トップ «前の日記(2006-02-23) 最新 次の日記(2006-02-25)» 編集
ブログランキング・にほんブログ村へ
RSS

燃えろ!!Amazon

Amazon.co.jp に、おすすめされた商品を記録しておくページ。
アニメ鑑賞日記、気になることなども萌えと燃えを中心に記録…かも。

個人的なDVDのおすすめ
『TVアニメ「ジュエルペット てぃんくる☆」ファンディスクBD [Blu-ray]』

個人的なミュージックのおすすめ
『夢路らびりんす [初回限定盤CD+DVD] TVアニメ「うらら迷路帖」OPテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition』

個人的なソフトウェアのおすすめ
『ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)』

個人的なゲームのおすすめ
『PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)』

個人的な本のおすすめ
『モンスター娘のいる日常 第12巻 OAD付き特装版 (リュウコミックスプレミアム)』

個人的なおもちゃ&ホビーのおすすめ
『アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 ローズフルール 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア』

個人的なエレクトロニクスのおすすめ
『WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]』

気になる言葉
Google
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|



2006-02-24 眠い~

[アニメ]ノエイン もうひとりの君へ #19


「ハルカ7才」と書かれたビデオには、亡くなった婆ちゃんとハルカの姿が映されていた。
衝撃的なモノが映されていると信じてたのに。。。ガッカリだよ。(笑)
すっかりビデオ撮影の虜になった感じのユウ。以前に比べて非常に明るくなったのは良い事ですな。
妙な盗撮とか隠し撮りにハマらない事を祈りますよ。
そして今回も、イサミの事なら何でも理解しているアイがステキ。


コサギの攻撃を見切って躱したのか、偶然なのか。現時点では不明。
だがコサギの疑い通り、アトリは以前のアトリへと戻りつつある感じがする。
ひょっとしたら全ては皆さんを油断させるための演技だった?
アトリもシャングリラに繋がりがあったりしたら、嫌ですなぁ。。。
婆ちゃんのビデオを観て、東京にいた頃の友達を思い出したハルカ。
その友達、前田あや@本多陽子が偶然にも旅行で函館を訪れていて、十字街電停にて再会する。
懐かしがるハルカ。だが、あやはハルカの事を全く覚えていないのであった。
自分も2年前に亡くなった婆ちゃんの事を、確実に忘れて来ている。
そんな寂しさ、不安でいっぱいのハルカは、買い物があると告げて、その場を走り出す。


うわ、クイナ生きてたけど、ますます金属っぽくなっちゃって。(´Д`;)
クイナはハルカ捕獲を諦めておらず、確実に捕獲するべく強行手段に出る。
ラクリマのレイズエミュレータの能力をフルに使っての「逆算固定」を進言。
シャングリラの攻撃を恐れて反対するラクリマの年寄りを押さえ、強行する。
篠原の暴走を止めようと、佐々木教授を説得する内田。
しかし、結果として佐々木教授は絶臨の委員長を辞任させられ、内田も委員から外される。
そして当然のように郡山も、内田の警護の役目から解かれる事になる。
以前、公安の仕事で内偵中に同僚はホームへ突き落とされて死亡。郡山も刺される事件があった。
大使館絡みのスパイ事件で、結局は闇へと葬られてしまった。
当時は個人が対抗できるハズがないと諦めてしまった郡山。だが今回こそは諦めないと誓う。
こうして郡山と内田は、個人の力でマジックサークルプロジェクトに対抗する道を選ぶ。
カッコイイんだけど。。。解決後の立場が危うそうですな。


皆さんも自分も、やがては全て忘れてしまう。ハルカは不安でしょうがない。
そんなハルカに、初めて出逢ったときの事も覚えていると告げるユウ。
全てを忘れてしまうのではなく、ちゃんと覚えている事もあると勇気付ける。
物語序盤のユウは見てるだけでイライラしてたのだが、すっかり成長したなぁ。
そんな感じで今回は、なんとなくスローペースでお話が進行。
だが、最後の最後でクイナの発動させた逆算固定によって、時空の歪みが発生。
レイズ褶曲により消えゆくハルカを、ユウが抱きしめる。
ここで発狂したかのように笑い出すアトリ。やはり記憶は戻っている?
カラスが駆け付けるのだが一歩及ばず。今度はハルカだけでなくユウもラクリマへと送られたようだ。
問題は今回、ラクリマではカラスの助けがない事。こうなるとアマミクだけが頼り?

