自分達がミアトルの候補者に選ばれた事を、まだ知らない。
静馬以外のエトワールを想像できないと漏らしていた渚砂。
そんな自分が候補者に選ばれたと知った時は、どんな反応をするのだろうか?
エトワール選・各校の候補者が確定していくのだが、未だに謎なのはル・リム。
千華留が候補者なのは解るけど。。。お相手は誰?
絆奈と檸檬が刺し違えて、籠女なんて事はないだろうな?(笑)

©公野櫻子・メディアワークス/いちご舎

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

あいら [夜々が可哀想で可哀想でね。 渚砂と玉青は。。。千代も混ぜてあげて、おねがい。]

鈴成 [私としてはル・リムの空気っぷりが涙を誘いますよ でも、エトワールが三校の中で一番似合うのは千華留様だと思いますけどね..]

あいら [千華留は適任だと思うんだけど。。。相手がなぁ。]


2006-08-30 微妙に忙しい

[アニメ]桜蘭高校ホスト部 #22


れんげかわいいよれんげ。
ホント、何を着ても似合う娘だ。


今回、ホスト部のテーマは幕末。池田屋襲撃に注目されがちだが、れんげは五稜郭に注目。
ご飯3杯はイケるマニアさん。。。オソルベシ。
しかし、今回も強力モーター未使用。ちょっと寂しい気がするよ。


キャスティングを特定せず、お客様の妄想に任せる。れんげの提案は大当たりのようだ。
それでも華奢なハルヒだけは別。儚いイメージは沖田総司そのもの。
常連客が勝手に妄想する中、ハルヒの想いはスーパー特売の豚肉へ。
特売って。。。ますます貧乏姉妹とキャラが重なって来ちゃったよ。(笑)
そんな池田屋ホスト部に忍ぶ、不審者の気配をモリ先輩は見逃さなかった。
不審者はモリ先輩に襲い掛かると思いきや、土下座。弟子入りを志願する。


笠野田律@羽多野渉。笠野田組の跡取りで、赤ん坊の頃から極道の帝王学を叩き込まれた男。
他人に舐められないよう「ああ」は「あ゛あ゛」と指導する父。
さらにジャイアントロボ風な「ま゛」も指導されるのだが、使用機会は無いようだ。
鋭すぎる眼は、睨んだ者を着実に氷漬けにしてしまう人間ブリザード。
その結果、友人は1人も存在せず、組の舎弟にすら恐れられてしまう事態に。
でも、カサノバ笠野田は、みんなと遊びたい。寂しさに押し潰され苦しんでいるようだ。
そこで、同様に目付きが悪いのに、慕われているモリ先輩に着目。
周囲の人間に慕われる否決を伝授して貰うべく、弟子入りを志願した。
ボサノバ笠野田に、地獄の番犬とまで呼ばれてしまったモリ先輩は愕然だ。


ボサノバがモリ先輩に弟子入りを希望している以上、ホスト部としてはノータッチ。
めずらしく正論な殿なのだが、内心は構いたくて構いたくてしょうがない。
そんな所にモリ先輩の助けを求める視線を確認。これで遠慮無く遊べると大喜びだ。
ボサノバに欠けているモノ。それはラブリーアイテム。
モリ先輩には、マイナスポイントをフォローするハニー先輩が存在。
あまりに遠慮の無い殿の解説に、モリ先輩は激しく精神的ダメージを受ける。
さらに、ハニー先輩はモリ先輩に利用され、レンタル扱いと聞いて涙を流す。
おいおい、殿も本人達に聞こえる所で、そんな事言っちゃダメだろう。(笑)
こうして、殿と双子によってイメチェンされたボサノバ。
ラブリーアイテムのクマちゃんを携えて帰宅すると。。。より一層恐れられる結果になる。


翌朝、ボサノバがモリ先輩と一緒の所に、頭上から植木鉢が落とされる。
モリ先輩の華麗な手刀によって、負傷者は出ずに済んだ。
ボサノバは、モリ先輩が狙われていると告げるのだが、ホスト部の皆さんは有り得ないと一蹴。
こうして話題は「ボサノバ天使化計画」に完全移行する。
昨日のイメチェン失敗の責任を双子に丸投げする殿。酷いや。
そして今日のラブリーアイテムは。。。ネコミミモードで~す。(´Д`;)
だが凶悪な表情と相まって、その姿は化け猫そのものであった。


