トップ «前の日記(2006-01-31) 最新 次の日記(2006-02-02)» 編集
ブログランキング・にほんブログ村へ
RSS

燃えろ!!Amazon

Amazon.co.jp に、おすすめされた商品を記録しておくページ。
アニメ鑑賞日記、気になることなども萌えと燃えを中心に記録…かも。

個人的なDVDのおすすめ
『TVアニメ「ジュエルペット てぃんくる☆」ファンディスクBD [Blu-ray]』

個人的なミュージックのおすすめ
『夢路らびりんす [初回限定盤CD+DVD] TVアニメ「うらら迷路帖」OPテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition』

個人的なソフトウェアのおすすめ
『ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)』

個人的なゲームのおすすめ
『PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)』

個人的な本のおすすめ
『モンスター娘のいる日常 第12巻 OAD付き特装版 (リュウコミックスプレミアム)』

個人的なおもちゃ&ホビーのおすすめ
『アイドルマスター シンデレラガールズ 櫻井桃華 ローズフルール 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア』

個人的なエレクトロニクスのおすすめ
『WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]』

気になる言葉
Google
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|



2006-02-01 もう2月か。。。

[アニメ]地獄少女 #17


今回も出撃した柴田親子。霧深い森を走っているとオルゴールの音が聞こえる。
そこにはサナトリウムがあるのだが、人の気配が感じられない。
中に入ってみると再びオルゴールの音が聞こえ、魅惑の色白金髪少女、ニナ@南央美の姿があった。
柴田親子の訪問に大喜びのニナ。だが、柴田親子はニナの言動に違和感を覚える。


濃霧のために帰ることが出来ず、やむなくサナトリウムで1泊することになる。
いつもは、一の保護者を自任するつぐみだが、まだまだ子供。
今回は脅えて弱々しい感じで、一に寄り添ったりと、それがまた非常に可愛いのですよ。
またもや現れた柴田親子を不審に思い、あいが手引きしていると判断する劇団・地獄通信の皆さん。
あいの行動を理解しかねているようだが、とりあえずは様子見のようだ。
今回の依頼者はニナ。だが、あいはキッパリと依頼を拒否する。
納得できないニナは激しく抗議をするのだが、あいは聞く耳を持たずに姿を消す。


ニナは自分を置き去りにした父への怨みを晴らすため、地獄通信に依頼。
だが柴田親子という存在により、怨みを晴らすことはどうでも良くなったらしい。
ニナは一を父、つぐみを家族と言い出し、ここで一緒に暮らすことを強要する。
怪しげな力で蔦を人形として操り、逃げる柴田親子を追い詰める。
ここで劇団・地獄通信の皆さんが、柴田親子を手助けする。
不本意ながら、あいの命令らしく逆らうことは出来ないようだ。。。
どうにか車に乗り込んだ柴田親子だが、蔦が絡められて身動きが取れない。
迫り来るニナ。。。怖いよう。(´Д`;)


そんな所に、あい登場。無関係である柴田親子を巻き込むのを止めるよう警告する。
「あなたはニナじゃない」あいは、真実を思い出すよう告げる。
ニナに甦る記憶。そして涙。。。


ニナはサナトリウムに入院していた少女。そしてニナを名乗っていたのは人形であった。
ニナが病死。思念を受け継ぐも、サナトリウムも閉鎖となって置き去りにされてしまった。
そんな寂しさから、救いの手を伸ばしていたようですな。
最後に人形は、つぐみに抱かれて温もりを感じながら、静かな眠りに就く事が出来た。
ちゃんと救いがあって良かったよ。ホントに。。。
何となくローゼンメイデンっぽいお話だと感じたのは私だけじゃないはずだ。(笑)
今回は地獄通信にアクセスしたわけではなく、人間ではないので放置しても良かったはずの依頼。
だが、あいは相手が人形と知っても、敢えて依頼拒否を直接伝えに来た。
これは、あいが人形に対して思い入れがあるからなのでしょうな。
ここで推測できるのは、あいも人形なんじゃないかと言うこと。
劇団・地獄通信の皆さんも元は藁人形ですしね。。。ここいらは最終回付近までお預けかな?

©地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

[アニメ]ガンパレード・オーケストラ #16


お話に全く関わらず、出番もほとんど無かった空歌。可愛いんだがなぁ。
緑の章は背景にされちゃうキャラが多すぎな気がするよ。
第7中隊隊長である芝村ですら、ほとんど登場しなかったしなぁ。。。


第7中隊、第15中隊、混成部隊の3隊で幻獣を迎撃、渓谷へと追い込む作戦が開始される。
報奨金目当ての輩の多い混成部隊は瞬殺、人型戦車を駆る第15中隊も被害を出す。
そんな中、第7中隊は全員無事。緑の章も死者ゼロで終わるのだろうか?
幻獣の攻勢の前に作戦は失敗。ここで軍上層部と伯爵は別の計画を発動する。
病院を守り、幻獣を倒したという英雄伝説を作り上げ、士気高揚に使いたかった軍上層部。
今度は、最後まで勇敢に戦い抜いて全滅という美談を作り上げる方向に変更したらしい。
そんな感じで、唯一の退路である国道を破壊。残留部隊の逃げ道を塞いでしまう。
だが、芝村は全てを読んでいたようで、何やら秘策がありそうだ。
何かと憎たらしく嫌な奴なのだが、こういう場面では非常に頼もしい感じもする。

©SCEI/Bandai・BANDAI VISUAL

[アニメ]甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ #44



いつのまにか、家族総出で森の破壊を生業としていたソーマ一家。
デュークはソーマの父親であり、ポポの父親であるペレと偽っていた。
ヘタレは血筋であったようで、デュークはポポの影響を受けてアッサリと方針転換。
移住を目的とするアダーを裏切り、自らが森の王になるべく守護者の証を欲する。
一緒に森を支配しようと誘うのだが、ポポとの愛に目覚めたソーマは拒絶。牢に入れられる。
そんなソーマを牢から出したのがチョーク。またしても一家離散となり、涙する。
自称、三大甲虫で襲撃するデュークにポポもムシキングも苦戦を強いられる。
そんな所に颯爽と現れるギラファ。あんなに弱かったのに、三大甲虫相手には強いぞ。
こうしてソーマは愛するポポと合流。一気に合体しそうな雰囲気ですよ。
ポポとソーマに血縁関係は無し。2人の愛に障害はなくなりましたな。(笑)
良くわからないのが、単なる傍観者となってしまったセラン。
まさかとは思うけど、敵になってしまったって事はないよな?
次回、ソーマが光に還りそうな雰囲気だが。。。やはり、チョークが退場になるのかな?

©ムシキングプロジェクト・テレビ東京



合計 Count 本日 Count 昨日 Count