©赤根和樹・サテライト/ノエイン製作委員会

[アニメ]BLACK CAT #18


一足先にクラーケン島へと上陸したクロノナンバーズは行動開始。
そして掃除屋同盟の皆さんも、どうにか島へと漂着したようだ。
だが、漂着した場所はバラバラ。掃除屋同盟は戦力分散と言う致命的状況に陥る。
爆弾での死傷者がゼロだったのは、掃除屋だからこそと考えて良いのかな?
随所で戦闘となるのだが、掃除屋同盟の皆さんがカッコイイ。
特にリバー組のチームワークの良さは、熱さは堪りませんよ。
それに対して、クロノナンバーズはイマイチ。
このアニメではクロノナンバーズに関しては、全くと言っていいほど描かれていない。
そんな感じで、全く思い入れ出来ないのは、しょうがないよな。。。




でも、今回一番の見所はイヴ。黒い服から覗かせる魅惑の絶対領域に釘付けなのですよ。
ぴちぴちピッチ人魚は正直、イマイチ。尾で叩かれたいとか思っちゃったけど。(笑)
黒い服似合っているよなぁ。。。可愛いさよりも、色気を感じますよ。
『ブラック・キャット イヴ ブラックVer. 通常版 ( 1/8スケール PVC塗装済み完成品 )』(Amazon)


自分達を見捨てた大人達に対抗する力が欲しかったリオン。
ちょっぴり方向を間違えていただけだったようだ。
結局、男なんてのは一生、女には勝てない存在なんだよな。(笑)
リオンには仲間も、帰る場所も、そしてレイラも居るのだから幸せになって欲しいぞ。
今回は明らかにイヴがメインなのだが、最後の最後に紳士の見せ場がやってくる。
次回、紳士スペシャル。。。になるかは非常に疑問。

©矢吹健太朗/集英社/BLACK CAT製作委員会

[アニメ]舞-乙HiME #20



ハルカかわいいよハルカ。前作同様、ハルカが登場すると場が明るくなりますな。
失礼と咎めながらも、笑いを必死に堪えるユキノもステキだ。
ハルカとユキノ。今回こそは幸せなままで居て欲しいのだが。。。
完全にお笑い側の人間になってしまったナツキ。威厳を取り戻せるのだろうか?


セルゲイにとって、いつまでも「娘」であるニナ。
だが、ニナは「娘」以上の存在になりたいと思っているわけで。難しいですな。
オトメの力を使いたくないアリカは、マシロによって強引に襲われる。(笑)
散々拒否していたけど、結局は緊急事態で認証。
死にたくはないという思いが強かったのだろうけど。。。ちょっとなぁ。
アスワドの科学力を欲するカルデア。微妙な各国の戦力の均衡が破られようとしてますよ。
自分の意思ではなく、マスターの意思に忠実なマイスター・オトメ。
アリカは改めてオトメとは何かと考えるのだが、ミドリは「力」であると告げる。
華々しい存在ではあるけど結局は、武器と同じか。
マシロはミドリというお手本を得て着実に成長。ワガママ姫からは完全に脱却。