さらにメイド服を着させられ、ネコミミメイドとなるボサノバ。
そこに雨を心配して傘を届けに来た、組の舎弟である千堂鉄也@浪川大輔が姿を見せる。
一瞬、何が行われているのか理解できなかったが、特殊趣味をお楽しみ中と勘違いする。
恥ずかしさも限界に達したボサノバは、その場からの逃走を開始。中庭へと向かう。
そこには傷付いたスズメが存在。ボサノバが様子を見続けているようだ。
そこにハルヒ登場。自分を恐れず、ごく自然に接してくれる事にボサノバは喜びを感じる。
ハルヒの可愛さの前には性別など無関係。ボサノバは新しい世界への一歩を踏み出したようだ。
そんな事をしていると、不意にペンキ缶が投げ込まれる。
それを殿が見事に蹴り落としたのだが、おかげでハルヒの制服はペンキでべっとり。
モリ先輩が不審者2名を確保。そして双子がお縄にする。
狙われていたのはモリ先輩ではなくボサノバ。犯人を捕まえるまで、その事実は隠されていた。


ボサノバに復讐云々を口走る連中の話など、聞く耳を持たないモリ先輩。
どちらが悪人かは見れば解る。静かにボサノバをナデナデするモリ先輩が素敵だ。
そんなモリ先輩にボサノバは真っ赤。惚れやすい男ですなぁ。(笑)
犯人の目的は鉄也の奪還。鉄也は笠野田組に対抗する千堂組の跡取りであった。
鉄也は、汚い手段を平然と行う千堂組に嫌気が差して組を飛び出した。
だが、行く宛てもなく雨の日に彷徨っていた所で、ボサノバと出逢った。
孤独だと思っていた自分に、暖かく手を差し伸べてくれる人間が居た。
こうして、鉄也にとってボサノバは特別な存在になったようだ。
そして。。。孤独だと思い込んでいたボサノバも、そうでは無い事に気付くのであった。
ボサノバは、ハルヒをペンキ塗れにした詫びを入れに第3音楽室へと向かう。
良い話に皆さん感動していたのだが、お母さんが冷静にハルヒは着替え中と一言。
ハッと我に返った皆さんは大慌てするのだが、後の祭り。


ボサノバに着替えを見られちゃって、恥ずかしがるハルヒが超新鮮。
1話の頃とは反応が大違い。自分が女の子であると意識し始めた証拠ですな。良い良い。
そして。。。ハルヒのブラを直視しちゃったボサノバの口からは「ま゛」が。
おお!使用機会あって良かったじゃないか。(笑)
こうしてホスト部以外の生徒に、ハルヒが女の子と初めてバレてしまう結果に。
しかも次回予告によると、ボサノバは男なのにハルヒ指名でホスト部通い詰め。
これはホスト部にしてもハルヒにしても、好ましい状況じゃないよな。
ボサノバが、ハルヒを女装趣味とか勘違いしたのなら話は別ですが。。。

©葉鳥ビスコ/白泉社・VAP・NTV・BONES

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

にゃあ [ハニー先輩、とうとうアイテムになっちゃった(笑) ハルヒ、着替えの時は鍵かけようよ!]

あいら [着替えの時に鍵を掛けないのは、まだまだ油断してるって事かな?]


2006-08-31 8月も終わりか。。。

[アニメ]ちょこッとSister #08


管理人さんは、お土産のケーキを写真に撮って保存。
はるまから贈られた事が嬉しくて嬉しくてしょうがない。
端から見れば大した事でも無いのだが、管理人さんにとっては特別。
でも、これくらいで幸せの絶頂に達しちゃうのは問題だと思うぞ?
今回も管理人さんの魅惑の果実を揉みまくる真琴。この2人の関係は、微笑ましくて大好きだ。


はるまは、居酒屋で大学のサークルの飲み会。
そこに偶然現れた綾乃と遭遇。ノリの良い珠美は、綾乃を一緒の席へ迎え入れる。
1人で居酒屋に入るってのも妙だと思ったら、綾乃はビールを一気飲み。明らかに何かおかしいぞ。
どうでも良いのだが、女性店員@藤田瑞希が可愛い。ぜひぜひ再登場を希望したい。(笑)
1次会が終了し、2次会へ移動。はるまは、ちょこの存在を口実に参加を断る。
そして帰路に付く。。。はずだったのだが、綾乃の誘いで共に時間を過ごす事になる。
その頃、はるまの帰宅を待ち続けていたちょこは、転た寝をしてしまう。


完全に酔いつぶれた綾乃を家へと送るはるま。
初めて入る綾乃の部屋に、もうドキドキ。しかも綾乃は服を脱いじゃいますよ。
ここで綾乃が誘惑でもすれば、めでたく合体だったのだろうけどね。
しかし綾乃は寝ちゃって、涙を流して沢森の名前を呟く。
これには、はるまの胸の高鳴りも股間の膨らみも消沈。欲望を満たすことなく帰路に付く。


ああ、綾乃と沢森って婚約してたのね。
でも家業を継ぐために長野へと帰る事になった沢森は、婚約解消を一方的に切り出した。
全ては綾乃の夢であるフラワーショップを続けさせるため。
でもさ、ホントに綾乃を愛してるなら、長野に来てくれと頼めないモノかね?
長野なんかじゃ都会的なフラワーショップは無理という考えなら、長野県民に謝罪するべきだ。(笑)
朝、目が覚めた綾乃は下着姿に愕然。居酒屋以降の記憶は完全に飛んでいた。
なんだ。これなら、はるまも遠慮無く食べちゃえば良かったのにね(サイテーだ
そしてアパートの方では、ちょこが熱を出してしまう。
はるまが連絡もせずに、ちょこを放置していた結果ですな。。。


妹が風邪を引いたのは初めての体験。大混乱する中、はるまは管理人さんを訪ねる。
はるまに心配されるちょこを羨ましく感じた管理人さんは、思わず口に出してしまう。
だが、鈍感すぎるはるまには理解できなかったようで。管理人さんは1人、激しく動揺して部屋を後にする。
もうね。。。何回言ってるか解らないけど、管理人さん可愛すぎ。
管理人さんの恋が成就することを願いたいけど、はるまには任せたくない気もする。(笑)
市販の風邪薬と管理人さんのお粥によって、ちょこの熱も下がって食欲も戻った。
そうか。ちょこは無戸籍児童だから、病院に行くと医療費も全額負担になるのか。
そういえば学校も行ってる様子ないしなぁ。ここいらはどうなっているのだろうか?
食欲が戻った、ちょこはあんちょこに書かれていた桃缶を所望。
そんな絶妙のタイミングで、真琴が桃缶を買ってお見舞いに現れる。
病気の時は桃缶。これって、そんなにも定番なのか?


再び眠りに就いたちょこだが、怖い夢を見てしまう。
はるまをいくら呼んでも声は届かず、独りぼっちにされてしまう夢。
そんな、脅えたちょこを安心させるべく、はるまは一晩中手を握りしめる。
翌朝、風邪も完全に治ったちょこは、優しいはるまにキス。めでたしめでたし。
ここで問題なのは、ちょこが見た夢。
最近、はるまに放置された事によるモノなのか、それとも遠くない未来に実際に起こるモノなのか。
現時点では不明なんだけど。。。後者の可能性も高そうですな。

©雑破業・竹内桜・白泉社/ちょこシス製作委員会

本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]

Before...

Arier [華山田ゆりかは公式のキャラ紹介にちゃんといるので出るのは確実でしょうね。]

ハカイダー [なるほど公式ページに載っていましたか。 自分は公式等を見ない方なので(笑)。 ゆりぴょんが出るとなるとそろそろかな?..]

あいら [KEEP OUT増えると言うことは。。。いろいろ期待して良いのかな?(笑)]



合計 Count 本日 Count 昨日 Count