アルタイのオトメ、ワルキューレに応募したトモエ達。黒い軍団ですな。(笑)
トモエが報奨に選んだのは、シズルの身柄。。。と言うか身体?
シズルを牢から出して、早速と貝合わせへと持ち込みますよ。
トモエのジェムを見てたシズルは、素直に身を委ねる。
ガチ百合のシズルだが、本来は攻め専門のハズ。何か様子がおかしいですな。
抵抗しても無駄だから貝合わせを楽しもうと考えたのか?それとも隙を狙っているのか?
何となくトモエの最期を確信して、思い出作りに協力した感じがする。
ジェムの副作用で壮絶な死を遂げるのが、トモエには一番の死に様かもしれない。
ワルキューレに応募するチエ。こりゃ明らかに潜入調査ですな。
ガルデローベの状況を手紙に書いて、ユキノに報告していたしね。
鬱展開一直線でなかったのは良いのだがイマイチ。マシロの成長は嬉しいんですがね。。。

©SUNRISE

[アニメ]ケロロ軍曹 #98


またしても西澤グループの潤沢な資金を注ぎ込んで、冬樹との距離を縮めようとする桃華。
今回も「大切な友達」で満足しちゃう結果となる。
正面からドーンと告白しちゃえば、素直な冬樹は受け止めてくれると思うのだが。


後半。友達をテーマにして、小雪の思い出を振り返ったお話。
忍びの村へと紛れ込んでしまった小雪に、名前を付けたのがムクロ@大原さやか。
産まれも育ちも、忍びの村とばかり思っていたのだが違ったようだ。
小雪の両親の存在が全く語られなかったのは、こんな理由だったのか。



ムクロと共に平穏な日々を過ごす小雪。その魅惑的な太腿は目の毒だよ。
そんなある日、外の世界に憧れたムクロは掟を破って村を抜け出そうとする。
だが、掟を破ったことにより術が発動。身体が動かなくなり、谷へと落下してしまう。
友達の危機に飛び込む小雪。だが当然のように小雪にも術が発動、身体が動かなくなる。
それでも小雪のムクロへの想いは強く、術を破ってしまう。
頭領は世代交代を実感。ドロロとの出逢いもあり、閉鎖的だった忍びの村は変わって行く。


頭領は忍びの村の自主解散を決定。皆さんは全国各地へと散らばって行った。
ムクロとはそれ以来だったのだが。。。ムクロは小雪を意外に近い場所で見守っていたようだ。
広橋涼、大原さやかによる魅惑のカレイドステージ。素晴らしい。(笑)
今回は小雪とムクロのお話で30分使って欲しかったよ。もったいないなぁ。

©吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]
〆サバ (2006-02-24 19:23)

初めまして。いつも楽しく読ませてもらってます。

あいら (2006-02-24 21:17)

どもども。いつも書き殴りですいません。_| ̄|○

紅茶カクテル (2006-02-25 07:39)

ムクロと小雪の声はカレイドスターのそらとレイラ(もといぱにぽにの鈴音と五十嵐先生)のコンビでもう一つのカレイドスターのような感じがしました。<br>というかこのアニメカレイドスターの声優が多いですよね。

ジーモン (2006-02-25 10:29)

と言うよりか、夏実・小雪・ムクロの3ショットは、ARIAにも置き換えられるなぁ・・。ユキノが、吹き出す所も見たかったりする(爆)

あいら (2006-02-25 15:26)

ムクロの準レギュラー化をお願いしたいですよ。

弥十郎 (2006-02-25 20:21)

クイナの次元跳躍による欠損はギャグでやってるのかと思ってしまうなぁ。<br>次回予告にフクロウの姿があったような気が…

あいら (2006-02-25 20:52)

クイナは最終的にメカ沢みたくなったりするのだろうか?(笑)

にゃあ (2006-02-25 21:24)

予告編のベビー用品の数々から察するに、シズルはトモエを赤ちゃんプレイ(笑)で篭絡して上手く利用して何かを狙っている…かも?

あいら (2006-02-25 21:56)

どっちにしろシズルに「受け」は似合いませんよ。



合計 Count 本日 Count 昨日 Count